読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

ダイエット中のやる気、モチベーション維持の方法を徹底解説!

その他ダイエット

f:id:rerereflow:20160201063041j:plain

ダイエットを成功させるには、正しい栄養の知識や定期的な運動が必要ですが、何よりも重要なのは、それらを継続するための高いモチベーションですよね。
しかし、ダイエット中に、その高いモチベーションを維持出来なくなり、ダイエットに失敗してしまったという方や、そのようなダイエット中の挫折を何度も繰り返しているという方は少なくないと思います。
このような時、ついつい「自分は意志が弱すぎるのではないか」と思ってしまうかもしれませんが、実は、ダイエット中のモチベーションを維持する方法はたくさんあるのですよ。
そこで今回は、皆さんのダイエットを成功させるために、ダイエット中のモチベーション維持の方法について徹底解説致します。

内容盛りだくさんの内容でお送りしますので、「ダイエットでいつも挫折してしまう」という方はぜひチェックをしてくださいね。

ダイエットで挫折しやすいタイプ・考え方とは?

ダイエット中のモチベーションを維持するために、まずは、ダイエットで挫折しやすいタイプや考え方について知っておきましょう。
ダイエットで挫折してしまう原因は人それぞれですが、ここでは、典型的な「ダイエットで挫折しやすいタイプ・考え方」を解説します。
ご自分にあてはまるものがないか、一度チェックしてみてください。

完璧主義

「完璧主義」と聞くと、一見、何でもうまく出来そうに思えますが、ダイエットにおいては挫折する原因にもなりやすいものです。
なぜなら、ダイエット中には、いくら自分が努力していても、仕事の付き合いで外食をしなければいけない時や、プライベート付き合いでお酒を飲む時など、自分ではコントロール出来ないこともたくさん起きます。
そのような時に、完璧主義になって「ああ、もうこれでダメだ」と思ってしまうと、気持ちの糸が切れてしまい、挫折する結果となってしまいます。
完璧主義で自分にストイックに出来るということはダイエットにプラスになる部分もたくさんありますが、何よりダイエットは継続することが成功の鍵なので、完璧主義になりすぎるのは、逆に、挫折を招く原因になるとも言えるのです。

他人と自分を比較しやすい

ダイエットは正しい方法で行えば結果が出るものですが、筋肉量や基礎代謝、遺伝子レベルの体質など、人ぞれぞれ体の状態は同じではないため、結果の出やすさや体の変化のスピードは全く違います。
例えば、ダイエットのためにエクササイズをする時、もともと運動経験のある方と全く無い方では、体の使い方が違うため、結果の出方は大きく異なります。
自分以外の誰かを目標として、モチベーションを上げるのであれば良いのですが、比較をしてしまうのは、モチベーションを下げる原因になりかねません。
「人それぞれ体は違う」ということをまずは認識するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

すぐに結果を求める

  • 一ヶ月でマイナス10キロ!
  • 一週間で3キロ痩せ!

など、市場にこのようなダイエットの広告が溢れているせいか、すぐにダイエットの結果を求める方は挫折をしやすくなります。

例えば、ダイエットを始めた途端、1日に何度も体重計位に乗って少しの体重の増減に一喜一憂していないでしょうか?
しかし、体の細胞が入れ替わるには最低でも2~3ヶ月はかかるので、1日で体重が大幅に減るという事も増えるという事もありません。
1日で増減した体重は、水分量の違いぐらいだと認識しておきましょう。
すぐに結果を求めると、「今日は間食をしなかったから、明日には痩せているかな」というように、期待が大きくなってしまい、その分、落ち込みも激しくなってしまいます。
ダイエットは長期戦で、更に言えば、一時的なイベントではなく、ライフスタイルとして取り入れていくのが成功の秘訣です。
すぐに結果を求めてしまう、という方は注意をしましょう。

気合で乗り切ろうとする

ダイエットは体の中の化学反応です。
そのため、上手くいかない時は、その原因を冷静に分析して対応する必要があります。
しかし、何でも気合で乗り切ろうとすると、「結果が出ないのは気合が足りないからだ、もっとストイックに食べる量を減らそう」など、解決方法が精神論・自己流になります。
こうなると、更に結果は出なくなるという悪循環に入ってしまいます。

いかがでしたか?
もし、思い当てはまるものがあれば、注意するようにしてみましょう。
極端な表現ですが、ダイエットはやや楽観的に、楽しみながら取り組むほうが上手くいくケースが多いものです。
ストイックに取り組むことも素晴らしいですが、結果を出すためには、うまく力を抜いて、長い目でみて行いましょう。
「ダイエットは焦るのをやめたら90%は成功したもの」ぐらいに構えるのがおすすめです。

こんな時どうする?ダイエットで挫折しやすい時とその対処方法

f:id:rerereflow:20160105095240j:plain

モチベーションを保つのが得意な方でも、ダイエット中には、「停滞期」を始め、外部的な要因でどうしてもモチベーションが下がる時期があります。
そのような時どうすればいいか、ここでは、その対処方法について解説します。

停滞期

停滞期は、いくら運動や食事管理を頑張っても、体重がビクともせず辛い時期で、どうしてもモチベーションの維持が難しくなります。
しかし、この停滞期は、ダイエットをするうえでは避けて通れないものです。
そこで、この辛い停滞期を乗り越えるには、停滞期について正しい知識を持ち、イライラしたり、焦る気持ちを抑えるのがベストです。
以下に、停滞期について解説しますので、実際に停滞期に入った時に思い出すようにしてみてください。
そうすれば、焦る気持ちが落ち着き、停滞期を上手く乗り切ることが出来ます。

停滞期とは

停滞期について、まず理解しておきたいのは、「停滞期はダイエットが失敗しているのではなく、上手くいっている証拠」だという事です。
停滞期は、身体の「ホメオスタシス効果」というものによって引き起こされています。
このホメオスタシス効果とは、人体の生命管理システムのようなもので、体重の減少に対して体が命の危機を感じると、少量のエネルギーでも活動できるように、エネルギー消費を抑制し始めるという仕組みです。
つまり、体重や体脂肪が減って来たことに、体が危機感を感じて、その変化に対応しようとしている証拠だということです。
この停滞期の乗り越え方はたった1つで、焦らず、ダイエットを続けることで、決して焦って食事を抜いたりしないように注意しましょう。
1ヵ月ほどその状態が続くと、体は「命の危機はない」と判断し、ホメオスタシス効果が解除されます。
すると、再びダイエットの効果が現れ、体重が減少していきます。

ポイント:「停滞期」はダイエットが上手くいっている証拠!焦らずに1ヵ月待ちましょう。

 ダイエット停滞期についてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

月経前

女性にとって月経前は体調不良などが起き、辛い時期ですが、ダイエットにおいても踏ん張りどきです。
ダイエット中に「太った」もしくは「痩せない」と感じたことのある女性は少なくないと思いますが、実際に月経前は体が体内に水分を溜め込むため、体重は増えてむくみも激しくなります。
この水分を溜める現象は、子宮の周り(お腹周り)を守るために発生します。
そのため、ウエストサイズも普段より大きくなることもあるのです。
この他、月経前には便秘など、「太った」と錯覚するような現象が症状がたくさん出ます。
この時期を乗り越えるためには、毎月の「月経前の現象」「月経が終わったあとの変化」を記録しておきましょう。
実際に記録すると、同じタイミングで同じ事が起き、そしてもとに戻るはずです。
それを客観的に見ることが出来れば、毎月、落ち着いて対処できるでしょう。

ポイント:月経前には「太った」と錯覚するような症状がたくさん出ますが、月経とともに治まるので安心しましょう。

 月経(生理)とダイエットについてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

お付き合いで食べ過ぎた時

仕事の会食やプライベートのお付き合いで、どうしても断ることが出来ず、外食をしたり、食べ過ぎたりした時は、「あぁ、もうダメだ」と投げやりになってしまうものです。
これは、自分の判断で食べ過ぎた場合の罪悪感よりも、

  • 仕事のせい
  • 家族のせい

というように、責任が自分以外の所へいき、「どうせ頑張ってもムダ」と思ってしまうためです。

このような時は、カロリーを「一週間単位」で考えるようにしましょう。
仮に、1日食べ過ぎたとしても、その後の一週間で調整すれば十分にリカバリーできますし、気持ちも引き締まって、いつもより頑張れる可能性もあります。

また、食べ過ぎた日の夜や翌日に体重を測って落ち込むということも避けましょう。
何故なら、外食は塩分が高くなりやすく、その分、普段よりも水分が溜まりやすくなっています。
また、食べ物自体にも水分がたくさん含まれているので、それらの重さが単純にプラスされます。
これらの事を頭に入れておき、お付き合いや外食を上手く乗り切るようにしましょう。

ポイント:一度食べ過ぎたからといって、「もうダメ」と思うのはNG。
カロリーは一週間単位で調整すれば大丈夫です。

ダイエット中のモチベーションを維持する具体的方法

f:id:rerereflow:20151219055617j:plain

それでは、ダイエット中のモチベーションを維持するための具体的な方法をご紹介します。
ちょっとした工夫で出来ることばかりですので、ご自分の性格に合うと思うものを選んでくださいね。

ダイエットの目的を忘れない

ダイエット中、常にモチベーションを維持し、ダイエットを成功させるには、ダイエットの目的を忘れないようにすることが最も重要です。
これは当たり前のことのようですが、実は多くの方が、ダイエットをしている最中に「ダイエットすること」「体重を減らすこと」が目的になってしまいます。
しかし、本当は

  • 痩せて恋人を喜ばせたい!
  • 子供の自慢になるスリムな母親になりたい!
  • カッコいい体になって、ビーチデビューしたい!

というような、強い目的があり、そのワクワク感こそが、ダイエットのモチベーションを維持する秘訣です。

そのために、ダイエット中、「なぜダイエットをするのか?」という目的を忘れないようにしましょう。
以下のような方法をためしてみてください。

ダイエットに成功したらチャレンジしたいことの準備をしておく

ダイエットに成功したら、チャレンジしたいことはたくさんあると思います。
ダイエット中のモチベーションを維持するために、チャレンジしたいことを先回りして準備しておきましょう。
例えば、

  • 痩せたら着たいと思っている洋服を買っておく
  • 痩せた姿を褒めてもらいたい人とアポイントをとっておく

などです。

このようにすれば、気持ちが引き締まりますし、ワクワク感も高まってダイエット中のモチベーションを維持することが出来ます。

毎朝、ダイエットの目的を口に出して言う

朝起きたら、鏡の前に立って、ダイエットの目的を口に出して言ってみましょう。
そうすることで、ダイエットの目的をしっかりと意識した上で1日を過ごすことが出来ます。
ポイントは朝起きてすぐの習慣にすることです。
それにより、朝食からダイエットを意識して頑張ることが出来ます。

ゴールを細かく設定する

どんなことでも、終わりが見えなければモチベーションを保つのは難しいものですが、これはダイエットでも同じです。
極端ですが、「今後一生、お菓子を食べない」と思って取り組むのと、「明日はお菓子を食べない」と思って取り組むのでは、モチベーションが全く異なると思います。
先の見えないゴールを設定して挫折してしまうのではなく、実行がイメージ出来る、やりきれると自信を持てる小さなゴールを設定して取り組みましょう。
そうすることで、小さな成功体験を積み上げていくことも出来ます。

体重に一喜一憂しない

「毎朝、体重をしっかりと測ってチェックする」という行動は、一見、ダイエットにおいて成功の秘訣に思えますが、実は、挫折をする原因にもなるものです。
なぜなら、体重というのは、基本的にはダイエットのバロメーターになりますが、便秘や水分の量などで簡単に変化します。
また、女性の場合は月経の周期にともなって変動します。
更に、ダイエットの味方となる筋肉は脂肪の4倍の重さです。
そのため、ダイエット中の努力と体重は連動しないということも多々あります。
体重計の数字に一喜一憂し、挫折の原因とならないよう、「体重はあくまで目安」というぐらいに考えるようにしましょう。

ジムに行ってみる

ダイエット中、モチベーションが下がってきた時に、思い切ってジムへ足を運んでみるのもおすすめの方法です。
ジムにはダイエットは勿論、何らかの目標を持った人々が集まり、ポジティブなエネルギーが溢れています。
そのような人々の姿を見るだけでも良いので、一度、思い切って足を運んでみてください。
モチベーションがアップして、そのまま運動して帰ってくる・・なんてこともあるかもしれません。

「今日頑張ったこと」を振り返ってみる

ダイエット中は、

  • 今日も食べ過ぎた
  • お菓子をつまんでしまった
  • 忙しくてジムに行けなかった

など自分の「出来なかったこと」に意識が行きがちになります。

適度に反省をするのは良いことですが、出来なかったことばかりピックアップすると「こんなことではダイエットに成功できるわけがない」という思考になり、挫折しやすくなります。
そこで、1日の終わりには、「今日頑張ったこと」を振り返るようにしてみましょう。

  • 朝食をちゃんととった
  • デザートを買わなかった
  • 階段を意識して使った

など、小さなことで構いません。自分が頑張れたことを振り返れば、それが自信となり、ますます頑張れるようになります。

たまに自分にご褒美をあげる

ダイエット中のモチベーション維持において、上手く息抜きをすることも重要です。
何か小さな目標を達成したら、自分にご褒美をあげるようにしましょう。
この時のポイントは、ご褒美の種類です。

  • 「好きなものを食べる
  • お菓子を解禁する

などではなく、ますますダイエットを頑張れるきっかけや外に出たくなるものにしましょう。

おすすめは、新しい洋服や、いつもより少し贅沢なコスメ、リラックス効果のあるアロマやハーブティなどです。

ダイエット中のモチベーション維持に役立つアイテム

動画

最近では、ダイエットやフィットネスのモチベーションアップに特化した動画がたくさんあります。
メッセージ性の高いものが多く、見るだけでモチベーションを上げてくれるに違いありません。

Female Fitness Motivation - Go Get It!(youtube)

youtubeには数多くのフィットネス用モチベーションアップの動画がありますが、圧倒的に再生回数が多いのがこちらです。
ほどよく筋肉のついたヘルシーボディの持ち主の女性達が実際にトレーニングしているシーンを見ることが出来ます。

Nike Women - Make Yourself featuring Allyson Felix, Julia Mancuso, and Sofia Boutella

スポーツ用品メーカーナイキのCM動画です。
数年前に公開されたものですが、美しいボディを持ったトップアスリートが集結し、大きな話題となりました。

ダイエット関連のマガジンの中には、ダイエットに励む女性がたくさん登場します。
リアルな成功談や失敗談もたくさん知ることができ、励みになるはずです。

ウーマンズシェイプ&スポーツ

女性のボディメイク、ダイエット、スポーツに特化したマガジンです。
フィットネスの専門家の質の高い情報も満載ですが、何より凄いのが、読者モデル登場のページで、100人を超えるダイエットやボディメイクを頑張っている女性が登場し、見ているだけで励まされます。

スポーツブランド

ダイエットで運動をする時のモチベーションをサポートしてくれるのが、スポーツブランドのレディースラインです。
最近ではあらゆるスポーツブランドから、着るだけでモチベーションがあがるようなウエアがたくさん販売されています。
運動が少し億劫になった時、新しいウエアを調達して、モチベーションをアップさせましょう。

Under Armour

機能性抜群のアンダーアーマーのウエアは、ダイエット中の運動を強力にサポートしてくれます。

adidas

ファッション性の高いアディダスのウエアは、運動を楽しくしてくれます。

H&M

ファストファッションのH&Mから販売されているフィットネスラインです。
ダイエット中もスタイリッシュにいたい方におすすめです。

ダイエットに成功した方のモチベーション維持方法の口コミ

それでは、実際にダイエットに成功した方がどうやってモチベーションを維持したのか、口コミをご紹介します。
リアルな成功談は参考になること間違いなしです。

20代男性 怠け者なので、とにかくジムに入会!

もともと何をしても続かない性格なので、会社の近くにあるジムにとにかく入会してみました。
ポイントは、「どれだけやる気が無い日でも、とりあえずジムに行く」と決めたことです。
あと、「運動をする気になれなかったら、サウナに入ればいいか」ぐらいに割り切りました。
その結果、驚いたことに、実際にジムにいくとカッコいい体をした人が多く、勝手にモチベーションが上がって運動するんです。
あと、やっぱり周りに人がいると、「いいとこ見せよう」と思って頑張っちゃうんです。
その結果、週3回はジムに行くことが定着して、体重は半年でマイナス6キロ。
この方法、おすすめですよ。

20代女性 お風呂あがりは絶対に鏡をチェック!

今まで、全身鏡を自宅に置いていなかったのですが、ダイエットのモチベーション維持のために思い切って買ってみました。
それで、お風呂あがりに全身をチェックするんです。
特に、後ろ姿!
そうすると、ダイエット中、いつでも緊張感が出て、モチベーション維持に繋がります。
私は自分に厳しいタイプではないので、こういう風に緊張感を持つきっかけをつくったのが良いかなと思いました。
あと、こうやって鏡を見ていると、「何だかモデルみたい!」とか思えてきて、テンションも上がります。

30代男性 「体型管理も自己管理」会社でダイエット宣言。

今年、大幅な体重減に成功しました。
モチベーション維持が出来たのは、会社の後輩や同僚に「ダイエットする」と宣言したことです。
ビジネスマンにとっては、体型管理も自己管理のうちなので、「言ったからには失敗できない」と、モチベーションが高まりました。
ポイントは、後輩にも宣言したことです。
これで失敗したら、仕事上でも信頼されないと思うと、必死になれました。

30代女性 通勤靴をスニーカーにして、朝一モチベーションアップ!

朝一運動すると、ダイエットの意識が高まるとテレビでやっていたので、今までハイヒールで通勤していたのですが、思い切ってスニーカーに変えてみました。
そうすると、急に、美意識の高い女性になったような気持ちになって、ダイエットのモチベーションが上がりました。
朝、そういう気持ちになると、「ランチは野菜をたくさんとろう」とか、「今日はお菓子は食べないでおこう」とか、自然と頑張れるんです。
スニーカーで歩くと気持ちがいいし、痩せるし、オススメです!

40代男性 ダイエットは娘と一緒に。

運動には腰が重い私ですが、娘と一緒にダイエットを頑張ることにしました。
夜に一緒にジョギングをし、二人とも、夕食は炭水化物を控えるという約束をしました。
(私はビールの本数まで制限されました・・・)
娘と一緒ということで、父親として背中を見せなければとモチベーションも上がりましたし、走っている間は娘と会話ができて、楽しく運動できました。
自分一人で走るなんて無理ですが、このような工夫でダイエットは続けられるものなのだなと新たな発見でした。

40代女性 ランチは部下の女性社員と一緒に!

これまで何度もダイエットしていますが、忙しさにかまけて続いた試しがありません。
そこで、一発奮起した私がとった方法は、ランチは部下の女性社員と一緒にとるというものです。
若い子たちはとにかく「ダイエット、ダイエット」と頑張っているので、私もサボれなくなりますし、刺激を受けます。
刺激を受けると、頑張るのもストレスにならないみたいで、この方法を続けたら5キロ痩せました。

まとめ

ダイエットを成功させるには、何よりもモチベーションの維持が重要です。
まず、モチベーションが下がってしまう原因は意志の弱さだけではないので、原因を理解して対処していきましょう。
また、日常のちょっとした工夫や考え方でダイエットのモチベーションを保つ方法はたくさんあります。
ダイエットはなにより、継続が一番大事なので、自分のモチベーションをマネジメントして、ダイエットを成功させましょう。