読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

徹底解説!断食(ファスティング)はダイエットに良い?驚きの効果!

f:id:rerereflow:20160218194406j:plain

ここ最近、話題になっている美容方法のひとつに「断食(ファスティング)」があります。

ハリウッドセレブ達がライフスタイルの一環として取り入れているということで注目を浴び、専用のドリンクが販売されたりと、とても盛り上がりを見せていますよね。
断食(ファスティング)は、細胞の活性化や腸内環境改善など、美容・健康にプラスの効果もたくさんあるとのことですが、やはり「食事を抜く」というのはハードルが高いという方も多いのではないでしょうか。
そして、ダイエットには本当に良い物なのか気になるという方も多いと思います。
そこで今回は、断食(ファスティング)はダイエットに良いのかを、具体的な効果から検証し、実際に断食(ファスティング)を行う方法や口コミもご紹介したいと思います。
「断食(ファスティング)にチャレンジしたいけれど、少し不安」という方は是非、チェックしてくださいね。

断食(ファスティング)とは

断食(ファスティング)は体に悪いもの?

「断食(ファスティング)=体に悪い」というイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
ファスティングは、確かに一定期間、食事を摂らずに過ごしますが、それは「ただ闇雲にカロリー制限をして体を痩せさせる」というものではありません。

断食(ファスティング)の本当の目的は?

まず、何よりも理解しておきたいことは、先述の通り、断食(ファスティング)は、ただ一時的に摂取カロリーを落として、無理やり体重を減らすものではないということです。
断食(ファスティング)は、一時的に食事をとらないことで、日常的に酷使している内臓を休ませ、代謝のアップや食欲の適正化など、体にとってプラスとなる様々な恩恵を受けることができます。
それをいかして体の健康状態を取り戻すことが本来の断食(ファスティング)の目的です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

断食(ファスティング)の方法は?

ひとくちに「断食(ファスティング)」と言っても、実は様々な方式があり、断食期間や、断食期間中に摂取可能なものは、方式によって色々とあります。
その中でも、現在、最も一般的に広まっているのは、3日ほど食事を摂らず、水とともに、野菜や果物などを発酵させて作った「酵素ドリンク」で栄養補給とするというものです。

 

断食(ファスティング)の効果とダイエットの関係

f:id:rerereflow:20160120031552j:plain

それでは、断食(ファスティング)の効果とダイエットの関係について詳しく解説していきます。

断食(ファスティング)の主な効果・ダイエットとの関係

代謝酵素の活性化

断食(ファスティング)を行うことで、代謝酵素の活性化の効果が期待できます。
「代謝酵素」という言葉は、普段から耳にすることはあまりないものですが、ダイエットにおいては非常に重要なものです。
私達の体の中では、

  • 代謝酵素
  • 消化酵素

の2つの酵素が働いており、このうち、代謝酵素とは、細胞の修正やホメオスタシス(体温や血圧)の維持などの働きを持つ酵素です。

一方の「消化酵素」は、食べたものの消化吸収のプロセスで働きます。
しかし、食事量が増えて、消化する量が増えると、消化酵素がたくさん必要になり、代謝酵素が消化酵素として消化活動に使われてしまいます。
そこで、一時的に断食(ファスティング)をする事で、消化酵素を余計に使うことをなくし、代謝酵素を活性化出来るようになります。
これにより、体の細胞が活性化され、エネルギーを使いやすい体の状態を取り戻すことが出来るようになるのです。

味覚・食欲の適正化

断食(ファスティング)の効果の中でも、注目を浴びているものに「味覚・食欲の適正化」があります。
断食(ファスティング)によって、一時的に食べ物が体内に入らなくなると、感覚が敏感になり、食べ物の味がはっきりと分かるようになります。
これにより、今まで普通に食べていたものの、味付けの濃さ、塩分の高さなどを感じ取ることが出来るようになります。
また、食事の満足度も感じやすくなるため、過剰になっていた食欲も適正に戻る効果が期待出来ます。
このように、断食(ファスティング)によって、味覚・食欲が適正化されれば、無理をすることなく、ダイエットのための食事のコントロールが出来るようになります。

お便秘・腸内環境の改善

断食(ファスティング)には、ダイエットに欠かせない、便秘・腸内環境の改善の効果も期待できます。
そのメカニズムですが、私達の腸内には、

  • 善玉菌
  • 悪玉菌

が共存共栄しています。

便秘は、悪玉菌が優勢になると起こりますが、断食(ファスティング)を行うと、腸内で腐敗する材料である食べ物が入ってこないため、悪玉菌の栄養素がなくなります。
すると善玉菌が優勢になり、腸が本来の機能を取り戻し、便秘・腸内環境の改善に繋がるのです。
便秘や腸内環境が改善されると、むくみやポッコリお腹の解消に繋がるだけでなく、食事からとった栄養がエネルギーとして代謝されやすい状態で体を巡るようになり、エネルギー消費の活発な体の状態をつくることが出来ます。

血行促進

断食(ファスティング)にはダイエットから健康まで、体にとってあらゆる面で重要な血行促進の効果も期待できます。
血行不良の原因には様々なものがありますが、食事からの脂肪のとり過ぎや、栄養の偏りは、血中のコレステロールを増やし、血液の流れを悪くする元凶のようなものです。
断食(ファスティング)を行うことで、このような不要物を血液中から取り除くことができるため、その結果、血行が促進されます。
血行が促進されると、体の中では、食事から摂った栄養素が体の隅々まで行き渡るようになる他、

  • 体温の低下防止
  • 代謝アップ

など、ダイエットにおいてプラスとなる事がたくさん起きるようになります。

免疫力の向上

断食(ファスティング)は免疫力向上の効果も期待出来ます。
これは、断食(ファスティング)を行うと、体の細胞が活性化されるためで、よく、「断食(ファスティング)をすると体内が若返る」とも言われます。
免疫力が高まれば、いつでも元気な体を維持出来ます。
ダイエットを成功させるには、日常的にアクティブに活動でき、運動も積極的に行える健康な体が必要です。
つまり、断食(ファスティング)によって体の免疫力が高まり、常に健康を維持出来れば、ダイエットチャンスが増えるという事になります。

上記のように、断食(ファスティング)は、ただ食事を抜いて、無理やり体重を落とすものではなく、内臓を休ませる事によって、ダイエットにプラスとなる様々な効果を得ることが出来るとわかりました。
断食(ファスティング)そのものは、本来、ダイエットが目的のものではありませんが、ご自身のダイエットにうまく取り入れてみてください。

断食(ファスティング)とダイエットに関するQ&A

f:id:rerereflow:20160218202310j:plain

それでは、断食(ファスティング)とダイエットに関するQ&Aをご紹介します。
疑問を解消して、しっかりと理解を深めましょう。

断食(ファスティング)はどのぐらい痩せる?

断食(ファスティング)の結果は、個々の体格や体の状態によって個人差はありますが、平均すれば3日間で、3~5kgだと言われています。
ただし、断食(ファスティング)は一時的なダイエットではなく、体のリセットになり、痩せやすい体質をつくっていくことが出来るので、定期的に行えば、その後も体重の減少は期待できます。

断食(ファスティング)はリバウンドしないの?

断食(ファスティング)によって得られる効果のひとつに「味覚・食欲の適正化」があります。
これにより、味の濃い食事や多が多すぎる食事は体が受け付けなくなるため、リバウンドしないという方が多いようです。

ただの食事制限と何が違うの?

断食(ファスティング)とただの食事制限の違いは、

  • 酵素ドリンクによって必要な栄養をとること
  • 準備期間、復食期間を設けること
  • 一時的な無理な減量ではなく、体質改善を目的としていること

です。

食事をとらない、という点では同じかもしれませんが、そもそもの目的が大きく違いますし、ただの食事制限は体に無理をさせるものですが、断食(ファスティング)は体を健康にしていくものだと言えます。

酵素ドリンクとして女性に大人気のスムージーの効果についてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

 

断食(ファスティング)でお腹はへこむ?

体の脂肪は、つく時は全体につき、落ちる時も全体的に落ちるという性質があるため、断食(ファスティング)によって特定の部位の部分痩せをしたり、ボディメイクを行うことは難しいですが、お腹の脂肪を減らすということは不可能ではありません。
集中してお腹をへこませたいという方は、断食(ファスティング)によって、脂肪燃焼しやすい体質を維持し、断食(ファスティング)期間以外で運動を組み合わせていくとベストでしょう。

ハードな運動をしている人はやってはダメ?

断食(ファスティング)中に、ハードな運動を行うのは避けるべきものですが、普段からハードな運動をしている方や、ダイエットのために筋トレなどをしている方でも断食(ファスティング)を行うことは可能です。
有名な所では、メジャーリーガーのダルビッシュ選手が断食(ファスティング)を取り入れているそうです。
一時的に断食(ファスティング)を行うことで、体を休める事が出来るほか、次の食事の栄養も取り込みやすくなるそうです。
このように、タイミングに注意すれば、ハードな運動をしている方でも、断食(ファスティング)を行うことは可能です。

断食(ファスティング)でダイエットをしている有名人はいる?

断食(ファスティング)でダイエットに成功したり、健康と美容のために、断食(ファスティング)を定期的に行っている有名人はたくさんいるようです。
その成功事例をご紹介します。

小雪さん(女優)

年齢を全く感じさせない、美貌の持ち主である小雪さん。
陶器のような白い肌と、いつまでもスリムな身体の秘訣は断食(ファスティング)なのでしょうか。

蛯原友里さん(モデル)

若い女性から絶大な支持を得る蛯原友里さん。
酵素ドリンクを使用した断食(ファスティング)をしていると、テレビでお話されて話題になりました。

EXILE ATSUSHIさん(ダンサー・歌手)

キレのある体のEXILE ATSUSHIさんも、なんと断食(ファスティング)を取り入れているそうです。
あのムダな脂肪のない体も、断食(ファスティング)が支えているんですね。

小池栄子さん(女優)

女性が憧れる、メリハリボディの小池栄子さん。
なんと、酵素ドリンクで栄養を補えば、脂肪を落としてもバストは保てるのだとか。

小倉優子さん(タレント)

小倉優子さんも断食(ファスティング)をしていると、自身のブログにて公表されていました。

それによると、2日間のファスティングでなんと1.5キロも体重が減ったそうです。
スタイルは勿論ですが、あの美肌も断食(ファスティング)が役に立っているのかもしれませんね。

断食(ファスティング)の方法

f:id:rerereflow:20160215173252j:plain

断食(ファスティング)にはダイエットに良い効果がたくさんあるということがわかりました。
その効果をいかして、ダイエットを成功させるためにも、断食(ファスティング)の正しい方法をしっかりと理解しましょう。

断食(ファスティング)の方法

断食(ファスティング)は、ただ1日断食するのではなく、

  • 準備期間
  • 断食(ファスティング)期間
  • 復食期間

という3つの期間があります。

この期間のそれぞれのルールを守ることが重要です。

(1)準備期間

何の前触れもなく、急に断食をして食事が全く入ってこないと、体はビックリしてしまい、負担が大きくなりかます。
そのために、まずは「準備期」を設け、体を慣れさせます。
基本的には、ファスティングを行う日数と同じくらいの準備期間を設けましょう。
この準備期間は、普段より食べる量を少なくします。
バランスの良い食事を腹6~8分目を目安にとるようにしましょう。

(2)断食(ファスティング)期間

断食(ファスティング)の本番です。
この期間は、水、もしくは断食(ファスティング)用の酵素ドリンクだけで過ごします。
日数は、基本的に1日から3日です。
3日以上のファスティングを行う場合は、プロのもとで行わなければ、危険を伴うので、注意しましょう。

(3)復食期間

断食(ファスティング)を行った後は急に通常の食事に戻さず、徐々に体を慣れさせていきます。
準備期間と同様に、ファスティングを行った日数と同程度の日数をかけて、徐々に通常食に戻していきます。
復食期間は、まずは具の入っていない味噌汁、水分を多めにしたお粥などの完全流動食からスタートし、その後、徐々に固形物を食べるようにします。

断食(ファスティング)を行う上での注意点

f:id:rerereflow:20160218204144j:plain

断食(ファスティング)は正しい方法で行わなければ体調を崩したり、体のトラブルにつながる危険性があります。
専門家のもとで行うことがベストですが、そうでない場合、断食(ファスティング)を行う上での注意点をしっかりと理解して、守るようにしてください。

体調不良の時には行わない

風邪のひき始めなどに断食(ファスティング)を行うのは、症状を悪化させる原因となるので厳禁です。
体調が万全に回復してから行うようにしましょう。

激しい運動と一緒に行わない

断食(ファスティング)中は、普段よりも体力が落ちている状態です。
そのため、激しい運動と一緒に行わないようにしてください。
特に、筋トレのように体に大きな負担をかけるものはNGです。
どうしても体を動かしたい場合は、軽い有酸素運動やストレッチなどにとどめておきましょう。

準備期間と復食期間を必ず設ける

断食(ファスティング)前後の、準備期間と復食期間は必ず設けるようにしましょう。
このステップを飛ばしてしまうと、体には大きな負担がかかり、断食(ファスティング)が失敗に終わるだけでなく、マイナスの影響すら受けてしまいます。

頻度や期間を守る

早く痩せたいからといって、断食(ファスティング)をあまりに頻繁に行わないようにしましょう。
頻度が高すぎると、体への負担が大きくなりますし、エネルギー不足の状態が続くと、体の防衛本能が働き、逆に栄養素を溜め込もうとしてしまいます。
頻度の目安は一ヶ月に一度で、期間は先述の通り、1~3日(断食の期間)を守るようにしましょう。

断食(ファスティング)に必須!酵素ドリンクについて

断食(ファスティング)中は、水とともに「酵素ドリンク」という飲み物を飲みます。
この、酵素ドリンクも、「断食(ファスティング)」の成功において重要なものなので、正しく理解おきましょう。

酵素ドリンクとは?

断食(ファスティング)で使用する「酵素ドリンク」とは、野菜や果物などを発酵させて作ったジュースのようなものです。
断食(ファスティング)中は食事から栄養を摂ることが出来なくなるので、この酵素ドリンクで必要な栄養素を補給します。

断食(ファスティング)で使える、酵素たっぷり・ハリウッド発コールドプレスジュースについてはこちらで詳しく解説しています。

 

yaserulincoln.hatenablog.com

酵素ドリンクならどれだけ飲んでも良い?

酵素ドリンクにもカロリーはあり、糖質も入っているものがほとんどのため、いくら栄養補給のためといっても、飲み放題というわけではありません。
飲み過ぎれば、当然、太る原因になるので、注意しましょう。

断食(ファスティング)をした方の口コミ

f:id:rerereflow:20151210164950j:plain

それでは実際に、断食(ファスティング)でダイエットをした方の口コミをご紹介致します。

断食(ファスティング)の効果ありの口コミ

・20代女性 何をやっても動かなかった体重に変化が!
転職して、容姿が重要な仕事に就いたので、半年ぐらい前から本格的にダイエットを始めました。
はじめは順調に体重が落ちたのですが、停滞期のせいか、ある時期からピタリと止まってしまい、何をしても変わらない状態が続きました。
そこで、ダイエットの情報誌を読んでいたところ、ファスティングでダイエットに成功した人がたくさんいると知って、チャレンジした所、しばらく何をやっても動かなかった体重が急にストンと落ちました!
「ただ食べなかったから、すぐ戻るのでは?」と不安になりましたが、復食期をしっかり守ったせいか、リバウンドはしませんでした。

・30代男性 妻に付き合ってチャレンジしたら、見事に痩せました。
妻が、「モデルがやってるから」と、ファスティングをやると言い出し、私も興味本位で付き合う事に。
「空腹が辛くなったらやめよう」ぐらいに軽い気持ちで始めたのですが、神経が研ぎ澄まされる感じで、仕事への集中力が上がったので、これはいいと思い、途中で挫折する事なく終了。
結果は、体重が1kg程減り、明らかに顔が一回り小さくなりました。
何だか、自分から毒素が抜けた感じです。
妻は、肌がキレイになったようで、大喜びのようです。
体調も良いので、しばらくは継続する予定です。

・30代女性 ファスティングで、自分をリセット。
激務で体調を崩したのを機に、有休を使って長期休暇をとる事にしました。
仕事優先でほったらかしにしていた体は、「何か溜まっている!」という感じでした。
「デトックスしたい!!」と無性に思ったので、ずっと気になっていたファスティングツアーに参加。
その結果、体重が大幅に落ちたというわけではないのですが、明らかに、自分の体の中でデトックスが行われている感じがしました。
何より驚いたのは、食欲が落ち着いたことで、食事の量が自然と減りました。
そのおかげで、今は順調に体重が減っています。

・40代男性 人生ではじめてダイエットに成功しました。

今まで、ろくにダイエットに成功したことがなかったのですが、健康診断の結果もよくなく、本気でダイエットをしようと決意。
色々な方法があって迷ったのですが、運動する時間もないので、妻からすすめられた断食を実行しました。
「食事を抜く」なんて考えられなかったのですが、一食抜いたあたりから、体が少しラクになっていく感じがして、その後は耐え切ることが出来ました。
結果は、たった一回で見た感じが一回りスッキリしたと言われ、大成功。
パンパンだった顔も、シュッとして、少しですが自分に自信がつきました。

断食(ファスティング)の効果なし口コミ

・20代男性 空腹に勝てませんでした。

メンズモデルの人がやっていると聞いて、真似しようと思ったのですが、一食抜いたのが限界でした。
空腹過ぎて、仕事が手につきません。
成功した方たちってどうやって乗り切ったのか知りたいです。

・20代女性 スケジュール調整が難しいです。

自分自身、やろうと決意しても、仕事の付き合いもあるし、プライベートの付き合いもあって実行できませんでした。
でも、友人でファスティングですごく痩せた人がいるので、絶対にやりたいと思っています。
連休見つけて頑張ります!

・30代男性 これはキツイ・・・。

やっている途中、ボーっとしてしまって、仕事が手につきませんでした。
一食ぐらいであれば抜けるのですが、1日となってくるとハードル上がりますね。

・40代女性 終わった瞬間、食べ過ぎました。

断食は出来たのですが、そのあとの復食がうまくできませんでした。
極限にお腹が空いた状態で、コンビニに入ったのが失敗要因です・・・。

断食(ファスティング)はダイエットに良いのか?まとめ

断食(ファスティング)は、ただ一時的に摂取カロリーを落として、無理やり体重を減らすものではありません。
断食(ファスティング)は、一時的に食事をとらないことで、日常的に酷使している内臓を休ませ、代謝のアップや食欲の適正化など、体にとってプラスとなる様々な恩恵を受けることができます。
その、断食(ファスティング)によって得る体への恩恵はダイエットに役立つものがたくさんあるため、正しい方法で断食(ファスティング)を行うことはダイエットに良いと言えます。
ただし、間違った方法や無理な方法では健康を害すこともあるので注意が必要です。