読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

肉割れの原因と消す方法を徹底解説!

部分痩せ

f:id:rerereflow:20151214033719j:plain

せっかくダイエットに成功したのに、肉割れができて台無しに!
肉割れはダイエットの落とし穴です。頑張って短期間で痩せれば痩せるほど、肉割れはできやすくなってしまいます。
見た目は痛々しい状態になりますが、実際に痛みがあるわけではないため、肉割れが起こり始めていることに気づけないのも、悪化してしまうポイント。
今回は肉割れの前兆や症状から予防法や治療法まで、肉割れ対策のすべてを明らかにしていきます。

 1.肉割れとは・原因

痩せた後に生じる、新たなダイエットの悩み「肉割れ」
そもそも肉割れとは、どんな症状を指すのでしょうか?
まずは肉割れの症状を知っておきましょう。

肉割れの症状

太ももやふくらはぎ、お腹まわりやお尻に白い筋が入っていませんか?
古い傷跡のような線で、1本だけでなく何本も皮膚に刻まれているのが肉割れの特徴です。
古傷のような見た目なので、一見、とても痛そうに思えますが、肉割れが起こり始めている時も起きた後も、痛みは一切感じることがありません。
どの程度の範囲にできるかは人それぞれで、細かい肉割れがシワのように広がっている人もいれば、遠目から見てもわかるような太い肉割れが数本だけあらわれる人もいます。

肉割れの原因

肉割れが起こる原因は、皮膚の収縮にあります。
ダイエットによって脂肪が失われた場合、もしくは肥満によって脂肪が急激に増えた場合、体の中身の質量が増減するため、皮膚が伸びたり縮んだりしてしまいますよね。
しかし、実際に伸び縮みしているのは皮膚の表層にある表皮だけなのです。
皮膚の奥深くにある真皮は伸縮性が低く、表皮のように伸縮することができません。
なぜ、真皮に伸縮性がないのかというと、それは真皮が皮膚のハリを保つ役目を持っているからです。
真皮のハリが弱まると、人間の皮膚は重力に逆らうことができずに、垂れ下がっていきます。年を取ってシワが増えたり顔の皮膚がたるんだりするのは、老化の影響で真皮のハリが失われているためです。
真皮が表皮のように伸縮する機能を持っていたら、若い頃から皮膚が垂れ下がりやすくなり、見た目の老化が非常に早まってしまいます。
このような機能を持っているために、真皮は伸縮しません。そして、肉割れが起こるのは、太っていく過程で真皮が裂けてしまっているためです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

太った時にできる肉割れ

ダイエットに成功したわけでもないのに、肉割れのような白い筋ができることがあります。
見た目がよく似ているために勘違いしやすい症状ですが、この症状は正確には肉割れではありません。セルライトと呼ばれる症状で、脂肪細胞が大きくなる・老廃物が体内に溜まることで生じる症状です。
肉割れは、皮膚の奥深くにある真皮が裂けてしまい、その損傷が傷跡として残ることであらわれます。セルライトとは発症の仕組みが異なるため、肉割れの改善方法で、セルライトによる皮膚の異常を治そうとしても、改善されることはないでしょう。
逆にセルライトの治療法で肉割れを治そうとしても効果はありません。セルライトにはセルライトに適した治療法が、肉割れには肉割れに適した治療法がそれぞれ存在しています。
適切な治療法で対処していくことが、肉割れを改善する最初の一歩です。

ダイエット以外でも肉割れは起こる

肉割れが起こる原因は、ダイエットだけではありません。
女性の場合は妊娠・出産した後に、肉割れが起こることがあります。
これは、急激に太った時と同じメカニズムです。妊娠によってお腹が膨らむと、質量が増えたぶんお腹の皮膚が伸ばされてしまいます。
そして、出産すると一気に体内にあった質量が失われるため、急激なダイエットと同じように、伸びた皮膚が余ってしまい、肉割れが起きてしまうのです。

2.肉割れが起こる過程と部位

f:id:rerereflow:20151214033602j:plain

ダイエットに成功して、友人・知人から「痩せたね!」と驚かれるほどに体型が変わった人は、特に肉割れに注意しなければいけません。肉割れは一度起こってしまうと、治すのは困難です。
肉割れが起こらないようにするためには、肉割れの過程と部位に着目して、対処していきましょう。

肉割れが起こりやすい部位と起こる過程

肉割れが起こりやすい部位は、

  • ふくらはぎ
  • 太もも
  • お尻
  • 背中
  • お腹

です。

それぞれの部位に白い縦線や横線が生じて、徐々に深くなっていきます。
なぜ徐々に症状が進行していくのかというと、皮膚の表層から真皮に傷が深まっていくためです。
皮膚は

  • 表皮
  • 真皮
  • 皮下組織

という3つの層に分かれています。

肉割れが生じるのは真皮に傷ができたときです。
表皮は伸縮性に優れているため、急激に体型が変化しても跡が残ることはありません。
それに対して、真皮は皮膚のハリを保つ役割を持っています。伸縮性が弱く、急激に引っ張られるとすぐに裂けてしまうのです。
つまり、肉割れは急激に太った時に生じているということになります。
最初の頃の肉割れは赤みがかった色をしており、続いて、赤紫の少し濃い色に変化します。この変色には個人差があるため、一概にすべての人に赤や赤紫色の肉割れ線が出るとは限りませんが、白い筋があらわれる時には、既に手遅れとなっている場合が多く、なかなか治すことができません。

お腹の肉割れ

お腹の肉割れは急激に体重が増えた時に生じます。皮膚が伸ばされることで真皮が裂けてしまい、その傷跡が肉割れとして表皮にあらわれるのです。
妊婦の肉割れも同様の過程を経て生じます。妊娠によってお腹の皮膚が早いスピードで引っ張られていくため、真皮が裂けて、元に戻った時に肉割れがあらわれます。
また、妊娠中に起こる肉割れはマタニティラインとも呼ばれており、下腹部やお尻、腰の肉割れを招くこともあります。

お尻と腰の肉割れ

お尻や腰の肉割れも、お腹の肉割れと同じような経緯を経て生じます。
また、お腹が太ったことで連鎖的に腰やお尻の肉割れが生じることもあります。
お腹の皮膚とお尻、腰の皮膚は繋がっているため、お腹に脂肪がついてしまうと、腰やお尻の皮膚も引っ張られて伸びてしまいます。

ふくらはぎの肉割れ

ふくらはぎの肉割れは、肥満やダイエット以外の原因で生じることがあります。
外反母趾、浮き指、扁平足といった足裏のトラブルが、ふくらはぎの肉割れを招く可能性もあるのです。
ふくらはぎの肉割れは、急激に筋肉が鍛えられることでも起こってしまいます。筋肉に力を込めることで真皮が引っ張られてしまい、脂肪による肉割れと同様のダメージを受けてしまいます。
特にヒールの高い靴を履いた時に自然と行なってしまう、「指上げ歩き」がふくらはぎの筋肉や真皮に与える影響は大きく、皮膚のケアを怠るとストッキングを履かなければ外出できないほどに目立つ肉割れができてしまう原因になります。

太ももの肉割れ

太ももの肉割れには、2つの要因があります。
ひとつは、ふくらはぎの肉割れが太ももにまで及んだ場合です。太ももの皮膚はふくらはぎと繋がっているため、ふくらはぎの真皮が引っ張られると、太ももの真皮も引っ張られてしまいます。
もうひとつは、太ももそのものが太ってしまった場合です。
太ももはお尻やお腹から垂れ下がってくる脂肪が溜まりやすい部位です。お腹やお尻が太ると自然と太ももも太くなってしまいます。
太ももが太くなると、他の部位と同じように真皮が裂けてしまい、肉割れが起きてしまいます。

3.肉割れを予防する方法

f:id:rerereflow:20151214033931j:plain

肉割れは一度生じるとなかなか消すことができない症状です。
肉割れが起こらないように予防していくことが重要になります。
ここでは、肉割れを予防する方法を紹介していきます。

肥満が肉割れの原因

肉割れの原因になるのは肥満です。肉割れ線が表皮にあらわれるのがダイエット後であるため、ダイエットが原因で肉割れが起きたと思われがちですが、真皮が裂けるのは太っていく最中だということを忘れないようにしましょう。
肥満の予防こそが、肉割れの予防に繋がります。

特に正月太りやストレス性の過食による激太りなど、急激に体型が変わる時に肉割れが起こりやすくなります。

肉割れが起こらないダイエット方法

いくら肉割れが嫌だからといって、太った体型のままでいるのが良いというわけではありません。肥満体型は見た目の問題だけでなく、生活習慣病のリスクが高まるなど、健康にも害を及ぼします。
肉割れが悪化しないように、ダイエットをしていくポイントは、しっかりと食べて、徐々に体重を落としていくことです。
急激なダイエットはリバウンドする可能性が高まります。リバウンドすると、さらに真皮へのダメージが追加されることになり、肉割れの範囲も拡大してしまいます。
また、肉割れを改善するためには肌にじゅうぶんな栄養を届ける必要があります。極端な食事制限を行なって、短期間でダイエットに成功した場合、肌にじゅうぶんな栄養が送られず、裂けてしまった真皮が修復されにくくなってしまいます。

肉割れを悪化させないために

ダイエットで肉割れが目立ってきた時に、気になってついつい触ってしまう人がいます。
肉割れは真皮にできた傷です。通常の傷口と同じように触ると症状が悪化してしまい、跡が残りやすくなってしまいます。
肉割れを悪化させないためには、なるべく触らないようにしましょう。
また、肉割れができた直後に、かゆみを伴う場合があります。この場合は角質を落とすクリームヤピーリング剤を使用して患部を清潔に保ち、保湿を行なうことでかゆみが緩和されます。

妊娠後の肉割れ予防

妊娠後にあらわれる肉割れ・マタニティラインを予防するためには、まだお腹が大きい妊娠中から、腹部に保湿クリームを塗るのが効果的です。
生じた肉割れは乾燥によって悪化していきます。

白い跡が残る肉割れは乾燥をケアすることなく、真皮が裂けた状態で固まってしまった結果です。
なお、マタニティラインは腹部のみならず、腰や背中、太ももの真皮にも影響を与えます。

これらの部位にも保湿クリームを塗って、肉割れの跡が残らないように予防しましょう。

保湿で肉割れを防ぐ

肉割れの予防ケアとして、もっとも効果的な方法は肌の保湿をしっかりと行なうことです。
肌が乾燥すると、真皮はさらに裂けやすくなってしまいます。加えて、乾燥した状態の肌はなかなかターンオーバーが行なわれず、傷付いた皮膚が新たな皮膚に生まれ変わりにくくなります。
肌の治癒力・ターンオーバー力を高めるためにも、保湿ケアは重要です。

肉割れの予防に効果的な食べ物

肉割れの予防には、コラーゲンやビタミンCを多く含む食べ物が効果的です。
コラーゲンは新たな肌を生み出すための栄養素となります。

ビタミンCは体内でコラーゲンを生成する際に材料となる成分です。

コラーゲンは鶏の軟骨やうなぎ、皮付きの魚や牛スジに多く含まれています。ダイエット中でカロリーを気にするのであれば、鶏の軟骨を炒めたメニューがオススメです。
ビタミンCは果物だけでなく野菜にも多く含まれています。

中でも、ピーマンやブロッコリーといった鮮やかな緑色の野菜には、特に多くのビタミンCが含まれています。
野菜は食物繊維が豊富で、ダイエットにも最適な食材です。

肉割れの予防に効果的な運動

激しい運動を行なうと、急激に筋肉量が増えて、肥満時と同じように真皮が裂けてしまいます。

加えて、女性らしいスレンダーな美脚は筋肉量よりも、引き締め効果が重要です。

筋肉をつけすぎると逆に足が太くなってしまうこともあります。
ダイエットのために運動をするのであれば、ウォーキングや軽いジョギングを選びましょう。

これらの運動は有酸素運動ですので、脂肪を効率よく燃焼させてくれます。
また、有酸素運動は全身の血行をよくする効果があるので、肌に栄養を運びやすくなり、肉割れを予防する効果にも繋がります。

4.肉割れを消す方法

f:id:rerereflow:20151214033843j:plain

できてしまった肉割れを自宅で消す方法があります。
肉割れの段階によってケア方法が異なるため、状態に合わせた適切なケアを行なっていくことが重要です。

肉割れの初期症状を消す方法

肉割れの初期症状は赤い線としてあらわれます。この状態の真皮は裂けたばかりで、まだ傷が塞がりきっていません。
外部にできた傷と同じように、清潔に保って保湿を行なうことが大切です。
古い角質を除去するピーリング剤や角質クリームを使って、肉割れを洗浄し、その後、入念に保湿を行なってください。

肉割れの中期症状を消す方法

初期段階の肉割れを見落とすと、肉割れは赤紫色に変色していきます。
この段階になると、肉割れの本数も増えてしまい、見た目でもわかる肉割れになってしまいます。
保湿クリームを塗ることで改善されることもありますが、普段から肌が乾燥しやすい人は難しいかもしれません。
半身浴や運動で血行をよくして、肌の治癒力をアシストしながら、我慢強く保湿ケアを行なってください。

肉割れの末期症状を消す方法

肉割れの末期症状になると、自宅でケアすることは難しくなります。
完全に消すためには、美容クリニックでレーザー治療やイオン導入など、特殊な機械を使った手術を行なう必要があります。
どうしても自宅で治したいのであれば、肉割れ専用のクリームでケアを行なっていきましょう。

5.肉割れを消す手術

肉割れを短期間で確実に消したいのなら、エステサロンや美容クリニックで行なわれている手術を受けるのが、もっとも効果的でしょう。
ここではエステサロンや美容クリニックが行なっている肉割れの手術を紹介していきます。

レーザー手術

レーザー手術は美容クリニックで行なわれている肉割れ改善の手術です。
いくつかの種類に分かれており、代表的なものは、伸びた皮膚を収縮させて肉割れを消す方法と、特殊なレーザーを照射して、コラーゲンの生成を促す方法の2種類です。
これらの方法はどちらも専用の機械を使用するため、美容クリニック以外で手術を受けることはできません。

血流改善ガス

特殊なガスを体に浴びせて、血行をよくし、皮膚の再生機能を高めるという手術方法です。
肉割れの凹凸を消すためだけでなく、シミやくすみ、シワなどを消すための手術としても効果的で、美肌を維持するために通っている人もいます。

超音波イオン導入

コラーゲンやビタミンCといった、肌を再生するために有効な成分を、超音波で肌の奥深くに浸透させるという手術です。
エステサロンで多く行なわれている手術で、レーザー治療に比べて肉割れを消すスピードは遅くなりますが、ヤケドなどの手術トラブルが発生する確率が低いという利点があります。

6.まとめ

肉割れを起こさないためには、まず日頃から体型の維持に努めることが大切です。
そして、肉割れが起こってしまった場合は、早めに保湿ケアを行なっていきましょう。
初期の段階で気づくことが難しく、ダイエット中に気づく人が多いため、個人ではなかなか消すことができないといわれている肉割れですが、血行促進や保湿ケアを辛抱強く行なっていくことによって、改善されることもあります。
白い肉割れができても諦めずに、ダイエットと並行して、肉割れのケアも行っていきましょう。