読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

ゴジベリーダイエットの効果と方法を徹底解説!

食べ物ダイエット

f:id:rerereflow:20151214031218p:plain

ミランダ・カーさんやマドンナさんなど、有名な海外セレブが取り組んでいることでも有名なゴジベリーダイエット。
ゴジベリーというと、あまり馴染みのない食品のように感じられますが、実は日本では「クコの実」と呼ばれる植物で、古くから食べられているものなのです。
漢方薬や薬膳料理にも使われてきた、ゴジベリーとは一体どんな食べ物なのでしょうか?
今回はゴジベリーダイエットについて、説明していきます。

1.ゴジベリーダイエットとは

ゴジベリーは日本ではクコの実と呼ばれている植物です。
ダイエットだけでなく、健康や美容にも良いといわれており、美しさを職業にしているモデルや女優の中にも愛用している人がたくさんいます。
まずは、ゴジベリーがどんな食べ物かを知っていきましょう。

ゴジベリーとは

ゴジベリーは、中国で原産された植物のことです。赤い色の実が特徴で、色合いが良いため、中華料理店で出される杏仁豆腐には、よく乾燥させたゴジベリーの実が添えられています。
日本ではクコの木に成る実が食されていますが、中国ではクコの根皮や葉も漢方薬として使われており、中でも寧夏枸杞(ねいかくこ)と呼ばれる品種が高級品とされています。
寧夏枸杞は、中国の寧夏という地域で栽培されているゴジベリーの品種です。
そして、寧夏地方は標高が高く、寒暖差が激しい厳しい気候の地域です。
厳しい環境に置かれた植物は、環境に負けないように栄養を蓄えることが多く、ゴジベリーも例外ではありません。
厳しい環境に置かれれば置かれるほど、栄養を豊富に含むゴジベリーが育つため、海外セレブは寧夏枸杞よりも高品質な、ヒマラヤ産のゴジベリーを食べているといわれています。
一般市民がこういった高級品を毎日のダイエットに活用していくのは難しいですが、通常のゴジベリーも、他の食品とは比べ物にならにほどのダイエット・美容健康効果を備えています。
中でもゴジベリーのアンチエイジング効果は有名で、プライマリースーパーフード10にも選出されています。
プライマリースーパーフード10の中には、ダイエットに有効なカカオやココナッツ、女性の愛飲者が多いアサイーなども含まれており、ゴジベリーも高い美容・健康効果を誇る食品です。

ゴジベリーには不老不死の効果がある?

ゴジベリーには、昔から不老不死の効果があると伝えられてきました。
科学的に検証される以前から、さまざまな有名人や権力者に愛用されて、強力なアンチエイジング効果が証明されていたのです。
世界三大美女の楊貴妃も、アンチエイジングのために、ゴジベリーを食べていたといわれています。
肌や髪といった見た目だけでなく、内臓のアンチエイジングにも効果があるので、結果的に健康効果やダイエット効果も得られます。
体型や肌の美しさを保つことは、健康を保つことに繋がっているのです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

世界中で食べられているゴジベリー

ゴジベリーには別名が多数存在します。中国や日本で知られるクコという呼び方以外にも、ウルフベリーやシネンセスといった名前で呼ばれており、世界中で食べられてきた滋養強壮の食べ物です。
加工方法もたくさんあり、杏仁豆腐の上に乗せられているドライフルーツや漢方薬、薬膳料理以外にも、クコ茶やクコ酒といった形で食されています。

2.ゴジベリーダイエットの効果

f:id:rerereflow:20151214031228j:plain

ゴジベリーにはダイエット以外にも、さまざまな健康・美容効果があります。
ダイエットを行なうことで、総合的に体のメンテナンスを行なうことができる食品です。
ここでは、ゴジベリーのダイエット効果とその他の効果を紹介していきます。

脂肪を燃焼させる効果

ゴジベリーには脂肪を燃焼させるのに効果的なビタミンB2が含まれています。
ビタミンB2はレバーや卵に多く含まれている栄養素で、脂質や糖質をカロリーに変換する役割を持っています。ダイエットのためには、カロリーが少ない食べ物を食べることも重要ですが、カロリーの消費を促進する食品を食べることも大切です。

満腹感を高める効果

ゴジベリーには食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は食べるとお腹の中で水分を吸って膨張するため、腹持ちがよくなる効果があります。
少ない量で満腹感を得られるため、食べすぎ防止や間食に最適です。

食物繊維で便秘解消

ゴジベリーに含まれる食物繊維は、腸の汚れを吸着して便秘を解消してくれます。
腸内環境は、ダイエットに欠かせない要素です。
便秘になると、腸内に溜まった便が内臓を圧迫するため、腸以外の内蔵の血行も悪くなり、栄養素を効率よく全身に運ぶことができなくなってしまいます。
脂質や糖質、タンパク質といった脂肪の素になる栄養素も、消費されることなく体に溜まってしまい、これが肥満の原因となるのです。
単純に便秘を改善することでウエストラインが細くなるという即効性の高いダイエット効果もあります。

コレステロールを下げる効果

ゴジベリーには、β―システロールという成分が含まれています。
β―システロールはコレステロールとよく似た構造をしている成分で、コレステロールよりも先に胆汁酸と結合しやすいという性質を持っています。
つまり、どういうことかというと、腸内にあるコレステロールが栄養として吸収されにくいのです。
コレステロールを下げることはダイエットだけでなく、血圧上昇を抑える効果や血栓をできにくくする効果に繋がります。これらの効果によって、動脈硬化や心臓・脳疾患といった生活習慣病を防ぐこともできるのです。

血行を良くして代謝を高める効果

ゴジベリーに含まれるβ―システロールによって、コレステロール値が下がると、血液がサラサラになり、血行がよくなります。
コレステロールが多い血液は粘度が高く、血管の壁に付着して、血液の通り道を狭くしてしまいます。この状態がいわゆる高血圧です。高血圧は生活習慣病の原因になるだけでなく、ダイエットにも悪影響を及ぼします。
血行が悪くなると、全身に栄養を行き渡らせることができないため、必然的に消費量が低下してしまい、体の中に余分な栄養が溜まることになります。
人間の体でもっとも多く必要とされている栄養素は、糖質、脂質、タンパク質です。これらは生きていく上で必須となる栄養素ですが、体に蓄積されると脂肪になってしまいます。
つまり、血行が悪くなった場合、もっとも体に蓄積されやすい栄養素は脂肪のもとになってしまう糖質、脂質、タンパク質なのです。
逆に、血行をよくすれば、それだけで栄養の消費量が上がり、運動を行なわなくても痩せていくことができます。これはリバウンド防止にも役立つ体質改善です。

むくみを解消する効果

むくみは体に余分な水分が溜まっている状態です。これを排出するためには、血行をよくして代謝を高める必要があります。
代謝というのは体の循環機能のことです。食べ物を栄養に分解・吸収して、エネルギーとして消費していくだけでなく、その過程で生み出された老廃物を体外に排出することも代謝の一環として含まれます。
ゴジベリーを食べて代謝をアップさせれば、脂肪燃焼を促進すると同時に、むくみやすい体質を改善することもできるのです。

アンチエイジング効果

ゴジベリーのもっとも特徴的な効果がアンチエイジング効果です。
ポリフェノールやビタミンCといった抗酸化作用を持つ栄養素をはじめとして、ゴジベリーには100種類以上ものビタミンやミネラルが含まれています。
これまでに紹介した、ダイエットに役立つ効果もアンチエイジングに影響を与えています。
アンチエイジングは、総合的な肉体の健康によってもたらされる効果です。どれかひとつの栄養素を摂ればアンチエイジングできるというわけではありません。
健康や美容、ダイエットに役立つ栄養素を、たくさん含んでいるゴジベリーだからこそ、「不老不死の実」と言われるほどのアンチエイジング効果を発揮することができます。

免疫力をアップさせる効果

ゴジベリーにはベタインという肝機能を向上させる栄養素が含まれています。
肝臓は、毒素や不純物をろ過する働きを持っている臓器です。

肝臓の機能を向上させることで、病気やアレルギーに罹りにくい体を作り、免疫力をアップさせることができます。
また、ベタインは肝臓に脂肪が溜まらないようにする作用があるため、ダイエットにも効果的です。
アルコールをよく飲む人は特に意識して肝臓をケアしましょう。

アルコールを分解しているのは肝臓です。

毎日、お酒を飲む人は予想以上に肝臓を酷使しています酷使しています。

肌のくすみを予防する効果

肌のくすみを予防するためには、肌のターンオーバーを正常化させる必要があります。
肌は一定の間隔で生まれ変わっており、古くなった肌をどれだけケアしても、肌のくすみが回復することはありません。

新しい肌を作り出すことがくすみの改善や予防に繋がります。
ゴジベリーに含まれるヒドロキシプロリンには、コラーゲンの生成を促進する効果があります。
また、ゴジベリーには、コラーゲンの材料となるビタミンCも多く含まれているため、ゴジベリーを食べることで肌のくすみを予防することができます。

眼精疲労を緩和する効果

目の網膜にはゼアキサンチンという物質があります。ゼアキサンチンは紫外線や空気によって酸化してしまう目を守る役割を持っており、疲れ目や目の炎症を防ぐ効果があるといわれています。
ゴジベリーには、ゼアキサンチンが含まれているので、眼精疲労を緩和することができます。

貧血を改善する効果

ゴジベリーには鉄分も含まれています。
鉄分は肉類に多く含まれているため、ダイエット中に不足しやすい栄養素です。
鉄分が不足すると、貧血だけでなく、月経不順や生理前のイライラも起こりやすくなります。
ゴジベリーを食べることで、鉄分不足を補いながら、ダイエットを行なうことができるでしょう。

3.ゴジベリーダイエットの方法

f:id:rerereflow:20151214031239j:plain

ゴジベリーダイエットには、食べ方や摂取目安量など、知っておかなければいけない知識があります。
ここでは、ゴジベリーダイエットの方法を紹介していきます。

ゴジベリーを食べるタイミング

ゴジベリーをダイエットのために食べるなら、朝食として食べるのが一番良いでしょう。
朝は体が栄養を吸収しやすくなっています。
それに、朝食で食べることが多いヨーグルトやスムージーは、ゴジベリーと相性がよいメニューです。

ゴジベリーの一日の摂取量目安

ゴジベリーは100gあたり360kcalの食品です。白米が100gあたり168kcal.であることを考えると、かなりの高カロリーであることがわかります。
食物繊維を豊富に含んでいるため、少量でも満腹感を得ることができますが、食べすぎるとダイエットに逆効果となってしまいます。
ゴジベリーの一日の摂取目安量は、10粒~15粒です。多くても20粒までに留めておきましょう。

ゴジベリーの食べ方

ゴジベリーをおいしく食べる方法を紹介していきます。

①水でふやかして食べる

ゴジベリーは保存のために乾燥した状態で販売されています。
固い食感が苦手な人は、事前に水でふやかして食べると良いでしょう。ゴジベリーは水に浸けると数分程度で柔らかくなります。
レーズンのような食感にしたいのなら、ヨーグルトやお粥など、水分が多いメニューに混ぜる時も、水で柔らかくしてから混ぜたほうがおいしく食べられるでしょう。

②スムージーに加える

ゴジベリーは独特の苦味や渋みがある食品です。
苦手な人は、スムージーに混ぜて飲むと良いでしょう。
ミキサーで他の野菜や果物と一緒に混ぜるだけですから、簡単に作ることができます。

③クコ茶として飲む

ゴジベリーを5~10粒ほどマグカップに入れて、お湯を注ぐだけで、ゴジベリーティーを作ることが出来ます。
ゴジベリーティーはクコ茶という名前でも知られており、中国では漢方の一種として愛飲されているものです。
ポイントは、お湯を注いだ後、蓋をして2、3分蒸らすこと。
味が薄いと感じる時は、紅茶のパックを一緒に入れても、おいしく飲めます。

④そのまま食べる

ナッツのような感覚で、ゴジベリーをそのまま食べるのもオススメです。
よく噛んで食べることで、唾液が分泌されるため、満腹感を高めることができます。
ただし、食べすぎには注意しなければいけません。
袋から直接食べると、ついつい食べ過ぎてしまうので、食べる分だけを食べ始める前に出しておきましょう。

⑤デザートとして食べる

ダイエットにはオススメできませんが、健康・美容のためにゴジベリーを食べるのであれば、お酒やハチミツに浸けて食べるのもオススメです。苦味と甘味が合わさって、デザート感覚で食べることができます。
なお、浸けるという調理法ですが、保存料を使用しているわけではないので、長期保存はできません。

作ったら、なるべく早めに消費しましょう。

良質なゴジベリーの選び方

良質なゴジベリーは色が鮮やかです。

手にとって商品を見られる場合は、なるべく明るい色のゴジベリーを選んでください。

形も小さいものより大きめのものを選びましょう。

小さいゴジベリーは、水分が抜けすぎているため、日にちが経っている可能性があります。

通販などで、手にとって見られない場合は、無添加・オーガニックの表記がある商品を選びましょう。海外の商品を選ぶ時には、特に注意してください。

4.ゴジベリーダイエットの注意点

f:id:rerereflow:20151214031246j:plain

ゴジベリーダイエットにはいくつかの注意点があります。
注意点を守らなければ、体に悪影響を与えてしまうこともあるので、しっかりと覚えておきましょう。

妊娠中・授乳中は避ける

妊娠中、授乳中の女性はゴジベリーを食べてはいけません。
滋養強壮の作用を持つゴジベリーは一見、妊娠や授乳に良い影響を与えるように感じますが、ゴジベリーにはベタインという成分が含まれており、この成分が陣痛作用を促進する働きを持っています。
早産の原因にもなりかねない重要な注意点です。妊娠中、授乳中にゴジベリーを食べるのは絶対に避けてください。

食べすぎると食中毒になる可能性も

ゴジベリーにはアルカロイドという毒性の成分が含まれているため、食べ過ぎると食中毒になる可能性があります。
一日の食事をすべてゴジベリーに置き換えるような過剰摂取は避けてください。
また、胃腸が弱い人は少量でもアルカロイドに反応してしまい、胃痛や腹痛、下痢といった症状があらわれることがあります。

5.ゴジベリーダイエットの口コミ

実際にゴジベリーで痩せた人はいるのでしょうか?
ゴジベリーダイエットの口コミを集めてみました。

ゴジベリーダイエットの良い口コミ

28歳/女性
”ミランダ・カーがやってると聞いたので、ゴジベリーダイエットやってみました!
ダイエットは3週間で2キロくらいです。それよりも美肌効果がすごいですね!”

35歳/女性
”ゴジベリーダイエットは、アンチエイジングとダイエットが両立できるそうです。
たしかに体重も3ヶ月で5キロくらい落ちました。
私はアンチエイジング目的で始めたので、嬉しい付属効果です。”

ゴジベリーダイエットの悪い口コミ

27歳/女性
”体質に合わないんでしょうか・・・。ゴジベリーダイエットをやろうと思ったのに、食べるたびにお腹が緩くなってしまいます。食べる量はちゃんと守ってるので、私の体の問題かもしれません。もともと胃腸が弱いので・・・。”

6.まとめ

不老長寿の薬と呼ばれるほどのアンチエイジング効果を持つゴジベリー。
ダイエットにも最適で、肌や髪をキレイにしながら痩せることができます。
総合的に美しくなれるなんて、さすがスーパーフードなだけありますね。
美容・健康・ダイエットと三拍子そろったゴジベリーダイエット、ぜひ一度チャレンジしてみてください。