読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

ヘンプシードダイエットの効果と方法を徹底解説!

f:id:rerereflow:20151214010805j:plain

苦しい食事制限や運動を行なわなくても、痩せられると評判のヘンプシードダイエット。

日本ではまだまだ無名なヘンプシードですが、海外ではスーパーフードとして、ダイエット以外の健康効果も着目されています。
はたして、ヘンプシードダイエットとは、どんなダイエット方法なのでしょうか?
今回はヘンプシードダイエットの効果や方法、注意点などを紹介していきます。

ヘンプシードダイエットとは

ヘンプシードダイエットは、特定の食品を食べるだけで痩せられるダイエットです。
その特定の食品こそがヘンプシードなのですが、あまり聞いたことのない食品ですよね。
そこで、まずはヘンプシードについて説明していきます。

ヘンプシードは麻の実!違法性はないの?

ヘンプシードは麻の実を乾燥させて、細かく砕いた食べ物です。
ヘンプというのが、英語で「麻」という意味です。麻はアサ科アサ属の植物で、日本では大麻がもっとも有名ではないでしょうか?
「大麻って麻薬じゃん!」と驚かれるかもしれませんが、幻覚や高揚といった麻薬としての作用を持つのは、麻の葉や穂の部分だけです。麻の実に幻覚作用はありません。
もちろん、法的に規制されることもありません。あまり知られていないことですが、七味唐辛子の中に麻の実が入っている商品も販売されています。
海外からヘンプシードを取り寄せることも犯罪ではありません。Amazonでも「麻の実ナッツ」「ヘンプシード」という名前で、日本国内向けに通販されています。

ヘンプシード食品の種類

ヘンプシード食品は、大きく2つの種類に分かれています。
1つは乾燥させた麻の実を細かく砕いて、ふりかけ状にしたヘンプシードナッツです。
ヘンプシードナッツは、単体で食べるよりも、ヨーグルトやシリアル、サラダなどに振りかけて、一緒に食べるという調理方法が一般的になっています。
しっかりと皮を剥いで繊維質を取り除いた状態で砕いているため、歯の隙間にヘンプシードが挟まって食感を損ねる、といったこともありません。
味にクセもなく、和洋中すべての料理に振りかけて食べることができます。白ご飯にかけても美味しく食べられる万能食品です。

もう1つのヘンプシード食品は、麻の実から抽出したヘンプシードオイルです。
ヘンプシードオイルは、料理に混ぜることなく、瓶から直接、スプーンの上に出して飲むこともできるため、手軽にヘンプシードを摂取できる点が最大の魅力となっています。
低温圧搾法で精製されたオイルには、ナッツオイル特有の香ばしい香りが残っていますが、通常の製法で精製されたヘンプシードオイルは無色透明で、匂いもほとんどありません。
なお、ヘンプシードオイルは、食用としてだけでなく、お肌のケアにも使えるため、化粧水やマッサージオイルとして販売されていることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ココナッツオイルよりも効果的!?ヘンプシードダイエット

オイルを飲むダイエットというと、日本で現在、高い知名度を誇っているのはココナッツオイルです。
たしかにココナッツオイルのダイエット効果もかなりのものですが、ヘンプシードオイルのダイエット効果はココナッツオイルを上回るといわれています。
ヘンプシードオイルの特徴は、γ-リノレン酸という成分を含んでいること。
γ-リノレン酸は、母乳に含まれている成分で、高血圧や低血圧を防ぐ効果や悪玉コレステロールを減らす効果だけでなく、美肌効果や抗アレルギー効果も持っています。
加えて、子宮筋をコントロールする効果もあるため、生理痛や月経前症候群(PMS)といった、女性特有の体の不調を緩和してくれる効果もあるのです。
また、がんや花粉症にも高い効果を持っており、ほとんどの病気に改善の効果を与えるスーパーフードです。
ダイエット食品としてではなく、健康食品として利用している人も多く、目標体重に到達したあともヘンプシードを愛用しているダイエッターも少なくありません。

ヘンプシードダイエットの効果

f:id:rerereflow:20151214010757j:plain

ヘンプシードは高いダイエット効果を持つ食品です。
そして、ダイエット効果以外にも、美容や健康などマルチな効果を持っています。
ここでは、ヘンプシードが体に与える良い効果を総合的に説明していきます。

必須脂肪酸で脂肪の燃焼を高める効果

ヘンプシードには、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸という必須脂肪酸が含まれています。
必須脂肪酸は、脂肪という言葉を含む栄養素ですが、太る原因ではありません。
むしろ、必須脂肪酸は脂肪の燃焼を助けてくれる栄養素です。
特にオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸は、体内で作り出すことができない脂肪酸です。
そして、オメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸が、燃焼されやすい良質な脂質となるためには、それぞれの脂肪酸のバランスが重要になります。
ヘンプシードに含まれるオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸は、3:1という理想的なバランスで府h組まれており、ダイエットにより良い効果をもたらします。
さらに、オメガ3系脂肪酸はαリノレン酸とも呼ばれており、脂肪の燃焼を助ける効果も持っているのです。

良質な高タンパク質で体を引き締める効果

栄養バランスを考えたダイエットを行なう上で、一番の悩みどころとなるのがタンパク質の確保です。
タンパク質は肉類に多く含まれている栄養素で、人間の体に吸収されると筋肉を構成する材料になります。
ダイエットでリバウンドしないためには、全身の筋肉量を増やして、体の代謝をアップさせていく必要があるため、ダイエット中に肉類を制限して、タンパク質の確保を怠ると、せっかく目標体重に到達しても、すぐにリバウンドしてしまいます。
しかし、タンパク質を確保するために肉類を食べていては、もちろん痩せることができません。
リバウンドしないダイエットを行なうのであれば、脂質が少ない良質なタンパク質を含む食品を多く摂っていく必要があるのです。
良質なタンパク質を含む食品として、もっとも有名なものは大豆食品ですが、ヘンプシードは大豆食品を上回るタンパク質を含有しています。
茹でた大豆が100gあたり16gのタンパク質を含んでいるのに対して、ヘンプシードは100gあたり50gのタンパク質を含んでいます。
ただ単に脂肪を落とすだけがダイエットではありません。美しく引き締まった体を手に入れるためには、タンパク質を摂取して筋肉量を増やしていくことが大切です。

コレステロールや中性脂肪を下げる効果

植物油や動物から取れる食用油は、製造工程において必須脂肪酸が破壊されてしまい、トランス脂肪酸という成分に変化しています。
トランス脂肪酸は、ガンの原因となる活性酸素や肥満のもとになる中性脂肪を生み出す重大な要因です。
脂肪の燃焼や悪玉コレステロールを抑える脂肪酸の働きを悪くするのも、トランス脂肪酸の影響といわれています。
ヘンプシードは製造の過程でトランス脂肪酸に変化せず、さまざまな働きを持つ脂肪酸のままで体内に吸収されていきます。

食物繊維で便秘を解消してくれる効果

パウダー状のヘンプシードには食物繊維が豊富に含まれています。
高い整腸作用で知られている、サツマイモに含まれている食物繊維が100gあたり2.4gの食物繊維を含んでいるのに対して、ヘンプシードに含まれている食物繊維の量は、100gあたり41.3gです。
また、ヘンプシードオイルにも便秘を解消する効果があります。
腸壁に潤いを与えて、体の中に溜まった便を排出しやすくしてくれるのです。

血行を良くして冷え性を改善する効果

ヘンプシードに含まれているαリノレン酸は、血中の悪玉コレステロールを減らす効果を持っています。
悪玉コレステロールが悪玉といわれる原因は、血液をドロドロにして流れにくくするだけでなく、血管の壁に張り付いて、血栓を作ってしまうためです。
これは血行を悪くして冷え性を招きやすくするだけでなく、脳梗塞や動脈硬化といった生活習慣病の原因にもなります。
血行が悪くなると代謝も落ちてしまい、カロリーが燃焼されにくくなるため、ダイエットにも悪影響です。
効率よく短期間でダイエットを成功させたいのであれば、冷え性を改善していく必要があります。
αリノレン酸を摂取することで、ダイエットへの大きな近道となるでしょう。

肌の炎症を抑えて潤いを与える美肌効果

ヘンプシードにはγリノレン酸(GLA)という脂肪酸も含まれています。
γリノレン酸は、肌の炎症を抑える効果を持っており、アトビーや湿疹にも効果がある成分です。
また、ヘンプシードはビタミンCやビタミンAも豊富に含む食品です。
ビタミンCは、コラーゲンの材料となる美肌の栄養素です。メラニン色素の発生を抑えて、肌のくすみを防ぐ効果もあります。
ビタミンAは紫外線から肌を守る効果があります。加えて、抗酸化作用を持っているため、肌の老化を抑えてシミやシワを防ぐ効果も持っている成分です。

脳の働きを活発にする効果

ヘンプシードが含有しているαリノレン酸が体内に吸収されると、DHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸が生成されます。DHAは魚に多く含まれていることで有名な成分で、記憶力アップに役立つといわれている栄養素です。
実際にDHAは、脳の神経細胞の働きを活発にしてくれます。
記憶力アップだけでなく、アルツハイマーやうつ病にも効果がある成分です。

花粉症を改善する効果

ヘンプシードには、免疫力を高める効果があります。これもαリノレン酸が持つ効果のひとつです。
ウィルスに対する抵抗力も高めてくれるので、花粉症だけでなく、風邪やインフルエンザの予防にも効果的です。

ヘンプシードダイエットの方法

f:id:rerereflow:20150823104516j:plain

食べるだけで痩せられる、お手軽なヘンプシードダイエット。
でも、スーパーやコンビニでヘンプシードは売られているのでしょうか?
また、食べる時間や、一日に食べる量はどれくらいがベストなのでしょうか?
ここでは、ヘンプシードダイエットの方法や食べ方、購入方法を紹介していきます。

ヘンプシードの一日の摂取目安量

ヘンプシードの一日に摂取目安量は、パウダーもオイルも、大さじのスプーンに1杯でじゅうぶんです。たくさん摂れば摂ったぶんだけ痩せるということではないので、過剰に摂取しないよう気をつけましょう。
特にオイルは、摂りすぎるとお腹が緩くなる可能性があります。

ヘンプシードを食べるタイミング

ヘンプシードを食べるタイミングは食事中です。味にクセがないので、食事に混ぜて食べると、おいしく食べることができます。
なお、体を温める食品と一緒に食べると、栄養素の吸収率がアップします。
朝・昼・晩の三食に分けて食べても効果はありますが、一食で済ませたいのであれば、朝食の時間帯に摂取しましょう。
朝は胃の中が空っぽになっているため、栄養が吸収されやすくなっています。

ヘンプシードの購入方法

ヘンプシードはまだまだ知名度が低い食品です。スーパーで見かけることは少ないでしょう。
購入する際は通販を利用すると便利です。
ヘンプシードはオイル・パウダーともに、Amazonや楽天といった大手通販会社で販売されています。

ヘンプシードダイエットの注意点

ヘンプシードダイエットには、いくつかの注意点があります。
注意点を守って、正しい食べ方や飲み方をしなければ、ダイエット成功には繋がりません。
ヘンプシードダイエットの注意点をしっかりと把握しておきましょう。

ヘンプシードは熱に弱い

ヘンプシードは40度以上に加熱すると、脂肪酸やビタミンなどダイエットに役立つ成分が壊れてしまいます。
調理した料理に振りかける・混ぜるという方法で摂取しましょう。

ヘンプシードオイルは摂りすぎ注意

ヘンプシードオイルは取りすぎると、お腹が緩くなってしまいます。
一日の摂取目安量は、大さじのスプーンに1杯です。
たくさん飲めば痩せるわけではありません。多くても3杯程度に留めておきましょう。

カンナビスオイルは別物!

海外の通販サイトでは、麻の葉を原料にしたカンナビスオイルという商品が売られていることがあります。これはヘンプシードオイルとは別の商品です。
ヘンプシードが日本国内で認められているのは、麻の実を原料としているからです。麻の葉や茎を使った商品を入手すると犯罪となってしまうため、間違えないように注意しましょう。
原材料に麻が使われているからといって、ヘンプシードオイルであるとは限りません。

ヘンプシードダイエットの口コミ

f:id:rerereflow:20151210164950j:plain

ヘンプシードダイエットは、どれくらい痩せられるダイエット方法なのでしょうか?
実際に、ヘンプシードダイエットを行なった人の口コミを集めてみました。

ヘンプシードダイエットで成功した人の口コミ

27歳/女性
”ヘンプシードダイエットに挑戦してみました。麻の実って馴染みがない上に、大麻のイメージもあるので(しかも国によっては違法じゃないところもある)心配でしたけど、健康食品を売ってるお店で日本語表記のヘンプシードを見かけたので、安心して購入できました。
味はほとんどありません。ふりかけよりもゴマみたいな食感です。おいしいっていうよりも、気にせずに食べられるっていう印象でした。
でも存在感の割に、ダイエット効果は抜群でヘンプシードダイエットを始めてから、1週間でマイナス3キロ減です。
一番実感できた効果が、便秘解消なので脂肪が減ったわけではなさそうですけど、ウエストは確実に細くなりました。
ちゃんと続けて、脂肪も燃焼させたいと思います!”

24歳/女性
”ヘンプシードダイエットがココナッツオイルダイエットよりも痩せると聞いて、やってみたところ、本当に痩せられました。ココナッツオイルは独特の甘みがあって、そのまま飲むのはちょっと・・・と思ってたんですけど、ヘンプシードオイルはボトルからスプーンに出して、そのまま飲めます。
体重は1ヶ月で5キロ落ちました。あと、毎年ひどかった花粉症がヘンプシードオイルのおかげで、今年は鼻炎の薬を飲まなくても過ごせるくらいに治まってました!これが本当によかったです!
1日あたり、大さじのスプーンに1杯で効果があるので、時間がない人もダイエットできます。オススメです。”

ヘンプシードダイエットで失敗した人の口コミ

32歳/女性
”ヘンプシードって、加熱すると効果がなくなっちゃうんですね。ヘンプシードオイルをサラダ油の代わりに使うのを、1ヶ月くらい続けてましたが、アトピーもあまりよくならないし、全然痩せられなかったので、体質に合ってないのかな?と思ってやめてしまいました。
加熱しなければ効果があるのかな??もう一度、試してみようと思います。”

23歳/女性
”ヘンプシードオイルを窓際の料理棚においてたら、すぐに変色してしまいました。まだ賞味期限は過ぎてないはずなのに、なんで~?と思って、ネットで調べてみたら、ヘンプシードオイルって変色・酸化しやすいんですね。油だからって外で保存するのは厳禁です。冷蔵庫で保管したほうがよさそうですよ!”

まとめ

ヘンプシードオイルは、ダイエットに役立つαリノレン酸を豊富に含む食品です。
健康効果も高く、スーパーフードとして海外で注目されています。
まだ日本ではさほど知名度が高くない食品ですが、ダイエット効果の高さは、他のダイエット食品と比べても、まったく見劣りしません。
ダイエットと同時に、美容と健康を手に入れたい人は、ぜひヘンプシードダイエットを試してみてください。