読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

アロエベラジュースダイエットの効果とやり方を徹底解説!

飲み物ダイエット

f:id:rerereflow:20160925074240j:plain

皆さんは「アロエベラ」という植物をご存じでしょうか?実は、このあまり聞き慣れない植物を使った、アロエベラジュースというドリンクを飲むだけで、ダイエット効果があるとしてその人気に火がついています。

そこで今回はこのアロエベラジュースダイエットについて、詳しく説明していきたいと思います。

アロエベラジュースとダイエットとの関係とは?

これから説明していくこのアロエベラジュースダイエットとは、アロエベラを使ったジュースを飲むことで、その栄養分の効果でダイエットをする、「付け足し」によるダイエット方法のことです。

しかし、まずはあまり知名度のないアロエベラがどんな植物でどんな栄養素があるのかなど多くの疑問点が出てくるので、まずはそんな疑問点を1つ1つ解決させていきましょう。

アロエベラとはそもそもどういう植物なの?

アロエベラという名前から、アロエの一種でしょ?と考えた方は正解です。

北アフリカが原産と言われていて、その名前にある「ベラ」とは「真の」や、「本物の」という意味を持つイタリア語。

はるか昔、紀元前から薬用に食用に使われていたこのアロエベラが、すべてのアロエの原種、もしくは本来の姿であることを示しています。

日本国内で目にする、皆さんも良くご存じのアロエは、主に観賞用などとして育てられている「キダチアロエ」と呼ばれる品種ですが、実はアロエの種類は300以上、そのなかで食用としてもっとも多く市場に出回っているのが、このアロエベラです。

日本国内でアロエ入りヨーグルトや、シロップに浸けられて販売されているもののほぼ100%がこのアロエベラで、食品界でアロエといえばアロエベラの事と考えて間違いありません。

ということは、我々はいつもこのアロエベラをアロエとして食べていたわけで、その正式名称を知らなかっただけ、本当はいつも身近で接していたのです。

ただ、キダチアロエに代表される一般的な観賞用アロエとは、少しその姿や特徴が違います。
乾燥地帯でも育つというアロエの特徴は同じですが、キダチアロエのような長い茎はなくその葉は肉厚で苦味が少ないので、食用に向いていています。

また、ほっておいてもスクスクと大きく育ち、1mを越える高さに成長することもざらです。

2016年現在、他のアロエ種がほとんどワシントン条約で輸出入が制限されているなか、このアロエベラは適応外。

優れた繁殖能力から栽培が簡単なのがその理由ですが、世界中に普及している食用アロエが、このアロエベラという独立した品種だということを知っている方は少ないようです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

アロエベラジュースとはどんな飲み物なの?

前の項の説明でもわかる通り、国内でアロエジュースとして販売されているものは、実はそのすべてがアロエベラジュースです。

ただし今回ダイエットに使うのは、アロエベラジュースのなかでも、添加物のあまり入っていない、アロエベラの外皮を剥いだ「アロエベラゲル」を大量に使用したものです。

アロエベラの持つ栄養素とは?そのカロリーは?

アロエベラを大量に使用したジュースの場合は、アロエベラが持つ栄養を漏らすことなく含んでいます。

そこでここでは、原料であるアロエベラが持っている栄養素と、カロリーについて説明していきます。

アロエベラには200種類を越えるものすごい数の栄養素が含まれていて、そのすべてをご紹介することはできませんが、なかでもダイエットの効果的なものをいくつか挙げると、

  • アロエマンナン
  • アルボラン
  • サポニン

など、食物繊維はともかく、少し耳慣れない栄養素も多く含んでいます。

また、一般的に日本で販売されているアロエベラジュースのカロリーは100g辺り約21kcal(FLPが販売するアロエベラジュースの記載による)と、現在国内で広く販売されている野菜ジュースと同等、もしくは低い値。
ですので「付け足し」としてアロエベラジュースをダイエットに使っても、カロリー面で気を使う必要はないようです。

アロエベラをダイエットや美容に取り入れた芸能人はいるの?

日本ではあまり馴染みの薄いアロエベラを用いたダイエットですが、ダイエット効果だけでなく美容にもいいという評判から、海外のセレブたちに広まって、その評判は国内の有名人、芸能人の間でも愛用者が増えているようです。

その中には、

  • シンガーソングライターの森山良子さん
  • 歌手で俳優の加山雄三さん

などがおられて、特に加山雄三さんはご夫婦でアロエベラジュースを愛飲されているのだそう。

70歳を優に越える加山さんの若々しさは、このアロエベラジュースの効果のかもしれませんね。

また、スタイルや美を強く意識する、宝塚歌劇団のタカラジェンヌの間でも、一時期アロエベラジュースが流行っていたそうで、「アロエベラジュース今日も飲んだ?」が挨拶がわりになった程だとか。


以上、アロエベラとダイエットがどのように関わってくるのかについて、いくつか疑問に答えてみました。

アロエベラジュースダイエットの効果とは

f:id:rerereflow:20160906101146j:plain

アロエベラ、及びアロエベラジュースがダイエットに関わってくるのは良くわかりましたが、いまいち聞き慣れないその栄養素には具体的にはどんなダイエット効果があるのでしょうか。

ここからは、そのダイエット効果について詳しく触れていきましょう。

お腹持ち満点で便秘解消効果も!

アロエベラジュースが持っているダイエット効果の中で一番わかりやすく、実感しやすいのが、そのお腹持ちの良さでしょう。
アロエベラには「アロエマンナン」と呼ばれる多糖体が入っていて、これがお腹の中で水分に溶けてゲル状になると消化されないまま胃に留まり、長い間お腹持ちを保ってくれます。
また、アロエマンナンはアロエベラのネバネバとしたぬめり成分のひとつで、腸にある便のすべりを良くするいわば「水溶性食物繊維」の1つでもあるので、合わせて便秘の解消効果も見込めます。

血糖値の急上昇をストップしてくれる!

食事をすると上がってしまう血糖値、実はこの血糖値の上下が人の食欲に大きく関わっていることが分かっています。
人が「お腹が空いた」と感じるのは、体の中にそのエネルギー源である糖や脂質が足りなくなったときです。
単純にそれらが足りなくなったときの空腹感は、生命の維持のために大切な感覚。
ですが、実は急に食事で上がった血糖値が、それによりたくさん出た「インスリン」の効果でこれまた急に下がると、これを脳が「エネルギー源が足りなくなった」と勘違いしてしまうのです。
さっき食べたばかりなのに、なぜかすぐお腹が空くのはこの勘違いが原因、これによって食べ過ぎによるカロリーの摂りすぎ、ついには肥満に繋がってしまうのです。
アロエベラに含まれている「アルボラン」にはインスリンをコントロールする効果があって、その血糖値を下げる効能は激しいものではありませんが、その効果が長く続くのが特徴。
ですので、食事の後長時間血糖値を緩やかに上げたり、反対にゆっくりと下げることができ、「食べ過ぎ」の原因脳の勘違いを防ぐことできるのです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コレステロールを減らして代謝をアップしてくれる!

ダイエットをするときに、最も多くの方が気にするポイントは「カロリーの消費」ですよね?
そのために食事でカロリーを抑えたり、有酸素運動を取り入れて何とかカロリーを消費しようと努力します。
ただ、食事で摂ったカロリーの消費のほとんど、実に7割以上は「基礎代謝」といわれる人が生きていく上で自動的に体がやっている動きでのカロリー消費です。
しかしさまざまな理由でこの基礎代謝が下がると、いくらカロリーを制限したり、運動をしても満足するダイエット効果が出ないこともしばしば。
基礎代謝が下がってしまうのには、いくつか理由があり、その中には、血の中に悪玉コレステロールが溜まってドロドロになって、血の流れが悪くなることが大きな原因の1つとして知られています。
血の流れが悪くなると代謝が下がるのは、体中にきちんと酸素や栄養を送れない事で、いうなれば「原料不足」が起きて、筋肉細胞や内臓細胞の動きが悪くなる事がまず第一に考えられます。
更には、そもそも細い末端の血の流れが真っ先に悪くなるので、その部分の体温が下がりますが、体温が1度下がると代謝は15%も下がってしまう事が分かっています。
この悪玉コレステロールを何とかしたい、そんなときは血中の「中性脂肪」の濃度を低くする必要が出てきます。
というのも、この中性脂肪元々は人にとってエネルギー源として使われる重要な成分。
ですが、食べ過ぎや肥満でこれが増えすぎると、この代謝が下がる原因の悪玉コレステロールが増え、反対に体の組織を作る善玉コレステロールが増えてしまうメカニズムがあるのです。
アロエベラに含まれるサポニンは、この中性脂肪を分解して減らす効果があり結果、悪玉コレステロールが増えるのを未然に防いで、血をサラサラな状態に保ってくれるのです。
また、サポニンは併せて毛細血管を柔らかくして拡げる効果まで持っているので、血流をより良くして代謝を強くサポートしてくれます。

高血圧症を防いでくれる

血圧が高い状態が続くと、偏頭痛や動機息切れなど、色々な面で健康に障害が起きますが、もっとも怖いのは脳卒中や心臓病など命に関わる怖い病気の引き金になることです。
そもそもダイエット自体が、この高血圧症の予防に良いとされていますが、アロエベラジュースには、高血圧の原因である血をドロドロにしてしまう悪玉コレステロールを減らす、サポニンが含まれていることを上記で説明済みです。
さらに、便秘の解消に役立つと紹介したアロエマンナンには、なんと血管を柔らかくする効果もあって、これにより心臓病や脳卒中の原因である「血栓」ができにくくなるのです。
つまり、アロエベラジュースダイエットをすると、アロエマンナンとサポニンによる効果でダイエットだけでなく、予備軍を含めると、日本人の約2000万人がその対象と言われている「高血圧症」を予防して、怖い病気から守ってくれる「ヘルスケア効果」も期待できるのです。

 

以上、アロエベラジュースが持つ栄養素が、どのようにダイエット効果を示すのか細かく説明しました。

アロエベラジュースダイエットのやり方・方法

f:id:rerereflow:20160925074512j:plain

前項までで、その効果のほどはわかっていただけたでしょう。

では、このアロエベラジュースダイエットの正しいやり方とはどのようなものなのか、ここからは説明していきます。

食事前に「おちょこ一杯」

アロエベラジュースの効果を十分に引き出すには空腹時、つまり食事の前に飲むのがもっとも効果的です。
お腹持ちの良さから食事の量を抑えられますし、血糖値の急上昇を防ぐ効果は、食事前にアロエベラジュースを事でその力を一番発揮します。
1度に飲む量は、アロエベラゲルの純度の高いものなら、おちょこ1杯約20cc程度とそれほど多くなくてかまいません。
食事の間の空腹時に、間食を減らすため補助的に飲む量まで含めて、大体100ccを1日に飲む目安としてください。

飲みやすくするため他の飲料で割ってもOK

純度の高いアロエベラジュースであればあるほど効果的ですが、若干青臭いところもあるので原液を飲むのはちょっとつらい、という方は炭酸水やミネラルウォーターで割って飲んでも、その効果がなくなるわけではないので一向に問題ありません。
ただし、いくら飲みやすくなるといっても、糖分を多く含んだ清涼飲料や砂糖などを多く加えると、カロリーオーバーになってしまうので、当然ながら気をつける必要があります。

食事前や間食代わりにただ飲むだけの、「付け足し」ダイエット法なので、至って単純簡単に始められますが、その分使うアロエベラジュースをきちんと選ばなければ逆効果になってしまうことも。
市販されているアロエベラジュースには、もちろん無添加の商品もありますが、風味を調整するためのクエン酸や、ビタミンC更には砂糖や水あめを加えて甘く味付けしたもの、中には防腐剤等が添加されたものもありますので、毎日アロエベラジュースを付け足すこのダイエットに使う商品は、しっかりと吟味する必要があるといえます。

手作りアロエベラジュースのすすめ

f:id:rerereflow:20160925090631j:plain

さて、しっかりと商品選びをしたならば、市販されているアロエベラジュースを飲んでも、ここまで紹介してきたダイエット効果を得ることはできます。

しかし、前の項の最後に説明したように、商品によっては多くの添加物が含まれていたり、海外所品中には見分けることが難しい、「農薬」の使用について疑いを持ってしまう商品もないわけではありません。

そこでここからは、無農薬でアロエベラを自分で育て、しかもそれをご自宅で無添加100%ジュースにするという、「究極のアロエベラダイエット方法」について述べてみようと思います。

アロエベラの栽培方法とは?

一昔前は国産アロエのキダチアロエしか見かけませんでしたが、最近ではホームセンターなどでも自宅栽培用のアロエベラも購入できるようになってきました。

キダチアロエに比べると、若干寒さに弱い点だけを気を付ければ、ほとんど肥料なども必要なく、害虫にも強いので実は無農薬で誰でも簡単に育てることができます。

苗の状態、もしくは挿し木をするスタイルで売られていますが、冒頭で紹介した1m越えをするようなことは、プランターや鉢で育てる場合は、根が成長しきれないのでまずありません。

ですが、なにも考えずにお庭などに植えてしまうと、あっという間に成長して想像以上の大きさになってしまうこともあるので、それが唯一注意点と言えるかもしれません。

また、多年草なので冬場は色が茶色になって枯れたような姿になりますが、春になればまた緑の元気な姿を取り戻すので、数年に渡って収穫することができます。

アロエベラジュースの作り方

こちらについても難しく考える必要はほとんどありません。

アロエベラの外皮を丁寧に剥いたあとミキサーにかければよいだけですから、それこそ誰にでも簡単に作れます。

しかも、全くの無添加無農薬だから何の心配も無く、濃いアロエベラゲルの成分をたくさん、毎日安心して飲み続けることができます。
ただ、キダチアロエに比べれば苦味や青臭さは薄いとはいえ、その独特な風味が苦手な方もいると思うので、ここで美味しくしかもダイエット効果満点のアレンジアロエベラドリンクをいくつか紹介します。

アロエベラとキウイのダイエットジュース

材料(2杯分)

牛乳 150cc
手作りアロエベラジュース 30cc
キウイ 60g
ハチミツ 大さじ2
レモン汁 適量

ポイント

ミキサーに適当にきったアロエベラとキウイ、他の材料を入れて混ぜるだけ、冷たくしたいときは氷を加えましょう。
甘酸っぱくて飲みやすい健康ドリンクで、キウイの持つ優れたダイエット効果までプラスされます。
ハチミツの量にさえ気をつければカロリーは大丈夫ですが、気になる方はハチミツ抜きでも十分美味しく、特に朝食のパンのお供にぴったりです。

アロエベラカクテル

材料

赤ワイン 150cc
手作りアロエベラジュース 30cc
ハチミツ 小さじ1

ポイント

赤ワインにハチミツを溶かし、自家製アロエベラジュースを入れてステアすれば、誰にでも作れるこの簡単カクテル。
赤ワインにはポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用等が見込めて美容にもダイエットにも効果的です。
アルコール度数も抑えられ、アロエベラの臭いも消えてとても飲みやすいカクテルに仕上がります。
食前酒でもいいですが、デザートカクテルとして食後のひと時に飲むのにもぴったりです。

以上、手作りアロエベラジュースだからこそできる、おすすめのアレンジドリンクを2つ紹介しました。

アロエベラジュースダイエットの注意点

市販品でもオリジナルでも、アロエベラジュ-スがダイエットに効果的なことは分かりましたが、アロエベラダイエットをするに当たっては数点後注意いただきたいことがありますので、ここで触れておきましょう。

続けないと効果が出にくい

ここで紹介したアロエベラジュースでのダイエットは、高カロリー食材と置き換えをして、大幅なカロリーカットをするダイエット法ではなく、あくまで食事の前に1杯のアロエベラジュースを飲むことで、その優れた栄養を利用してダイエットの手助けをする、いわばサポート的なダイエット法。
そのため、極端な食事制限や、ハードな運動等を合わせて行いでもしない限り、短期間で急激に減量できる方法ではありません。
ですので、長く続けていかないことには結果に繋がりにくく、それにくじけてこのダイエットを止めてしまうケースが少なくありません。
上記で紹介したようなアレンジ等も取り入れながら、長く飲み続けていれば、徐々に体重も減り、しかもリバウンドしにくい体を手にすることもできるので、強い意思を持つ必要があります。

お腹をくだしてしまう可能性

アロエベラジュースの優れた便秘解消能力は、裏を返すと便をゆるくさせて下痢に似た症状を見せることが稀にですがあります。
そのほとんどが、「アロエベラジュースダイエットやり方」の項で説明した、1日の目安量を大きくオーバーしてしまったときに起こります。
多くの場合、アロエベラジュースを適切な量に戻せば次第に治ってきますが、症状がひかず悪化する場合は、アロエベラが体質に合わなかった可能性も否定できませんのですぐに通院し、アロエベラジュースを使ったダイエットは見送ったほうが良いこともあります。

以上、この2点には注意して、このアロエベラダイエットに取り組んでください。

アロエベラジュースダイエットの口コミ

f:id:rerereflow:20151210164950j:plain

最後にアロエベラジュースダイエットについての口コミをまとめてみましたので、是非参考にして下さい。

【成功例】

・30代男性 間食なんていらなくなった!

体質改善によいと聞いたので、ダイエットもかねてアロエベラジュースを朝食前に飲みはじめました。
一番初めに感じたのは、案外お腹に溜まるのだなあ、ということ、結構ガッツリ朝ごはんを食べるほうでしたが、飲み始めてからは少し軽めになった気がしました。
なんだか効きそうな気がしたので、回数を毎食後とに増やすと、大好きなポテトチップスを買ってもなかなか食べない。
なんだかいわゆる小腹が減らなくなって、お菓子止められました。
結果ですか?今のところ5ヶ月が経ちましたが、緩やかに3kgぐらい減りました、それよりなんだか体調が良くなったほうがとてもうれしいです。

・40代女性 お通じが抜群に良くなった!

便秘に長年悩まされ、ひどいときには下剤のお世話になることも・・・慢性的な便秘は食生活を改善するしかない!いろいろと調べた結果、アロエベラにすごい便秘改善効果があると知りました。
アロエベラって通販で皮を向いて寒天みたくなっているのも売ってるんですね!私はそれを買って家でミキサーにかけてジュースにして飲み始めました。
すると数日経った頃からお腹に変化が、ちょっと汚いかもしれませんが、もりもりとお通じが。
これはすごいと飲み続けること4ヶ月、ポッコリお腹も引っ込んで5kgのダイエットにもなりました。
しかも、肌がきれいになったみたいでファンでの色、1ランク明るく変えちゃいました。

・30代女性 アロエベラは女性の味方です

薬ではないので、飲んで劇的に変わる!というわけではありませんが、アロエベラジュース良いと思いますよ。
味は私は嫌いではないので、朝一番とお風呂上りに水で割って飲んでます。
原液でも私はいけますが、私が使っている商品は通販で購入したもので安くないので、「かさ増し」しちゃってます。
もとはダイエットのために初めて半年ほどで7kgぐらいかな、痩せましたが、今のところ全くリバウンドの気配はありません。
ダイエットが終わった後も続けていますが、相変わらずお通じと肌の調子はいいですよ!なんだかホームセンターで苗が売っていて、自分で育ててる方もいるみたいなので、今度私も挑戦しようかな?通販高いし。

【失敗例】

・50代女性 苦い、我慢したけどもう無理です

最近体型が気になっていたところ、友人にアロエベラエキス満点との触れ込みの商品を勧められて、ダイエットになればと購入、飲み始めました。
これがとにかく苦くて、でもダイエットと健康にはこれぐらいつき物だと必死に我慢して飲み続けました。
でも、1ヶ月経ちましたが全く痩せません。
「便秘改善」というキャッチフレーズもありましたが、そもそも私便秘知らずだし・・・。
大した実感もないのでもう我慢の限界、止めようと思っています。

口コミの成功例を見ると、やはりこのダイエットは、アロエベラジュースのお腹持ちの良さや、便秘の改善からその効果を実感して続ける意欲になっていることが多いようです。
また、失敗例から、飲みやすい商品を選ぶことや、自分の体質にあったダイエットプランを立てることが大切なのだということも分かります。

まとめ

まだ国内での認知度は高くありませんが、徐々にその存在感を増してきているアロエベラジュース。
今回はアロエベラの豊富な有効成分を漏らさず、しかも大量に摂取できるものとして、数あるアロエベラ関連食品の中からジュースをチョイスして、そのダイエット方法を詳しく紹介しました。
とはいえ、アロエベラの優れた栄養価はジュースだけでなく、その他のアロエベラ加工品でも取り入れることができるので、合わせて導入しても効果が高まると考えられます。