読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

プロテインは太る?プロテインとは?を徹底解説!おすすめのプロテインも紹介!

栄養補助食品

f:id:rerereflow:20151117052137j:plain

  • プロテインは、ボディビルダーやスポーツ選手が飲むもの
  • プロテインは、飲んだら太る
  • 女性にプロテインは不要

こんな風に思っていませんか?もしくは、すでにプロテインを飲んでいたとしても、

  • タイミング

は考えずに飲んでいる、なんてことはないでしょうか?

もし、これらに心当たりがあれば、せっかくの筋トレを無駄にしてしまっているかもしれません。

筋トレと同様、プロテインは正しい飲み方をしなければ、その効果を得るのは難しいものです。

そして、プロテインは、ボディビルダーやアスリートだけが飲むものではなく、女性にとっても、役に立つものです。

プロテインは女性が不足しがちなタンパク質をしっかりと補えるため、ボディメイクやダイエットを強力にサポートしてくれます。

こんなに役に立つプロテインを、先入観だけで飲んでいないのは、非常にもったいないことです。

筋トレを無駄にしないためにも、ボディメイクやダイエットを成功させるためにも、
プロテインに関する正しい知識を得て、上手に取り入れましょう!

という訳で、今回は、プロテインについて、

  • 役割
  • 効果
  • 種類
  • おすすめ商品

まで徹底解説します。

プロテインが必要な理由

プロテインに関して、最も多い誤解が「プロテインはボディビルダーやアスリートだけが飲むもの」というものです。

これは、筋肉ムキムキの

  • ボディビルダー
  • アスリート

が、プロテインをゴクゴクと飲んでいる広告などの印象のせいかもしれませんね。

しかし、

  • ボディメイク
  • ダイエット

に関して、プロテインはボディビルダーだけが飲むものではありません。

なぜなら、プロテインの原材料はタンパク質で、このタンパク質はボディメイクやダイエット欠かせない、筋肉をつくる材料となるからです。

成功者続出!プロテインダイエットの効果とやり方を徹底解説!

そこで「タンパク質が必要なのであれば、食事でとればいいのでは?」という疑問が浮かぶかと思います。

その点について、次に解説を致します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

食事で摂るタンパク質との違い

では、なぜ食事だけでタンパク質を摂るのではなく、プロテインが必要なのでしょうか?
これについては、基本的に体に必要なタンパク質は食事で摂るのがベストですが、以下のような理由があります。

①筋肉を成長させる”ゴールデンタイム”にはプロテインが最適

筋トレ直後の約20分は成長ホルモンの分泌とともに、インスリンの分泌が促進されており、摂取したタンパク質が効率よく体内に取り込まれます。

この時に、消化吸収に時間のかかる肉や魚などのタンパク質を摂っていては、ゴールデンタイムを逃してしまいますし、そもそも料理をする時間もありません。

そこで、消化吸収の速いプロテインを摂れば、効率よく体内にタンパク質を取り込むことができるという訳です。

②余分なカロリーをカットできる

タンパク質は食材そのものに100%含まれているわけではなく、食材の全量に対し、約四分の一含まれています。

つまり、

など、食材からタンパク質を摂ろうとすると、その分、余分な

  • 脂質
  • カロリー

を摂ってしまうことになります。

これに対し、プロテインは原材料からタンパク質だけを抜き取ってつくられており、更には余計な脂質や糖質はカットされています。

つまり、プロテインは必要なタンパク質だけをピンポイントで摂ることができるという訳です。

筋トレ・ダイエットに役立つプロテインの基礎知識

プロテインには様々な種類があります。

マニアックな知識は必要なくとも、基本的な知識は、

  • 筋トレ
  • ボディメイク
  • ダイエット

に大いに役立ちます。

成功者続出!プロテインダイエットの効果とやり方を徹底解説!

また、知識があれば、プロテインを購入する際に、自分にあったものを選べるようになります。

ここでは、最低限知っておきたい基礎知識をご紹介します。

プロテインの種類

ひとくちにプロテインと言っても、様々な種類があります。
それぞれ、異なる特徴や効果があるので、目的によって飲み分けしましょう。

特に選択肢としてメジャーな2つを紹介します。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、最もポピュラーなプロテインで、乳由来のタンパク質からつくられます。
特徴は、タンパク質含有率の高さと吸収の速さ(1~2時間で吸収されます)で、

筋肉の成長にこだわるボディビルダーやアスリートから高い支持を得ています。

ソイプロテイン

ソイプロテインは大豆からつくられるプロテインです。

特徴は、ホエイプロテインに比べて、ゆるやかに吸収される(6~7時間で吸収されます)という点で、長時間に渡ってタンパク質を補充することが出来ます。

さらに植物性で大豆由来なため、様々な栄養が多く、筋肉やスタイルを維持しながら減量を目指す人にもおすすめのプロテインです。

また、原料が大豆のため、グルタミン、大豆イソフラボンも含まれているので、毎日のコンディショニングを気にする方や美容を気にする女性には特におすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

プロテインの正しい飲み方

f:id:rerereflow:20160508183817j:plain

プロテインはボディメイク、ダイエットに役立つものですが、当然、カロリーもありますし、飲むタイミングなども間違えば、
効果を得ることが出来ず、無駄になってしまいます。このような事にならないためにも、プロテインの正しい摂り方を知りましょう。

プロテインの正しい量は?

プロテインは飲めば飲むほど、筋肉が成長するというものではありません。

個々の体や、筋トレの目的などによって、最適なプロテインの摂取量と目安があります。

筋トレをする場合、必要なタンパク質の摂取量と目安は、体重×1.5~2gです。

運動をしながら減量を目指す場合も同じです。
但し、これはあくまでも基本の目安のため、目的によって、摂取量は調整するようにしましょう。

もし、週3回以上、質の高い、高負荷な筋トレを行っており、とにかく筋肥大を狙いたい場合は体重×3gが目安です。

参考までにですが、

  • ボディビルダー
  • アスリート

など、徹底して筋肉を育てる場合(それに見合う筋トレをしている場合)は、就寝前や起床直後、間食に数回プロテインをとります。

これは、常に体内をタンパク質で満たしておき、長時間の空腹でタンパク質が枯渇している体にもスピーディーにタンパク質を補充するためです。

プロテインを飲むタイミングは?

ボディメイクやダイエット目的で筋トレを行っている場合、(その他の食事でのタンパク質の摂取量にもよりますが)基本的には筋トレ後に1回飲めば十分です。

その場合、筋トレが終わってから20分以内に飲むようにしましょう。

ただし、この他にも活用方法はあります。

例えば、時間がなく、バランスのとれた食事がとれない場合の朝食代わり、出先や会社のデスクランチなどでタンパク質がとれない時などです。

タンパク質は満腹感も得られるので、間食にもおすすめです。
プロテインを摂るタイミングに関して、注意して頂きたいのは、タンパク質の1回の摂取には限界があるという事です。

1回あたりの限界は30~40gです。過剰摂取は内蔵にも負担がかかります。

一日のどこかでまとめて摂るのではなく、小分けにして摂るようにしましょう。
目安として、プロテインは、ブランドや製法にもよりますが、1食分あたり20~30gのタンパク質が含まれています。

これを参考に、他の食事からのタンパク質摂取量も考慮して摂るようにしましょう。

プロテインは何で割るの?

プロテインは基本的に水で割りますが、効果をあげるテクニックとして、フルーツジュースなどの糖質と一緒にとることがあります。

これは、糖質の摂取による

  • 血糖値上昇
  • インスリンの分泌

により、タンパク質の吸収が高まるためです。

この時の糖質は、

  • ブドウ糖
  • 果糖

といった単糖類がベストなので、

  • フルーツジュース
  • エネルギー系のゼリー

などがベストです。

ただし、このテクニックは、高負荷な筋トレの後のゴールデンタイムでのみ有効に働くので、注意しましょう。

空腹時などにこの飲み方をすると、血糖値を急上昇させ、脂肪を溜め込む原因となります

この他、タンパク質をスピーディーに取り込みたい時は、プロテインの前に食物繊維をとったり、固形物をとらないようにしましょう。

これは、胃が、最初に入ってきたものから消化吸収をはじめるためです。

プロテインだけで飲むべき?

プロテインでタンパク質を摂っても、そのタンパク質が代謝されなければ、筋肉は成長しません。

タンパク質を代謝するには、ビタミンB6と一緒に摂る必要があるので、併せてとるようにしましょう。

市販されているプロテインの中には、すでにビタミンB6が配合されているものもありますが、ビタミン類は配合されておらず、タンパク質のみのものもあります。

栄養成分を確認して、必要に応じてサプリメントで補うようにしましょう。

おすすめのプロテイン

プロテインは種類から値段まで様々なものがあります。
ここでは、厳選したオススメのプロテインをご紹介します。

GOLDGYM CFMホエイプロテイン

f:id:rerereflow:20161214205322j:plain

  • ボディビルダー
  • アスリート
  • フィットネスモデル

が通うジムとして名高いGOLDGYMが販売する、オリジナルのCFMホエイプロテインです。

GOLDGYMのプロテインは、開発陣は全て現役トップボディビルダーというだけあり、徹底して拘った質の高いものになっています。

このCFMホエイプロテインは、プロテインの製法において最高峰の製法で、

  • 脂質
  • 糖質

を徹底して除去し、更には変性したタンパク質までも除去しているので、良質なタンパク質のみを効率良く摂取できます。

更にはタンパク質の吸収速度と、体内利用率を高める

  • ホエイペプチド
  • ビタミンB

が配合された、抜け目のない最高品質のプロテインです。

価格はやや高めですが、この品質で考えると、お手頃だと言えます。

とにかく、筋トレ・ダイエットで成果を出したいという方にはオススメです。

フレーバーも、

  • ミックスベリー
  • ダブルチョコレート
  • バナナシェイク

など豊富にあり、美味しさも人気の秘密です。

 Kentai 100%CFMホエイプロテイン マッスルビルディングタイプ

f:id:rerereflow:20161214205941j:plain

最高品質のCFM製法のプロテインで、

  • 脂質
  • 糖質

が極限までカットされており、タンパク質のみを効率良く摂取できます。

商品開発に有名ボディビルダーを起用し、こだわりの商品を多数販売していることから、トレーニングの玄人に高い支持を得ているKentaiのCFMプロテインです。

  • ビタミン
  • ミネラル

が強化されており、更には

  • グルタミン
  • BCAA

も配合されており、アミノ酸をパーフェクトに補充できます。

グルタミンの効果、副作用を徹底解説!筋トレに効果的!

このマッスルビルディングタイプはプレーン味となっているため、水だけで飲むのは難しいと思われます。

フルーツジュースなどで飲みましょう。

Kentaiのプロテインは他の製品に比べて、ビタミンが豊富に含まれている点で高い評価を得ています。

ファインラボ ホエイ プロテインピュアアイソレート

f:id:rerereflow:20161214210157j:plain

  • 乳糖
  • ベータラクトグロブリン

といった物質は微少で、実質ゼロなので、お腹にもやさしいプロテインです。

プロテインの品質に加え、

  • 飲みやすさ
  • 美味しさを追求する

ファインラボの最高品質プロテイン「ホエイ プロテインピュアアイソレート」です。

フレーバーも

  • ミルクココア
  • ミックスフルーツ

など、まるでデザートのようなものが揃っています。

しかしながら、タンパク質含有率は100g当たりプレーンで95.4%、 フレーバー付きで約90%の最高水準の含有率を誇る本格派です。

飲み心地もよくまるでシェイクを飲んでいるような感覚で飲むことができます。

ザバス ソイプロテイン100 ココア味

f:id:rerereflow:20161214210425j:plain

プロテインと言えば、というほど定番で有名な日本メーカー「ザバス」から出ているソイプロテインです。

ソイプロテイン自体は、栄養価も豊富で筋肥大の他に

  • 減量
  • ダイエット

に効果的ですが、種類が多くなく、大豆由来で飲みにくいものが多いのも確かです。

ですが、その中でも特に味・効果共に口コミが良いソイプロテインで、

  • 筋肥大
  • 減量
  • 美容

など、どの観点からも効果のある万能プロテインです。

また、最も有名な日本メーカーから出ているという点でも安心感があります。

プロテインを飲んでいる方の声

f:id:rerereflow:20151117052316j:plain

プロテインを飲んで成功した声

20代 男性

ハードな筋トレをしているのに、筋肉のつき具合が悪くて悩んでいたところ、プロテインを飲み始めたら、確実にカラダが変わった感じがしました。
胸元に張りが出て厚くなり、背中も盛り上がってきた感じです。

よくよく考えてみると、今までタンパク質不足で、筋トレが逆効果にすらなっていたかもしれないです。この変化にはビビりました!
あと、プロテインって思ったよりウマくてびっくりしました。

今は、筋トレの後と、寝る前に飲んでます。

20代 女性
朝食抜きダイエットをしていたら、疲れやすくなったので、モデルがやっているという噂を聞いて、プロテインを朝食に変えました。

美容も気になるので、選んだのはソイプロテインです。
そしたら、すぐ体調がよくなって、活発になりました。頭もボーッとしなくて超いい感じです。
あと、ずっとプロテインってマズそうって思ってたんですけど、超オイシイ!ヨーグルトに混ぜるとシェイクみたいで、お腹いっぱいになります。

飲んでヨカッタ♪

30代 男性
ジム通いを始めて、プロテインは気になっていましたが、ボディビルダーなわけでもないので、飲んでいませんでした。
所が、ジムのトレーナーに絶対飲んだ方がいいと言われて、慌てて購入。
思ったより飲みやすくて、グビグビいきました。
仕事柄、昼食がとれない日が多いので、そういう時は、プロテインが昼メシです。

30代 女性
「ダイエットにタンパク質は必須」っていうのは、よく耳にしていたのですが、普段は自炊する時間もなく、どうすればいいか悩んでいました。

そこで、飲み始めたのがプロテインです。
昔は、プロテインと言えば、ボディビルダーというイメージだったのですが、最近は女性用のものも販売されているんですね。
しかも、フレーバーも色々あって、嬉しいです。
私は、朝食にヨーグルトで溶かし、フルーツとナッツを添えました。

足りない時は、シリアルも。

シリアルダイエットの効果とやり方を徹底解説!

あと、私の飲んでいるプロテインはビタミンも入っているので、栄養バランスもバッチリです。
なんで、早く気が付かなかったんだろう・・ってちょっと後悔しているほどです!

プロテインを飲んで失敗した声

20代 女性
プロテインはダイエットに良いって聞いて飲み始めましたが、どうしても、美味しいって思えなかったです・・・。
砂糖とかハチミツとか入れたら意味ないですよね・・・。

30代 男性
美味いから、調子にのってゴクゴク飲んでたら、体重増えました。

40代 女性
栄養バランスもいいので、食事代わりにしていたら、一時的に痩せたのですが、すぐリバウンドしました。
あくまで、補助食品なんですね。

プロテインについてまとめ

プロテインは原材料からタンパク質だけを抜き取ってつくられており、更には余計な脂質や糖質はカットされているので、余分なカロリーをとらずにタンパク質を摂ることができます。

プロテインは大きく分け、

  • ホエイプロテイン
  • ソイプロテイン

の二種類があります。

ホエイプロテインは、乳由来のタンパク質からつくられ、タンパク質含有率が高く、吸収も速いです。
ソイプロテインは大豆からつくられ、、ゆるやかに吸収され(6~7時間で吸収されます)ます。

プロテインは飲めば飲むほど、筋肉が成長するというものではなく、量やタイミングなど、正しい飲み方をしなければ、効果を得ることはできません。

マニアックな知識まではいかなくとも、最低限の基本知識を抑えておくことが大切です。