読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

コーヒーダイエットの効果を徹底解説!ホットのブラックコーヒーがベスト!

f:id:rerereflow:20150909231319j:plain

コーヒー好きの皆さん、1日何杯のコーヒーを飲んでいますか?

毎日なにげなく飲んでいるコーヒー、実はダイエット効果が期待できます。
せっかく毎日コーヒーを飲んでいるのならば、ダイエット効果を実感できなくちゃモッタイないですよね。
ダイエット効果を得るためには、正しい量、正しいタイミングで飲むことが重要です。
ホットコーヒーが美味しい季節になった今、コーヒーダイエットを始めるチャンス。
正しいやり方をしっかりと頭に入れて、ダイエットを成功させたいですいね。
今回は、コーヒーダイエットの正しいやり方、ダイエット効果、口コミなどをご紹介します。

 コーヒーとダイエットの関係

コーヒーとダイエットの関係について、よくある疑問を解決していきましょう。

コーヒーとは?

コーヒーは、赤道をはさんで北回帰線と南回帰線の間の「コーヒーベルト」 と呼ばれる地域で生産されています。
ブラジル、コロンビア、ジャマイカなどが有名です。
コーヒーの木から収穫される深紅色の実は、収穫されると洗浄・乾燥・選別されます。
レギュラーコーヒーは、コーヒーの実を焙煎・配合・粉砕したもの。
インスタントコーヒーは、コーヒーの実を焙煎・配合・粉砕したものから液体を抽出し乾燥させたもの。
製造方法からわかるように、レギュラーコーヒーもインスタントコーヒーも、コーヒー豆そのものから作られています。
保存料や香料、添加物、着色料など、からだに有害な成分は入っていません。
コーヒーは自然からの贈り物であって、安心してダイエット飲料として取り入れることができます。

コーヒーで痩せられるの?

コーヒーに含まれている「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分に、ダイエット効果の秘密があります。

  • カフェイン:脂肪を分解する酵素を活発にする
  • クロロゲン酸:脂肪を燃焼させる

2つの成分が含まれていることで、

  • 「からだに蓄積された脂肪を燃焼しやすくする」
  • 「食事から摂取した脂肪をからだに蓄積しにくくする」

という脂肪撃退の嬉しいダブル効果が得られます。

ホットとアイスどちらが痩せるの?

ホットコーヒーがオススメです。
ホットコーヒーの方が、ダイエットに効果的な成分をより効率良く吸収できます。
また、ホットコーヒーを飲むとからだの内側が温まり、内臓の働きが活発になるため、代謝の良い痩せやすいからだを作ります。
暑い日はアイスコーヒーが恋しくなりますが、ここはダイエットのためだと思ってホットコーヒーを選択してくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

コーヒーはからだに悪いというイメージがあるけれど?

「コーヒーとは?」でご紹介した通り、コーヒーは100%天然ですので、添加物等の安全性の心配はありません。
以前は「コーヒーには発ガン性がある」といわれていましたが、現在では逆に発ガン性物質の生成を抑制する働きが認められています。
気をつけたいことは、カフェインの摂取量です。
カフェインはコーヒーに限らず、

  • 緑茶
  • 紅茶
  • 烏龍茶
  • コーラ
  • 栄養ドリンク

などに含まれています。

緑茶ダイエットの効果と方法を徹底解説!

【トクホ】黒烏龍茶ダイエットの効果・効能を徹底解説!

【トクホ】キリンメッツコーラダイエットの効果を徹底解説!

1日のカフェインの摂取量が500mg以上になると、副作用が出やすくなります。
副作用には、

  • 動機
  • ふるえ
  • めまい
  • 不安感
  • 不眠
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • などの症状があります。

コーヒーダイエットでは、1日4杯(150ml×4杯)までと決められています。
適量のコーヒーは、からだに害があるどころか、むしろ優秀なダイエット飲料です。

コーヒー好きの芸能人は美ボディ・美肌の持ち主が多い?

「コーヒー好きの女性はキレイな方が多い」「美ボディの持ち主」という噂をきいて調べてみました。

  • 浜崎あゆみさん:一時期の激太りからコーヒーダイエットでスレンダーボディに。
  • 常磐貴子さん:コーヒー好きで京都の「玉屋珈琲」で自分専用のブレンドを作ってもらっている。
  • 高岡早紀さん:ブラックで1日5杯飲む。
  • 山本モナさん:暇さえあれば飲んでいるという自称コーヒー通。
  • オセロ松嶋尚美さん:家に帰って1番にするのはコーヒーを飲むこと。

いかがですか?
もともと美しい方ばかりですが、年齢を重ねてもますます美しく、スレンダーな美ボディとツルツルの美肌の持ち主ばかりなのが印象的です。
コーヒーにはミネラルとビタミンも含まれているため、アンチエイジング効果も注目を集めています。
筆者の住んでいたドイツでは、コーヒーがとても安く、大きなマグでコーヒーをガブ飲みしている方を多く見かけました。
カフェでコーヒーを楽しむ人々、確かに男女ともにスレンダーで、綺麗な方が多かったように思います。

 コーヒーダイエットの具体的な効果

f:id:rerereflow:20150909231334j:plain

ここからは、コーヒーダイエットの具体的な効果をご紹介します。

脂肪燃焼効果

コーヒーに含まれるカフェインは、リパーゼという脂肪分解酵素を活発にする働きがあります。
このリパーゼの働きによって、中性脂肪は脂肪酸として血中に流れ、脂肪の燃焼効果が得られます。
さらに、コーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、脂肪を効率良く燃焼しエネルギーに変換します。
脂肪燃焼効果は、「食事などで入ってくる脂肪」「体にたまった脂肪」の両方に現れます。
日常生活のちょっとした行動にも、脂肪がエネルギーとして使われやすくなりますので、ダイエッターにとって嬉しい効果です。

代謝アップ

カフェインは血行を促進する効果があり、血液がからだの隅々まで行き渡ることで体温が上昇します。
体温が1度違うと、基礎代謝量が13~15%変動するといわれています。
カフェインの血行促進効果は、代謝を上げて痩せやすいからだを作ります。
代謝が良くなったところで、20分以上の有酸素運動を組み合わせると、より効果的に脂肪の燃焼ができます。

デトックス効果

「コーヒーを飲むとトイレが近い」というのは、カフェインの利尿作用が働いているからです。
利尿作用でからだに蓄積された老廃物を排出すると、代謝アップの効果が期待できます。
水分不足になると逆効果ですので、コーヒー以外で適度に水分補給をしましょう。
水を飲むとコーヒーの口臭予防にもなります。

アンチエイジング効果

クロロゲン酸には、抗酸化作用があります。
抗酸化作用とはその名の通り、からだのサビつきを防ぐ効果であり、活性酸素を抑制しアンチエイジングが期待できます。
また、美肌にも嬉しい調査結果があります。
60歳までの女性130人を対象にコーヒーの摂取量と顔のシミ、 肌の潤い、弾力性の関係を調査したところ、コーヒーを多く飲む女性のほうがシミの発生が少ないという結果が報告されています。

リラックス効果

コーヒーの香りは脳にα波を生じさせて、リラックス効果があります。
カフェの前を通りかかった時に、コーヒーの香りに癒される方が多いのもうなずけます。
コーヒーブレイクは、心の休憩にもなります。
ダイエット中はなにかとストレスが溜まりがち、コーヒーで一息ついてリラックスしましょう。

 コーヒーダイエットの正しいやり方

f:id:rerereflow:20150909231350j:plain

それでは、コーヒーダイエットのやり方をご紹介します。

オススメはホットのドリップコーヒー!インスタントでも缶コーヒーでもOK 

コーヒーで脂肪を燃焼させるには、カフェインとクロロゲン酸の役割が重要になります。
ホットのドリップコーヒーは、カフェインとクロロゲン酸が1番多く摂取できますのでおススメです。
深煎りよりも浅煎りのものを選んでドリップした方が、よりダイエット効果が得られるといわれています。
忙しい時は、インスタントコーヒーや缶コーヒーでもOKです。
ただし、缶コーヒーは糖分が多くカロリーが高いので、ホットのブラックコーヒーを選びましょう。

1日4杯まで!飲むタイミングは、食後と入浴前

コーヒーは、食後や入浴前に1日4杯(150ml×4杯)までを目安に飲みます。

食後に飲む

コーヒーは食事で摂取した脂肪、体に蓄積された脂肪の両方を燃焼させる効果があります。食後の消化をするタイミングでコーヒーを飲むことで、脂肪の蓄積を防ぎます。

入浴前に飲む

入浴前は代謝が上がりやすいタイミングですので、入浴の30分前に飲みましょう。
半身浴を20~30分してよく汗をかくことで、より痩せやすくなります。

コーヒーを飲んだ後に運動するとダイエット効果抜群

コーヒーダイエットで1番効果が高い方法は、運動30分前にコーヒーを飲む方法です。
コーヒー150mlを1~2杯、運動30分前に飲むことで効率的に脂肪を燃焼することができます。
おススメの運動はウォーキング。
脂肪燃焼が始まるのは、運動開始から20分後といわれていますので、なるべく20分以上歩く努力をしましょう。
「通勤前にコーヒーを飲んで1駅歩く」など、日常生活の中にウォーキングを取り入れると気軽にダイエットが実践できます。
ウォーキングをする時間が作れない場合は、自宅でテレビを観ながら踏み台昇降がおススメです。
踏み台は雑誌を重ねて作ることができますので、踏み台の昇り降りを20分間続けて、自宅で手軽に脂肪燃焼しましょう。

ブラックコーヒーがオススメな理由

コーヒーダイエットはブラックコーヒーをオススメしています。

ブラックコーヒーがオススメ

コーヒーダイエットは、ホットのブラックコーヒーで実践しましょう。
砂糖やコーヒーフレッシュを入れてしまうと、高カロリーになり、ダイエットしているのに逆に太ってしまいます。
また、砂糖を入れることで、コーヒーに含まれるカフェインが減少してしまうというデメリットがあります。

コーヒーのカロリー比較

コーヒーのカロリー比較をしました。

ブラックコーヒー 約4kcal
ブラックコーヒー+コーヒーフレッシュ5ml 約16kcal
ブラックコーヒー+砂糖4g 約19kcal
ブラックコーヒー+砂糖4g+コーヒーフレッシュ5ml 約31kcal

砂糖とフレッシュを入れたものは、ブラックコーヒーの約8倍のカロリー。
カロリー比較から、ブラックコーヒーで飲むことがダイエットに不可欠ということがわかりますね。

ブラックコーヒーが苦手な場合の対処法

筆者もそうですが「どうしてもブラックでは飲めない」という方もいらっしゃいますよね。
そんな方は、砂糖とフレッシュの量を半分~1/4に減らしてカロリーカットしましょう。
ブラックコーヒーの味をまろやかにするために、フレッシュの代わりに豆乳5mlを入れてソイラテにするのがオススメです。
豆乳は栄養豊富で低カロリーなので、ダイエット中でも安心して取り入れられます。

 コーヒーダイエットの5つの注意点

f:id:rerereflow:20150909231423j:plain

コーヒーダイエットは手軽で誰でも簡単に始められますが、以下の5つの注意点を守って取り組むようにしてください。

①妊婦さんは控える!

妊婦さんは、なるべくカフェインの摂取を控えましょう。
コーヒーに限らずカフェインの過剰摂取は、お腹の赤ちゃんの将来の健康リスクが高まる恐れがあります。
また、カフェインは鉄分の吸収を悪くする働きがあります。
妊娠さんは鉄分が不足しやすく、貧血になりやすいので特に気をつけましょう。

②飲みすぎに注意!

コーヒーには優れたダイエット効果がありますが、沢山飲んだからといって痩せるわけではありません。
カフェインを過剰摂取すると、動機・ふるえ・めまい・不安感・不眠・頭痛・食欲不振・嘔吐などの副作用が出る可能性があります。
1日4杯(150ml×4杯)までを必ず守って飲むようにしましょう。
胃腸に不安のある方は、コーヒーがご自分のからだに合うかどうかを試してから、本格的に取り組んでください。

③空腹時は避ける!

コーヒーに含まれるカフェインには、胃酸の分泌を促進する効果があります。
空腹時に胃酸が過剰に分泌されると胃に大きな負担となり、胃痛の原因になります。
ダイエット効果を得るためにも、コーヒーは食後に飲むのがベストです。
空腹時は避けて、食後に飲みましょう。

④就寝時間前に飲まない!

就寝時間に近づいてからコーヒーを飲むと、コーヒーの覚醒作用のため不眠になる恐れがあります。
カフェインの効果は3~4時間続くといわれています。
良質な睡眠をとるためにも、就寝4時間前から就寝までの間はコーヒーを飲むのは控えましょう。

⑤口臭に注意!

「コーヒーを飲むと口臭が気になる」そう感じたことはありませんか?
コーヒーの口臭の原因は、舌に付着したカフェイン。
そんな口臭を防ぐ簡単な方法があります。
コーヒーを飲む前、飲んでいる途中、飲んだ後に、水を飲みましょう。
口内を水で潤して洗うようなイメージで水を飲むと、口臭が気にならなくなります。
簡単なので是非試してみてください。

コーヒーダイエットの口コミ

 

f:id:rerereflow:20150909231433j:plain

最後にコーヒーダイエットの口コミをまとめてみました。

《成功例》

・3ヶ月で5キロ痩せた!汗がかける!
メーカーは気にしないで飲んでいますが、飲んだ後にウォーキングをすると、普段より余計に汗をかくように感じます。
毎食コーヒーを飲んで、少し運動しただけで目標体重達成!
コーヒーダイエット、コスパもいいし簡単でオススメです。

・4キロ痩せた!ベルト穴2個細くなりました!
コーヒーダイエットモニターで4キロ痩せました。
飲んだ後に軽い運動しましたけどね。
ベルト穴2個分痩せて、ウェストがスッキリしました。

・むくみ解消で体のラインがキレイに!
私は3食の食後に1杯のコーヒーを飲んでいます。
腹八分目の食事でコーヒーを飲むと、満腹感が出て腹持ちもよくなり、間食やドカ食いもなくなりました。
あと便通もよくなったかも。
飲んだあとに半身浴すると、汗のかく量も増えいい感じです。
今まで数字にとらわれたダイエットをしてたんですが、リバウンドが激しいし精神的に辛いので続けれなくて、今は見た目重視のダイエットをしいます。
むくみがとれると体のラインが綺麗に見えることがわかったので、コーヒーダイエットはオススメです。

・空腹感がなくなる!
コーヒーダイエットは、コーヒーの成分うんぬんで痩せるのかはわかりません。
それでもオススメするのは食欲が落ちる効果を感じたからです
お腹空いたけど間食はまずいなってときに、濃いめのブラックをカフェオレボール一杯くらい飲むのがオススメです。
かなり空腹感が楽になると思いますよ。

・汗をかく!体重が増えない!
飲むといいとテレビで観たので試してみました。
確かに汗かきます。ホットが苦手なのでぬるめ(60℃設定のポット)のお湯で飲んでいます。
それと、1日に3杯ぐらい飲むとあまり体重が増えないように感じました。
結構食べたかも?って日でも体重が増えていません。

《失敗例》

・痩せない!
コーヒーダイエット、期待していたがまるで効果がないです。
やっぱり運動が必要ですね。
まだあきらめてませんよ。筋肉をつけて再スタートします。

・甘いものが食べたくなってしまう!
コーヒーダイエットは痩せると聞いて、浅煎りコーヒーを通販で購入しました。
コーヒー好きな私にはピッタリと思ったのですが、残念なことにブラックコーヒーを飲むとスイーツが食べたくなってしまうんです。

・面倒で挫折!
テレビに影響されやすい母は、大量のコーヒー豆を買い込んでダイエットを開始しました。はじめは、1日に何度も体重を計って「痩せた・痩せた」と大騒ぎしていたんですが、いつの間にかダイエットを止めていたようです。
母に言わせると、コーヒーを淹れるのが面倒で続かなかったということです。


いかがでしょうか?
コーヒーダイエットは、コーヒー好きさんには夢のようなダイエット法。
口コミからも、ストレスなく手軽にダイエットを実践されている方が多いですね。
簡単な運動を組み合わせることで、減量効果も早く実感できるようです。
ドリップコーヒーを淹れるのが面倒な場合は、インスタントコーヒーや缶コーヒーでも代用できますので、気軽に始めてみてくださいね。

まとめ

コーヒーダイエットは、ホットのブラックコーヒーを食後と入浴前に飲むだけの手軽にできるダイエット法です。
ドリップコーヒーがベストですが、インスタントコーヒーや缶コーヒーでも代用できるところも魅力です。
また、20分以上の有酸素運動を取り入れることで、よりダイエット効果が高まります。
飲む量、飲むタイミングを意識して実践しましょう。
今日からコーヒーの香りを楽しみながら、コーヒーダイエットを始めてみませんか?