読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

【顔痩せを極めたい人】根本的な原因からホームケアまで一挙公開!

f:id:rerereflow:20161115025953j:plain

今、女性たちの憧れの的といえば、ミランダ・カーやアドリアナ・リマなど、海外のトップモデルですよね。

そんな彼女たちの共通点といえば、抜群のスタイルはもちろんですが、圧倒的な顔の小ささではないでしょうか。
あの小顔にはどうにかして近づきたいという方も多いと思います。
でもその一方、顔痩せは一体どんな方法が効果的で、正しい方法なのかわからないという方も多いのではないでしょうか?
体と同じ方法で顔痩せできるのか、違うアプローチが必要なのか、疑問はたくさんあると思います。
そこで今回は、顔痩せを極めたい人へ顔が太る根本的な原因からホームケアまで一挙公開。
今後ずっと使えるでお送りしますので、ぜひチェックしてくださいね。

顔痩せを極めるために知っておくべきこと

それではまず、顔痩せを極めるために知っておくべきことを解説します。

  • 顔は痩せにくい
  • ダイエットをしても顔は痩せない

というようなイメージはありませんか?

実際に、顔は痩せにくい部位で、これは、人の痩せ方のメカニズムと関係があります。
人の体・顔は痩せる順番というものがあり、

  • 足首

など、基本的に心臓・肝臓に遠い部分から痩せていきます。

その逆で、お腹やお尻、顔は最後の方に痩せていきます。
これは、人間の臓器の中でも生命の維持に関与する重要な臓器を守るためで、脳のそばにあたる顔は脂肪が落ちにくくなっています。
しかし、これはただ痩せる順番があるというだけで、その部位は絶対に痩せないというわけではありません。
時間はかかりますが、脂肪を落としていけば痩せることは可能と言えます。
また、顔が太るのには脂肪がつくこと以外にも原因があり、これらを根本的に解決していくことが必要です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

顔が太る根本的な原因は?

f:id:rerereflow:20161115031916j:plain

顔が太るのには以下のような根本的な原因があります。

脂肪太り

体と同じく、顔にも脂肪がつきます。
これは単純に普段の食事からの摂取カロリーが消費カロリーをうわまった場合に余ったエネルギーが脂肪となって蓄積されます。
先の解説で、体のメカニズム上、痩せる部位の順番があり顔は痩せにくいと説明しましたが、太る場合は順番が逆になります。
つまり、顔は太るときは初めに脂肪がつく部位で、太りやすい部位となります。

むくみ

体と同じように顔もむくみます。
むくみの原因には以下のようなものがあります。

また、 むくみ太りについては、こちらでさらに詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

塩分のとりすぎ

塩分のとりすぎはむくみに直結します。
塩分は味付けの基本であり、特に和食には頻繁に使用されるため、日本人は塩分過多になりやすいと言えます。
また、ダイエット中は高カロリーな調味料を控えて塩で味付けをすることが多く、塩分量が多くなります。

糖質のとりすぎ

塩分だけでなく、糖質は水分を溜め込む性質があります。
炭水化物を少し食べ過ぎた時などに顔がすぐふっくらするのは、脂肪というよりも、水分が溜め込まれたためです。
この逆で、ボクサーが減量中に極端にげっそりするのは脂肪に加え、炭水化物をカットしたことにより、ほぼ水分が抜けているためです。

睡眠不足

睡眠不足も顔のむくみに直結します。
これは、睡眠不足によって体内時計に狂いが生じて体の代謝が低下しているためです。
この逆で寝すぎた場合も顔がむくむことがありますが、これは単純に寝た姿勢が長かったため、下半身に溜まっていた水分が移動したことによります。

水分不足

水分不足はむくみの原因となります。
私たちの体はほぼ水分からできているため、生命の維持には水分の確保が最重要です。
そのため、体は水分不足を感じると、水分の排出を減らし、今ある水分を溜め込もうとします。
不要な水分は常に排出されるため、水分によるむくみは、水分の取りすぎではなく、水分不足が原因と考えましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コリ

私たちは日常生活の中で体の筋肉と同じぐらい、顔の筋肉を使っています。
顔の筋肉は毎日、絶え間なく使われるため、ケアをしっかりとしなければ、体の筋肉と同じく、コリが溜まっていきます。
以下のようなライフスタイルの人は顔がコリやすいので注意しましょう。

  • 接客業をしている
  • 営業関係の仕事をしている
  • パソコン作業が多い

歪み

姿勢や骨盤と同じく、顔にも歪みが発生し、顔太りの原因となります。
頭蓋骨は一つの骨だと思われがちですが、実際は全部で23個の骨があり、骨一つ一つがまるでパズルの様に組み合わされ、頭蓋骨を構成しています。

この頭蓋骨の配列や形の上に筋肉、脂肪、皮膚が着いており、これらが顔や表情を作っています。
しかしながら、この骨の配列は日常生活の癖や、歩き方、顎の噛み合わせ、背骨骨盤の歪み等の影響を受けることによって少しずつ歪んでしまいます。
この骨の歪みが顔の左右のバランスを悪くしたり、ずれを生み出し、顔のサイズを大きくして顔太りの原因となります。

筋肉の衰え

体の筋肉と同じく、顔の筋肉も加齢とともに衰えていきます。
私たちの顔には22種類もの表情筋があり、複雑な表情をつくる役割を担っています。
普段から、笑顔が必要な仕事や口を大きく開けて話す仕事などをしていれば、表情筋を使えますが、そうでない場合、ほとんど表情筋を使いません。
特に、日本語の発音は口を大きく動かすことないため、日本人は表情筋を使う機会が少なくなっています。
また、人と会う機会が少ない人も、話たり、笑ったりする機会が少ないため、表情筋の衰えは早いと言われれています。

顔痩せを極める!顔痩せの方法とホームケア

f:id:rerereflow:20161115032000j:plain

それでは、上記で解説した顔が太る根本的な原因別に顔痩せの方法の解説とホームケアを紹介していきます。

脂肪太りの場合の顔痩せ方法

脂肪がついて顔太りになっている場合、顔の脂肪だけをすぐに落とすことはできません。
ダイエットをして全体の脂肪を落とし、顔の脂肪が落ちるのを待ちましょう。
ダイエットの基本は、毎日の摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことです。
一度、自分の普段の摂取カロリーと消費カロリーのバランスをチェックしてみてください。
摂取カロリーが飛び抜けて多い場合、その分を運動で消費するのは難しい場合があります。
その場合はまず、カロリー過多の原因となってる食品や食習慣を改善するようにするとスムーズです。
また、消費カロリーを増やすには、定期的な運動ができればベストですが、難しい場合は、日常のアクティビティを増やしましょう。
階段を使う、タクシーに乗るのをやめる・・といったことを積み重ねるだけでも消費カロリーを増やすことができます。

むくみの場合の顔痩せ方法

むくみ太りは、普段からむくまない生活習慣に変える必要があります。
まず、むくみの原因の多くを占める食生活は、塩分と糖質の摂りすぎに注意しましょう。
和食やお酒とともに食べる料理は塩分が高くなりがちです。
どうしても、塩分の多い食事になる時は、バナナや海藻などカリウムを多く含むものを一緒に食べるようにしてください。
糖質に関しては、砂糖だけでなく、ご飯やパンなどの炭水化物も同じように考えましょう。
このほか、フルーツジュースや清涼飲料水などにも糖質がたっぷり含まれているので控えるようにしてください。

コリの場合の顔痩せ方法

顔のコリは体の筋肉と同じく、ほぐすことが効果的です。
顔の筋肉の中でもコリやすいのは「咬筋」といわれる部位で、口を大きく開けた時に大きく動く部分です。
咬筋は咀嚼をする際に使われるため、コリが溜まりやすくなっています。
ちなみに、食事をした後に少し顔がふっくらするのは、このためです。
この他、常に笑顔でいるような仕事をしている人は口周りの筋肉、パソコン作業の多い人は目の周りがコリやすくなっています。
コリを取るのは、こまめに行うのが効果的なので、一時間に一度ぐらいのペースで手でほぐす習慣をつけましょう。

歪みの場合の顔痩せ方法

顔のゆがみの元となる頭蓋骨のゆがみは、噛み合わせや姿勢といった日常生活から影響を受けます。
噛み合わせと姿勢は、利き腕のように左右どちらかに偏った動作が根本的な原因となります。
咀嚼をする時に、左右どちらかで噛んでいるクセがないかチェックしてください。
この他、片足重心やカバンを持つ腕が左右どちらかに偏っていないかもチェックしましょう。
自分のクセがわかったら、しばらくはその逆側で動作をするように切り替えていきましょう。

筋肉の衰えの場合の顔痩せ方法

表情筋の衰えを解消するために、最も手っ取り早くできるのは、口角を常にあげるように意識することです。
まずは口角を上げて過ごすだけでも、筋肉の衰えの防止に繋がります。
この他、最近では表情筋を鍛えるグッズがたくさん販売されています。
日常的に人に会う機会が少なく、無表情で過ごすことが多い方はこのようなグッズを使って表情筋を鍛えましょう。
ただ市、表情筋のトレーニグをする際はコリにも同時に注意する必要があります。
トレー二ングをしたら、コリが蓄積されないよう、ほぐすことも忘れないでください。

顔痩せのホームケア

それでは最後に、顔痩せに効果的なホームケアをご紹介します。

リンパプッシュ

耳の下のくぼみ>鎖骨の上のくぼみ>脇の下の順番で親指以外の指を使ってプッシュします。
続いて、鼠蹊部もプッシュしていき股関節周りをほぐします。
ポイントは、軽くではなく、しっかりと押し込むことで、少し痛きもち良いぐらいが効果的です。
また、体の中の大きなリンパは鼠蹊部に集中しているため、顔痩せにも鼠蹊部のリンパプッシュが効果的です。
リンパはこまめにケアすると効果的なので、気づいた時にプッシュするようにしましょう。

表情筋マッサージ

顔にマッサージオイルもしくはクリームをたっぷり塗ります。
親指以外の4本指を揃えて、額の真ん中から、こめかみに向かって、圧をかけながら5回なで下ろします。最後にこめかみをゆっくりプッシュします。
次に、口角の両脇をやや内側へ押し上げるようにプッシュします。
そのあと、親指であごの下を支えながら、

  • 人差し指
  • 中指
  • 薬指

の3本を使い、口周りを、口の下から鼻の下方向に3回さすり上げます。

続いて、小鼻の脇を軽く3回プッシュします。
次に、親指以外の4本を揃えて、アルファベットのUを書くような動かし方で、

  • 目の下
  • 鼻の横
  • 口元の横

と3段階の範囲に分けて、それぞれ5回ずつ頬を持ち上げるようにマッサージしましょう。

この流れを三回繰り返します。
朝の洗顔後と夜の就寝前に行うと効果的です。

筋膜リリース

胸鎖乳突筋(顔を横に傾けた時に首に浮き出る筋肉)を親指と人さし指で掴み、30秒ほど引っ張ります。
顔の近くから始め、下方にずらしていきます。
筋膜とは、筋肉を覆っている膜のことで、胸鎖乳突筋の筋膜リリースは首回りをほぐすため、顔痩せにもプラスの効果があります。

まとめ

顔は体のメカニズム上、もともと痩せるのが簡単な部位ではありません。
これは、体の痩せる順番の関係で、顔は痩せるまでに時間がかかります。
また、顔が太る根本的な原因は脂肪だけではなく、

  • むくみ
  • コリ
  • 歪み

など様々なことがあります。

とはいえ、決して顔やせが不可能というわけではありません。
これらのことを知った上で、適切なアプローチをしていけば、顔痩せを極めることはできます。