読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

ピュアココアで痩せる!ココアダイエットの効果と方法を徹底解説!

飲み物ダイエット

f:id:rerereflow:20160106062152j:plain

大人から子どもまで幅広い年代に親しまれているココア。

甘くて優しい味わいから、スイーツの材料に使われることも多く、ダイエット向きの食材というイメージを持っている人は、ほとんどいないのではないでしょうか?
でも、実はココアには、さまざまなダイエット効果が隠されていたんです!
今回はココアを使ったココアダイエットについて、説明していきます。

1.ココアダイエットとは

ココアを飲むだけで痩せられるなんて、イマイチ信じられない、と思う人も多いのではないでしょうか?
そんな人のために、ここでは、ココアダイエットの仕組みを説明していきます。

ココアを飲んで痩せる!ココアダイエットとは

ココアダイエットは、その名のとおり、ココアを飲んで痩せるダイエット方法です。
ただし、ココアだけを飲んで痩せていくダイエット方法ではありません。

ココアはあくまでもダイエットの補助をする食品です。置き換えダイエットや食事制限ダイエットのように、通常の食事を摂らずにココアだけを飲んでいては、栄養失調になってしまいます。
通常の食事を摂りながら、ココアを飲むことで得られるダイエット効果は、脂肪の燃焼や食欲を抑える効果などです。

美肌効果もありますから、美しく痩せていきたい女性に最適なダイエット方法といえますね。

実は低カロリーだった!ココアで痩せられる秘密

ココアといえば、チョコレートのような甘い味が特徴・・・と思うかもしれませんが、実はココア本来の味は甘くありません。

スーパーやコンビニの店頭に並んでいるココアには、砂糖やシロップが含まれていて、それらの糖分が甘さを出していると同時に、ココアのカロリーをアップさせているのです。
ココアダイエットに使うココアは、こういった糖分を含まないピュアココアです。
ピュアココアとは、スーパーでも市販されている、砂糖を含まないココアパウダーのことです。

ピュアココア1杯ぶんのカロリーが16kcalであるのに対して、砂糖入りの一般的なココアは80kcalと大きなカロリー差があります。
ココアダイエットを行なうのであれば、確実にピュアココアを活用するべきでしょう。
味に関しても、ピュアココアと通常のココアに劇的な差はありません。

ピュアココアは糖分を含まないといっても、ココア本来のほろ苦い美味しさは消えません。

ミルクや豆乳と一緒に混ぜて飲むことで、苦さを緩和することができるので、コーヒーが苦手!という人でもココアダイエットに取り組むことができるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ココアで痩せやすい体質に?代謝とダイエットの関係

ココアには、カカオマスポリフェノールが多く含まれています。

カカオマスポリフェノールは、ワインなどに含まれるポリフェノールと同じく、血圧を下げる効果や動脈硬化を予防する効果があります。

血圧が上昇する原因は、血管の壁に余分なコレステロールが付着して、血管を細くしてしまうためです。

血管が細くなって血の流れが遮られてしまうと、体の中に老廃物が溜まりやすくなり、栄養を体の隅々まで行き渡らせることも難しくなってしまいます。これが代謝を悪くしてしまう最大の原因です。

代謝とは、食べることで摂取した栄養素を消化・吸収し、新しい細胞やエネルギーを作り出すことです。

同時に、古くなった細胞や体の中に蓄積された老廃物を排出する体内システムも代謝と呼びます。

そして、老廃物を運んだり、新しい細胞を作り出すために必要な栄養素を臓器や器官へ届けるための経路として、血管が使われています。
つまり、血管が細くなって、血流が悪くなってしまうと、自動的に代謝も下がってしまうのです。
代謝が落ちると、エネルギーを作り出す能力が下がってしまうため、脂肪が燃焼されにくくなり、太りやすい体質になってしまいます。

もちろんダイエットには悪影響を与えますし、臓器にじゅうぶんな栄養素が運ばれないため、健康にも悪い影響を及ぼします。
ダイエットを行なう場合、体重を減らしていくことに着目するのも大切ですが、体重を減らした後にリバウンドしない体を作っていかなければ、せっかくの努力がすべて水の泡になってしまいます。

ココアに含まれるカカオマスポリフェノールで代謝をアップさせて、痩せやすい体質を作っていけば、リバウンドしにくい・痩せやすい体質になることができるでしょう。

2.ココアダイエットの効果

f:id:rerereflow:20160106062312j:plain

ココアには、ダイエット効果だけでなく、さまざまな健康・美容効果があります。
ここでは、ココアが体にもたらす良い効果について、説明していきます。

食欲を抑える効果

ココアダイエットで、もっとも注目すべき効果が、食欲を抑える効果です。
ココアにはテオブロミンという成分が含まれています。

テオブロミンは、セロトニンを作り出すために必要な成分です。
セロトニンは交感神経を刺激して、血圧や脈拍を上昇させる効果を持っています。

これは人間が幸せを感じている状態です。つまり、セロトニンが分泌されている時、人間は満足感や充実感を感じやすくなるということになります。
食事のあとの間食をどうしても抑えられないという人は、スイーツの代わりにココアを飲むことで、食欲を抑えることができるでしょう。

また、ストレスによる過食や、食欲の暴走を抑えるためにも、ココアは最適な飲み物です。

止まらない食欲を抑える9つの方法を徹底解説!

脂肪の燃焼を促進する効果

ココアには、ココアポリフェノールが含まれています。

ココアポリフェノールは血行を促進する効果を持っているため、基礎代謝がアップして、脂肪が燃焼されやすい体を作っていくことができます。
基礎代謝をアップさせることは、ダイエットの基本です。

代謝をアップさせずにダイエットを行なっても、すぐに体重が戻ってしまいます。

ダイエットを本当の意味で成功させるためには、太りやすい体質そのものを変えていく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

腸内環境を整える効果

意外に思えるかもしれませんが、ココアは食物繊維を豊富に含む食品です。

特にココアに含まれている食物繊維は、グリニンという不溶性の食物繊維ですから、胃で溶けることなく、腸にまでしっかりと運ばれていきます。
腸内に入った食物繊維は、腸の壁にこびりついた汚れを吸着しながら、体外へと排出されていくため、腸内環境を整える効果が期待できます。
また、ココアに含まれるリグニンというポリフェノールの一種も、腸内環境を整える効果を持っています。リグニンは腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やす働きがある成分です。

便秘を予防する効果

食物繊維を豊富に含むココアは、便秘解消の効果も持っています。便秘はダイエットの天敵です。

便秘になるということは、体に老廃物が溜まっているということですから、胃腸の調子が悪くなってしまいます。

消化器官の調子が悪くなると、ダイエットのために必要な栄養素が上手く吸収されず、肥満のもとになってしまうのです。
吸収率が下がるということは、脂肪の吸収率も下がるのではないかと思われがちですが、そもそも脂肪は脂質や油よりも、糖質から作られています。

糖質はもっともカロリーに変換されやすい栄養素であり、人間の体が一番必要としている栄養素です。
したがって、消化器官の調子が悪くなり、栄養素を吸収しにくくなった場合、最優先で吸収されるのは糖質ということになります。

糖質だけを吸収している体は当然ながら、不健康になってしまい、たとえ食べる量を減らして、体重を落とすことができたとしても、美しい痩身は程遠くなってしまうでしょう。
便秘を解消・予防して、胃や腸といった消化器官の健康を守りながらダイエットを行なうのが、美しく痩せる秘訣です。

冷え性を改善する効果

ココアポリフェノールには血行を促進する効果があるため、冷え性を解消するのにも役立ちます。
また、セロトニンを作り出すテオブロミンも、交感神経を刺激して、体温をアップさせる効果を持っているため、冷え性を改善するポイントです。

美肌効果

ワインなどに含まれているポリフェノールと同じように、ココアポリフェノールにも抗酸化作用があります。抗酸化作用は、体の酸化を防止することです。
鉄が錆びていくのと同じように、人間の体も酸化していきます。酸化するとどうなるかというと、シミやシワ、肌荒れなどの老化現象が起こります。
美しい肌を保つためには、酸化を防がなければいけません。そのために役立つのが、ココアポリフェノールを始めとした抗酸化物質です。

疲労回復効果

食欲を抑える効果を持つテオブロミンは、疲労を回復する効果も持っています。
血圧を上昇させて、交感神経を活発にする効果を持つテオブロミンは、カフェインに似た効果を持っていますが、カフェインほど強い覚醒作用を及ぼす成分ではありません。
適度に血圧を上昇させて、自律神経を安定する効果を持っているため、体を疲労回復しやすい状態にしてくれます。
体質によって個人差はありますが、飲みすぎなければ、ココアを飲んだ影響で不眠に陥ることもないでしょう。
集中力を高める効果もあるので、受験生や仕事の繁忙期にも効果的な飲み物です。

3.ココアダイエットの方法

ココアダイエットは、一日にどれだけのココアを飲めば効果があるのでしょうか?
また、どんなタイミングで飲めば、ダイエット効果が発揮されるのでしょうか?
ここでは、ココアダイエットの方法を説明していきます。

ココアダイエットの量

ココアダイエットは一日に2杯程度が適切な量です。

  • 飲み物を全てココアにする
  • 食事の代わりにココアを飲む

といった極端な食事制限は避けてください。

一度に飲むココアの量は200ml前後が適切でしょう。

お腹が膨らむほどにココアを飲むと、胃腸に変調をきたすこともあるため、飲みすぎには注意してください。

飲みすぎても良い効果は発揮されません。

マグカップ1杯ぶんで、じゅうぶんに食欲を抑えることができます。

ココアダイエットのタイミング

ココアダイエットでココアを飲むタイミングは、朝食や夕食の前が良いでしょう。
食事の前にココアを飲むことで、食欲を抑えることができます。
また、ある程度の満足感・満腹感を感じてから食事を始めることで、早食いを防止する効果もあります。
早食いをすると、血糖値が急激に上がってしまい、血中にインスリンという成分が分泌されます。

インスリンは血中から糖質を取り除く効果を持っていますが、取り除かれた糖質は、脂肪として体に溜め込まれてしまうのです。
ダイエットは、脂肪を増やさないことが重要です。食前にココアを飲んで、早食いを阻止するように心がけましょう。

ココアダイエットに使うココア

ココアダイエットに使用するココアは、通常の甘いココアとは別物です。

通常のココアには砂糖が大量に含まれており、カロリーも高いため、ダイエットには向いていません。
ココアダイエットを行なう場合は、ピュアココア(純ココア)という、砂糖が含まれていないココアを選ぶようにしましょう。

ココアダイエットのレシピ

ココアダイエットに使うピュアココアは、ココアにしては甘味が少なく、苦味が強いため、味が苦手な人も少なくありません。
そんな時は、砂糖の代わりにオリゴ糖をココアに混ぜて、甘味を足しましょう。
オリゴ糖は体内に吸収されない糖分です。

甘い味はしますが、カロリーが限りなくゼロに近いため、ダイエット中に摂取しても、脂肪を増やすことにはなりません。

また、ココアだけを飲むのがツライのであれば、豆乳とピュアココアを混ぜて飲みましょう。
豆乳は牛乳よりも脂質が少なく、大豆を原料にしていることから良質なタンパク質を豊富に含んでいます。タンパク質は筋肉を作るために必要な成分です。

筋肉量を増やすことで、よりカロリーの消費量が多く、痩せやすい体を作り出すことができます。

他にも、体を温めるショウガと合わせて作るジンジャーココアや、シチューやカレーの隠し味としてココアを使うレシピがあります。

珍しい組み合わせではありますが、意外と味も悪くありません。

4.ココアダイエットの注意点

f:id:rerereflow:20160106062341j:plain

ココアダイエットは、非常に安全なダイエット方法です。

副作用はないといって良いでしょう。
ただし、ダイエットという観点から見ると、いくつかの注意点があります。
ここではココアダイエットの注意点を説明していきます。

ココアダイエットに砂糖は厳禁!

ココアダイエットで絶対にやってはいけないのは、砂糖が含まれるココアをたくさん飲むという方法です。

缶やパックで売られているココアは、ほとんどのものが砂糖入りですから、ピュアココアの粉末を購入して、自宅で作るのがココアダイエットの正しいやり方ということになります。
ココアが入っているスイーツにしても同様です。

スイーツにはほとんどの場合、砂糖や脂質が大量に含まれています。

甘いココアを飲みたいのであれば、砂糖ではなくオリゴ糖が入っているものを選びましょう。
ココアだから、といって安易に食品を選ぶと、逆に太ってしまうことになります。

成分表をよく読んで、砂糖の量に注意しながら、ココアの種類を選んでください。

ココアで不眠?飲みすぎ注意

ココアに含まれているテオブロミンは、カフェインと似たような効果を持っているため、眠れなくなってしまう人もいます。
テオブロミンの覚醒作用は、カフェインよりも弱いため、不眠症状があらわれることは少ないものの、体質によっては、ココアが原因で不眠に陥る可能性もあるということを覚えておきましょう。

ココアオンリーのダイエットはNG

ココアを置き換えダイエットに使うのは、絶対に避けてください。

ココアを過剰摂取をしても、害はありませんが、一日の食事がココアだけでは栄養が足りなくなってしまいます。
ココアの食欲抑制効果は、あくまでも食事量を減らすために活用されるものです。
食事前にココアを飲んで、野菜主体の食生活を心がけましょう。

5.ココアダイエットの口コミ

f:id:rerereflow:20151210164950j:plain

ココアダイエットは、どんな風に痩せることができるのでしょうか?
ココアダイエットに成功した人と、失敗した人の口コミを集めてみました。

ココアダイエットに成功した人の口コミ

22歳/女性
”ココアダイエット!最高ですね!食事の前に飲むだけで、1ヶ月で4キロも痩せられました!
わたし的には、脂肪の燃焼が促進される効果よりも、食欲が抑えられる効果のほうが実感できましたね~。”

31歳/女性
”ココアダイエットで5kgの減量に成功しました。食事内容に気を使ってたのもあって、ココアダイエットのおかげだけで痩せたとは言えませんけど、食欲を抑える効果は確かです。間食の代わりにココアで満足できちゃいます。”

ココアダイエットに失敗した人の口コミ

26歳/女性
”夏に冷たいココアを飲んでたんですが、あんまり効果がなかったです。温かいほうがいいのかな?と思って、冬にホットココアで再チャレンジしてみたら、3kgほどあっさり体重が落とせました。
血行を促進する効果がダイエットに役立ってるみたいだし、やっぱりあったかいほうがダイエットできるのかな??でも、暑い季節に熱い飲み物は地獄ですよね・・・。ココアダイエットをするなら、冬がチャンスってことなのかもしれません。”

6.まとめ

ココアダイエットは、単純にココアを飲むだけで痩せられるダイエット方法ではありません。
一般的な砂糖を多く含む甘いココアを飲んでいては、ダイエットどころか、逆に太ってしまう可能性もあります。
ココアダイエットに取り組む場合は、必ず砂糖不使用のココアを飲むようにしましょう。
ココアの食欲抑制効果だけに頼るのではなく、自分で食事内容を管理するのも、ココアダイエットを成功させるポイントですね。