読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

脳疲労を治して痩せる!1日1快食ダイエットの効果と方法を徹底解説!

f:id:rerereflow:20151218060602j:plain

現代人はストレスが溜まりがち。ストレスで食に走ってしまう…そんな経験はありませんか?

では逆に、「食べる喜びを満喫しながらストレスから解放されるダイエット」があるとしたら?
そんな都合のいいダイエットなんて…とお思いかもしれませんが、実はあります。
「1日1快食ダイエット」(=別名BOOCSダイエット)は、夕食に好きなものを好きなだけ心から満足するまで食べられるダイエット法です。
なんと成功率は95%以上。

  • ビートたけしさん
  • タモリさん
  • 福山雅治さん

「1日1食」をライフスタイルに取り入れていることは有名です。

でも「1日3食きちんと食べる!」が昔からいわれてきた食習慣の常識です。
1日1快食ダイエットは本当に痩せるのでしょうか?
健康的に大丈夫なのでしょうか?
食べながら本当にストレスから解放されるのでしょうか?
今回は、こういった疑問を解決しながら1日1快食ダイエットを詳しくご紹介します。

1日1快食ダイエットとは

1日1快食とダイエットについて、よくある疑問を解決していきましょう。

1日1快食ダイエットってどんなダイエット?

1日1快食ダイエットは、九州大学名誉教授で医学博士の藤野武彦先生が提唱した脳疲労を解消して健康的に痩せるダイエット法です。
別名BOOCS(Brain・Oriented・Obesity・Control・System=脳志向型肥満調整システム)ダイエット。
1日1快食ダイエットは脳疲労に着目したダイエット法で、メタボなどの生活習慣病の治療法として成功率の高さからマスコミで多く取り上げられました。

ストレスの積み重ねで脳が疲れ切ってしまった状態=脳疲労

脳疲労を解消するためには、心地よいことをして本能を満足させることが重要です。
誰にでもできる手っ取り早い方法は、楽しく美味しいものを食べること。
1日1快食ダイエットは「1日1回、自分が好きなものを好きなだけ楽しく食べて、食べる喜びを取り戻す」ことで、脳疲労を解消し、痩せ体質を作ります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

脳疲労は太る原因?

脳疲労が起こると、感覚コントロールにトラブルが生じ味覚が鈍くなります。
脂っこいものや甘いものが無性に食べたくなる、食べる量が普段の量では満足できなくなるといった食行動の異常を引き起こします。
つまり、太る原因は脳疲労にあるのです。
でも、一般的に痩せようとダイエットする場合、カロリー制限や運動が推奨されます。
確かに有効なダイエット方法ではありますが

  • 「食べたいのに食べられない」
  • 「運動したくないのに運動しなければならない」

と大きなストレスを新たに作ってしまいます。
日常的に過剰なストレスがかかっているのにも関わらず、ダイエットでさらに大きなストレスがかかり脳疲労はいっそう加速します。
こうした状態が続くと「食べたい」という欲求がふくれあがり、ついには挫折して、以前よりももっと食べてリバウンドしてしまう。
これが、ダイエット失敗のメカニズムです。

脳疲労のチェック方法はあるの?

ストレスからくる脳の疲労度をチェックする方法があります。
ダイエットを始める前に、1度チェックしてみてくださいね。

  1. 夜中に目が覚めたり、用もないのに朝早く目が覚める。
  2. 食事が美味しいと思わない。(習慣で食べるか、無理に食べている。)
  3. 便秘する。
  4. からだを使わないのにヘトヘトだ。
  5. 気持ちが沈んで暗い。
  6. 希望がもてない
  7. 考えがまとまらない
  8. イライラする。
  9. 不安だ。
  10. 自分は価値のない人間だと思う。

週に2~3回以上続いているものが1つでもある場合は、脳疲労の状態です。
好きなものを好きなだけ食べて心から満足できる「1日1快食ダイエット」が、脳疲労解消の第一歩になるかもしれません。

本当に夕食をお腹いっぱい食べていいの?

もちろん、たくさん食べてください。
最も重要なのは「満足感」です。
「夜食べると太りやすい!」といわれていますが、1日1快食ダイエットは食事の満足感で脳疲労を解消するダイエット方法。
たくさん食べるマイナス面よりも、心地よい食事のプラス面の方が、痩せるための効果ははるかに大きいです。
どんなに食事の時間が遅くなっても、安心してお腹いっぱい食べることができます。

「1日1快食」お腹が空いてストレスにならないの?

「1日1快食」は、心地よく食べる食事が1回で、基本は3食です。
朝食は水分中心、昼食は軽食、夕食は好きなものを美味しく食べる「快食」です。
ただし、朝食と昼食のメニューでは空腹感にイライラしてしまう場合も。
そんな時は、黒砂糖入りの紅茶やリンゴなどの間食を摂ります。
「お腹が空いたから夕食が待ち遠しい!」と思えるならば、そのまま待って夕食を満喫します。
このような「期待的空腹感」が感じられるようになれば、脳疲労が解消されてきたという証拠です。

どんな人でも行っていいの?

健康な方ならば、誰でも実践できます。
1日1快食ダイエットは、生活習慣を見直し改善するダイエット法です。
痩せるためだけでなく、健康な方がメタボなどの生活習慣病予防として行っても効果があります。
また、からだに負担をかけないため、子供さんが行っても問題がないといわれています。
ただし、妊娠中の方、糖尿病など持病のある方は、医師に相談の上実践してください。

1日1食を実践している芸能人は?

「1日1食を実践している芸能人が多い!」という噂をよく耳にします。
調べてみるとそうそうたるメンバーでした。

  • ビートたけしさん
  • タモリさん
  • 福山雅治さん
  • Gacktさん
  • 西川貴教さん
  • 水谷豊さん
  • 京本政樹さん
  • 千葉真一さん
  • 木村多江さん
  • ピンクレディのミーさん

海外では、オバマ大統領やビル・ゲイツさんのような、超一流のセレブリティが実践されています。
1日1快食ダイエット、ますます興味が湧いてきますよね。

1日1快食ダイエットの具体的な効果

f:id:rerereflow:20151214033931j:plain

ここからは、1日1快食ダイエットの具体的な効果をご紹介します。
脳疲労が解消するとどんな効果が得られるのでしょうか?

味覚が正常に戻る

脳疲労が解消されると五感(味覚・聴覚・視覚・嗅覚・触覚)が正常に戻ります。
肥満者は、味覚が鈍くなっているという味覚テストのデータがあります。
味覚が鈍いと、甘いものや塩辛いものに対して、それほど甘いとも辛いとも感じません。
また、同じ量を食べても満腹感が少なく、本当は欲しいわけでもない甘いものが無性に食べたくなったり、脂っこいものが欲しくなります。
このような感覚異常が起こると、普通に食べているつもりが、量はたくさん、質は太りやすいものを摂っていることになります。
1日1快食ダイエットで味覚が正常に戻ると、脂っこいものや甘いものが次第に欲しくなくなり、健康的な食行動に変化します。

ダイエットに最適な和食が美味しいと思えるようになる

1日1快食ダイエットで、脳疲労を解消すると、あっさりとした和食が美味しいと思えるようになります。
今まで大好きだった脂っこいものや甘いものが自然と欲しくなくなり、旬の魚や野菜を使った低カロリーでヘルシーな和食で満足できるようになります。
和食が苦手な方には「和食中心の夕食に変えるためのステップ(方法)」があります。
食事を和食中心にゆっくり変えていくことで、ストレスを感じることなくカロリーダウンができて、健康的に体重を減らすことができます。

和食と洋食のカロリーを比較!一汁三菜の和食ダイエットの簡単レシピ!

日常のストレスコントロールができるようになる

脳疲労を解消すると、痩せるだけでなく日常的なストレスに上手く対処できるようになります。
「ストレスを感じている」と、まず自分で気づくことができます。
この気づきが重要です。
脳が疲労していない状態ならば、そのストレスをどう対処するか?を冷静に考える習慣が身に付きます。
忙しい現代社会では、ストレスといかに上手く向き合えるかが日常生活の満足度を左右します。
1日1快食ダイエットで、ストレスに負けない柔軟なこころと健康なからだを取り戻しましょう。

1日1快食ダイエットのやり方

f:id:rerereflow:20151225053808j:plain

それでは、1日1快食ダイエットのやり方をご紹介します。

1日1快食ダイエットの3原則

「1日1快食ダイエットの3原則」は、ダイエットを実践するうえで非常に重要です。
内容は厳しいかと思いきや、とても心とからだに優しいもの。
3原則を念頭に置いて、快感情を大切にして取り組みたいですね。

【BOOCSの3原則】

第一原則:例え健康に良いこと(運動など)や、良い食べ物でも、嫌であれば決してしない(食べない)。
第二原則: 例え健康に悪いこと(食べ物)でも、好きでたまらないか、やめられないこと(食べ物)は、とりあえずそのまま続ける(決して禁止しない)。
第三原則:健康に良くて、しかも自分がとても好きなこと(食べ物)をひとつでもよいからはじめる(食べはじめる)。

脳疲労概念BOOCS公式サイトから引用

【解説】第一原則:ダイエット中だからといって、嫌いな運動や美味しいと思えない食べ物を食べる必要はありません。
第二原則:お酒やタバコなど、健康に良くないものを無理にやめる必要もありません。
今は、ストレスをやわらげるのに役立っているからです。
第三原則:ストレスからくる脳疲労を解消するためには「楽しいこと」を始めます。
誰もがすぐにできることは、食事を「美味しく食べること」

1日1快食の方法

【朝食】朝食は紅茶、緑茶、生ジュースの水分中心で

朝食は水分食にしましょう。

  • 黒砂糖を入れた紅茶
  • 緑茶
  • 麦茶
  • 烏龍茶
  • 具なしの味噌汁
  • 野菜ジュース
  • フルーツジュース
  • スキムミルクなど

【トクホ】伊右衛門特茶ダイエットの効果を徹底解説!

【トクホ】ヘルシアダイエットの効果を徹底解説!

【トクホ】黒烏龍茶ダイエットの効果・効能を徹底解説!

夕食にたっぷりと食事を摂るので、朝はあまりお腹が空かなくなります。

食欲のない朝に無理して固形食を摂ると、脳疲労が増してダイエット効果に悪影響を与えます。
朝食は水分食がベスト、1つでも組み合わせてもOKです。

【昼食】昼食は楽しく食べる夕食までのつなぎ

昼食はおにぎりや蕎麦などの軽食にしましょう。
昼食は夕食までのつなぎと考えます。
夕食が近づく頃に「お腹が空いた、夕食が待ち遠しい!」という状態を作るのが理想です。
なるべく和食を心掛けて、そばやうどん、和定食などあっさりしたメニューを選びましょう。

【夕食】夕食は満足するまで、心ゆくまで食べる

夕食は、ゆっくり美味しく食べられる時間に、よく噛んで、楽しみながら心ゆくまで漫喫しましょう。
メニューは「何を食べようか?」と思いついたものを食卓に並べてOKです。
ダイエットや健康に最適料理は和食。

  • 焼き魚や野菜の煮物
  • おひたし
  • 納豆や冷奴
  • 味噌汁
  • 漬物など

でも、和食が食べたくないならば無理して食べる必要はありません。
脂っこいものが食べたい時は、食べてもOKです。

お腹がすいて我慢できない時は、黒砂糖を

朝は水分食、昼は軽食というメニューではお腹が空いてイライラすることもあります。
我慢は禁物なので、間食を摂りましょう。
黒砂糖を食べたり、黒砂糖入りの紅茶を飲んでみましょう。
黒砂糖に含まれるブドウ糖は、脳疲労解消に最適といわれています。
それでも満足できない場合は、
「りんご→おにぎり→そば→うどん」の順番に食べてみましょう。

夕食を和食中心の食事に変えていくステップ

1日1快食ダイエットは、ゆっくり和食中心の食事に変えていくダイエット法です。
和食が苦手な場合は、最初から和食に変えてしまうと挫折する原因になってしまいます。
そこで、無理なく和食中心に変えていくステップをご紹介します。

【和食食材】
  • ごはん
  • 野菜
  • 納豆・豆腐
  • 蒟蒻
  • 海藻
  • 漬物
【ステップ1】

洋食や中華が好きな方は、好きなだけ食べて構いません。
食べる楽しさ、美味しさを漫喫しましょう。
この時に、【和食食材リスト】の中から1つ好きなものを好きな調理法で食事に加えましょう。

【ステップ2】

1日1快食ダイエットに慣れてきたら、【和食食材リスト】の食材で作った、自分が好きな和食メニューを1品取り入れていきます。
作るのが面倒な場合は、市販の惣菜でもOKです。

【ステップ3】

和食を美味しいと感じるようになったら、和食メニューを増やしていきます。
市販の惣菜でもOKですが、旬の食材を自分で料理することがおススメです。
料理を作る楽しさや旬を味わう喜びで、食事がますます楽しくなり、脳疲労解消に効果的です。

  • お米
  • 旬の魚
  • 旬の野菜(青菜や人参、大根、牛蒡などの根菜類がおススメ)
  • 豆製品
  • 海藻類
  • 蒟蒻
  • 自家製の漬物

など、和食に使われる食材は、ダイエットや健康の強い味方になってくれます。

最終目標は、和食中心の食生活です。
くれぐれも、ストレスを溜めず、ゆっくりご自分のペースで取り組んでくださいね。

 

1日1快食ダイエットの注意点

ここでは、1日1快食ダイエットの注意点をあげてみます。

妊娠中の方、持病をお持ちの方は医師と相談

1日1快食ダイエットは、健康な方ならばお子さんからご高齢の方までが実践できるダイエット法です。
10万人以上の肥満に悩む方が効果を上げています。
ただし、妊娠中の方、糖尿病などの持病のある方は、医師に相談のうえ実践してください。

焦らずじっくり取り組む

1日1快食ダイエットは、脳疲労を解消しながら行うダイエット法。
提唱者の藤野先生が治療を行った体験者のデータでは、1ヶ月平均3.3kgの減量結果が確認されました。
ただし、脳疲労の状態によっては、かなりの個人差があります。
最初のうちは体型の変化が見られなくても、継続していくと必ず効果が上がります。
焦らずじっくり取り組みましょう。

1日1快食ダイエットの口コミ

f:id:rerereflow:20151210164950j:plain

最後に1日1快食ダイエットの口コミをまとめてみました。

《成功例》

・5日間で1kg痩せた!夜食ナシで胃の調子がいい

1日1快食にして5日目ですが体調はすごくいいです。
体重は1kg痩せました。
仕事が不規則で夜中に食事を摂っていたのがなくなり、胃への負担が減ったのを実感しています。
夜は好きなものを食べられるので、ストレスはあまり感じません。
お腹が空いた時は、野菜ジュースや豆乳を飲んで頑張っています。
私の生活には合っているので、しばらくは続けてみたいと思います。

・2週間で2.5kg痩せた!不眠症が治った

1日1快食にして今日で2週間目。2.5kg体重が落ちました。
朝と昼は飲みものだけ、夜は好きなものを食べています。
お酒が好きで毎晩飲んでいますが、炭水化物は控えめに食べています。
不眠症だったけれど、なぜか最近はよく眠れるようになったのでこのまま続けてみようと思います。

・1ヶ月半で6.8kg痩せた!ストレスから解放された
1ヶ月半で6.8kg痩せました。
休みの日は、暇で時間があるので2食食べます。
でも、翌日にかなり影響して、体調が悪いので休みも何とか1食にしようと考え中。
疲れがとれたというか、ストレスがなくなりました。体調はやっぱりいいですね。
痩せて鏡を見るのが楽しくなります。これからも続けようと思います。

・2ケ月で10kg痩せた!健康になれるし経済的
63.5kg→53.5kgになりました。
最初の3日ぐらいはお腹が空きましたが、毎日体重計にのるたびに減っていたので耐えられました。
私は白いご飯が大好きなので、炭水化物抜きダイエットは絶対にできません。
白いご飯を食べるために他の2食は我慢しました。
ランチや忘年会、新年会いろいろありましたが、昼に食べるか夜に食べるかで調整しました。
2食になることもありましたが、次の日には戻るように気をつけました。
さすがに周りに気がつかれ「1日3食食べなきゃダメだよ!」と言われますが、お米10kg分が自分の体にくっついていたと思うと、今は歩くのも軽く健康な気がします。
経済的にもお得で私にはとても効果的なダイエット方法でした。

・1ヶ月で5kg痩せた!自分に自信が持てる
太ってることがコンプレックスで、ある日彼氏が撮った1枚の写真にショックを受け1日1快食ダイエットを始めました。
お酒が好きなので、このダイエット法ならば我慢しなくてもいいので私にピッタリでした。
朝、昼は豆乳でお腹を満たし、夜は好きなものを好きなだけ。
もちろんお酒も普通に飲んでいました。
遅い時間に食べているにも関わらず体重は少しづつ減っていき、嬉しくなって「ヘルシーな物を食べよう!」とか「今日は腹八分目にしよう!」と自然に思えました。
1ヶ月試した結果マイナス5kgの減量に成功し、自分にも自信が持てるようになりました。まだまだ続行します。

《失敗例》

・睡眠に支障が出た!
今日で1週間になります。1.5kg痩せました。
朝昼食べず、夜を沢山食べたところ、睡眠に支障が出ました。
消化活動が活発になり目が冴えてしまうのです。

・便秘気味に!
今日で5日目です。
便秘知らずだったのに、排便が減り便秘気味になりました。

・全く痩せない!
1週間やって100gたりとも痩せません。
夜にしていましたが、カロリーは1日のカロリー分くらい摂取する時もありました。
ストレスはたまらなくてよかったのですが、夜食べるのが楽しくて、あれこれ食べました。
ただ、甘いものが大好きで毎日何かしら食べていたのに、1日1快食ダイエットをしてから食べたいと思わなくなりました。


いかがでしょうか?
1日1快食ダイエットは、比較的ゆるやかに痩せるダイエット法だと前述しましたが、数日間で効果を実感されてる方の多さに驚きました。
また、長期間で実践されている方は、見た目でわかるほどの大きな減量に成功されています。
焦らずご自分のペースで続けていきましょう。
1日1快食ダイエットは、痩せるだけでなく、ストレスが軽減したり体調が良くなる、自分に自信が持てるという嬉しい効果があります。
でも、中には睡眠障害などで体調が悪くなる方もいます。
少しでも不調を感じたら、無理をせず中止してください。
「便秘気味!」という口コミがありましたが、ダイエット中は便秘になりやすいものです。
水分補給をまめに行うことで、便秘予防をしましょう。
「痩せない!」原因ですが、前述したように脳疲労の状態によって、痩せるまでに時間のかかる方もいます。
「痩せない!」ことにストレスを溜めるよりも、焦らずゆっくり食事を楽しむことを優先させて、脳疲労を解消することが成功への近道です。
ダイエットに慣れてきているのならば、和食中心の食事に切り替える時期かもしれません。

まとめ

1日1快食ダイエットは、脳疲労を解消しながら、1日1食好きなものを好きなだけ食べて食事を心から楽しみながら実践するダイエット法です。
朝は水分食、昼は軽食、夜は快食。
夕食を和食に変えていくステップを実践することで、ダイエットや健康に最適な和食中心生活が無理なく始められます。
この方法は10万人以上の方が実践し、95%の方が減量に成功しているといわれています。
まずは、脳の疲労度チェックをしてみてくださいね。
脳疲労の症状が少しでもある場合は、からだと心に優しい1日1快食ダイエットを始めてみませんか?