読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

食前キャベツダイエットの効果と方法を徹底解説!

f:id:rerereflow:20150618212222j:plain

「食前キャベツダイエット」をご存知ですか?

その名のとおり、食前に生キャベツを食べるだけのダイエット方法です。
「食材はいつでも手に入る安価なキャベツだけ!」という手軽さから人気が高く、現在も多くの方が実践されています。
食前キャベツダイエットは、京都府立医科大学臨床教授の肥満外来ドクター、吉田俊秀先生が患者さんと向き合いながら20年かけてたどりついたダイエット方法です。
そんな説明をきくと「効果がありそう!」と興味が湧いてきますよね。
それでは、正しいやり方と成功するためのコツをつかんで、実践していきましょう。

 キャベツとダイエットの関係

キャベツとダイエットの関係について、よくある疑問を解決していきましょう。

キャベツってどんな栄養があるの?ダイエットに関係があるの?

キャベツは、古代から「貧乏人の医者」「台所の医者」とも呼ばれ、古代人は健康食としてキャベツを食べていました。
アメリカ国立癌研究所の発表では、キャベツは癌を予防する食材として2番目に高い評価を受けています。
健康食として優秀なキャベツですが、実は、ダイエットや美容にも嬉しい栄養素が含まれています。

・ビタミンU:キャベジンと呼ばれるアミノ酸の一種で、胃腸薬の成分にもなっています。
胃腸の粘膜組織を強くしたり、肝臓の働きを活性化し、蓄積された余分な脂肪を減らす効果があります。
・カリウム:筋肉のエネルギー代謝を助ける働きがあります。
代謝をあげることで、ダイエット効率をよりアップする効果が期待できます。
・食物繊維:豊富な食物繊維により、便秘解消に効果があります。
キャベツは不溶性食物繊維が含まれているので、お腹の中にしばらく停滞し、満腹感をキープする役目も果たします。
・カルシウム:骨や歯をつくる栄養素としての働きだけでなく、ダイエット時のイライラ解消にも役立ちます。
・ビタミンC:キャベツ4枚で1日に必要なビタミンCを摂取できます。
シミやそばかすの予防効果、コラーゲンの生成を助ける効果があります。
・ビタミンK:骨を丈夫にする働きがあるため、骨粗しょう症の予防効果があります。

普段、添え物やサラダとして脇役のイメージが強いキャベツですが、多くの栄養素を含む魅力的な野菜だったんですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

キャベツ以外の野菜ではダメなの?

葉物野菜などカロリーの少ない野菜ならば、ダイエットの効果は得られます。
ただし、キャベツほど噛みごたえがあって満腹感が得られる野菜、しかも低価格な野菜となるとなかなかみつかりません。
そういった意味で、このダイエット法にはキャベツが最適だといえます。

キャベツは生で食べるの?茹でたほうがたくさん食べられそうだけど?

必ず生で食べましょう。
のちほど詳しいやり方をご紹介しますが、食前キャベツダイエットはキャベツの噛みごたえを利用して満腹感を得るダイエット法です。
火を通してしまうとやわらかくなり、噛むことができなくなってしまいます。
また、加熱することでビタミンCが壊れてしまいますので、生のままで食べる方法が適しています。

食前キャベツダイエットの具体的な効果

f:id:rerereflow:20150618212203j:plain

ここからは、食前キャベツダイエットの具体的な効果についてご紹介します。

食欲コントロール効果

食前にキャベツをよく噛んで食べることで、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぐ効果があります。
キャベツのカロリーの低さもポイントです。
食前キャベツダイエットで1回に食べるキャベツ200gのカロリーは、わずか39kcalです。

便秘改善効果

キャベツは食物繊維が豊富です。
食物繊維は、体に取り込まれると、体内でコレステロールや老廃物を吸収し、便に水分を含ませ便通を促進する効果があります。

胃腸の調子を整える効果

キャベツは、キャベジンと呼ばれるビタミンUを含んでいます。
ビタミンUは、胃腸の粘膜を修復したり、胃酸の出すぎを防ぐなど、さまざまな効果があります。
胃が弱っている時に、キャベツを食べると楽になるといわれています。

美肌効果

1日分のビタミンCがキャベツの葉4枚で摂れるほど、ビタミンCの含有率が高いキャベツ。
しみ、そばかす、肌荒れ予防や美白効果が期待できます。

食前キャベツダイエットの基本的なやり方

f:id:rerereflow:20150618212229j:plain

それでは基本的なやり方をご紹介します。

1. キャベツ1/6個をざく切りにする。
キャベツ1/6個(約200g)を5cm角のざく切りにします。
「キャベツは千切りの方が食べやすいのでは?」とお思いかもしれませんが、細かく切ると噛む回数が減ってしまうのでざく切りがおすすめです。

2. 食事前に生のキャベツを10分かけて食べる。
食事の前に生のキャベツを約10分間よく噛んで食べることが重要です。
ゆっくりよく噛んで食べることで、満腹感が1~2時間ほど継続するといわれています。

3. ノンオイルの調味料を使う。
ざく切りしたキャベツにはノンオイルのドレッシングなどを使用して食べましょう。
ノンオイルであればどんな味付けでもOKです。
塩コショウ、醤油、ニンニク醤油、レモン汁、ポン酢など、ご自宅にあるものでさまざまな味を楽しみましょう。

4. お腹がすいたらキャベツを食べる。
お腹がすいてしまった時は、いつでもキャベツを食べることができます。
量を気にせず食べられます。
いつでも食べられるように、キャベツのざく切りを保存しておくと便利です。

食前キャベツダイエットを成功させるためのコツ

基本的なやり方に加えて、ダイエットを成功させるためのコツをここではご紹介します。

1日にタンパク質を70g摂る。

タンパク質は、ダイエットに必要不可欠な筋肉と基礎代謝を維持するために欠かせません。
1日5種類のタンパク質をバランスよく摂りましょう。

  • 牛乳200ml(タンパク質含有量6.6g)
  • 卵1個(タンパク質含有量7.4g)
  • 豆腐半丁(タンパク質含有量10g)
  • 魚80g(タンパク質含有量23g)
  • 肉80g(タンパク質含有量23g)

ごはんは1日茶碗2杯分まで。

普段茶わん1杯のごはんを食べている場合は、1回の食事で茶わん2/3杯を目安に食べるとストレスなくごはんの量を減らすことができます。

おやつを食べるならば、果物を。

甘いものが食べたくなった場合は、おやつとして果物を食べましょう。
量の目安は、握りこぶし2個分です。

食前キャベツダイエットの注意点

f:id:rerereflow:20150618212153j:plain

食前キャベツダイエットは「食欲をコントロールするために、食事前にキャベツを食べる」というダイエット法です。
これまでの説明からもわかるように「キャベツを食べるだけで痩せる」というわけではありません。
食生活を改善しながら、健康を意識して実践することが重要です。
ここでは、食前キャベツダイエットの注意点をあげてみます。

ダイエット期間は3ヶ月とする。

効果の感じられる期間は人それぞれですが、3ヶ月をひとつの目安にしましょう。
3ヶ月以下であったりそれ以上であると、成果が思うように出なかったり、根気が続かないこともしばしばあります。
「3ヶ月間、正しいダイエット方法で実践すれば成果が出る!」と自分を励ましながら進めてくださいね。

カロリーを抑えつつ栄養を摂る。

カロリーを抑えることを優先して食事内容が偏ってしまうと、逆に痩せにくい体質を作ってしまいます。
食前キャベツである程度の満腹感が得られたら、「成功のコツ」でご紹介した5つのタンパク質(牛乳・卵・豆腐・魚・肉)を必ず1日に70g摂り、
その他の栄養素もバランスよく摂りましょう。

生活習慣を改善する。

睡眠不足が続くなど生活習慣の乱れは、ダイエットにマイナスです。
良質な睡眠をとり、早起きして朝食をしっかりとることは、ダイエットの効果をより高めます。
早寝早起きはダイエット成功のカギです。

ストレスを溜めない。

どのダイエットにも共通しますが、我慢を重ねると結果的にストレスが爆発し、暴飲暴食に走ってしまいます。
ダイエット中にストレスを感じた時は、息抜きをしてください。
「たまには外食もOK!」ときにはゆるさも必要だと思います。
翌日に食事や運動で少し調整できれば、外食や飲み会も怖くありません。
「ストレスとどう向き合えるか?」がダイエットの成功を左右します。
自分のからだや心と向き合いながら、柔軟な気持ちでダイエットを実践できたらいいですね。

食前キャベツダイエットの口コミ

最後に食前キャベツダイエットの口コミをまとめてみました。

《成功例》
・8キロ痩せました!
ダイエットを始めてちょうど2ヶ月です。かなり基本に忠実に実践しています。
4回ほど外食してお腹いっぱい食べましたが、2日ほどで戻りました。

・15キロ痩せました!
現在68歳、炭水化物を少なめに食べています。このダイエットは絶対するべきです。
何しろ手も、足もツルツル。体が全体がツルツルになりました。

・3キロ痩せました!
まだ10日ほどですが、食のストレスは全くないし、ご飯も毎日食べています。
なんだか今度こそ痩せられる気がします。

・4キロ痩せました!
体重は4キロくらいしか減っていませんが、体脂肪が32%から20%以下になりました。
見た目も激変!肌もプリプリです。
ストレスをためないように、長い期間で考えてやるのがいいと思います。

・12キロ痩せました!
産後体重が戻らず、ダイエット始めました。
食前にキャベツを食べ、普段のごはんは腹八分め、たんぱく質、豆類も意識しつつ食べました。
ストレスは全然ないです。お通じが確実によくなりました。

《失敗例》
・キャベツダイエットを始めたのですが、思うように体重が落ちませんでした。
方法を再度確認して思ったのですが、カロリーだけを減らし、たんぱく質のことを全然考えていなかったのが原因だとわかりました。

・食事の前にキャベツを食べるようになって、1週間が経ちました。
だけど、体重が2キロ増えています。
キャベツを食べても、その後の食事の量が変わらなければ効果が無いって感じですね。

・始めは食前キャベツのあとに、ヘルシーな食事を食べていました。
徐々に体重が落ちて2ヶ月で4キロ落ちました。
もっとペースを上げてやろうと思い、昼と夜をキャベツだけにしたら2ヶ月で6キロ落ちてしまい体調も崩しがちになりました。
カロリーがあるものが怖くなり拒食症の一歩手前までいきました。
不安になり体重を少し戻そうと思いドカ食いをしていたら、いつの間にか元の体重に…。

いかがでしょうか?
食前キャベツダイエットのメリットは、ストレスなくダイエットを続けることができて、同時に体質改善と美肌効果が得られることです。
「基本のやり方」と「成功のコツ」が正しく実践できるかが成功のカギとなります。
また、痩せると嬉しくなって、さらにハードなダイエットにむかいがちですが、無理は禁物です。
ご自分のからだと心に耳をかたむけて、ストレスのないダイエットを続けましょう。

まとめ

食前キャベツダイエットは「食べ過ぎを防止するために、食事前にキャベツを食べる」というシンプルなダイエット法です。
ごはんを1日お茶椀2杯食べて、タンパク質を70g摂る。
シンプルなルールを日々実践すること、継続することでダイエットの効果は高まります。
気持ちに余裕をもって、時間をたっぷりかけて取り組んでみましょう。
今日から、食前キャベツダイエットを始めてみませんか?