読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

やらなければ損!朝断食ダイエットの効果と方法を徹底解説!

その他ダイエット

f:id:rerereflow:20161117052447j:plain

 「朝断食ダイエット」をご存じですか?

最近、このダイエットで痩せた人が続出していると話題のダイエット方法なんです。
でも、今までは「朝食抜きは太る」というのが常識でしたよね。
そんな中、このダイエット方法が支持を得ているのもどうやら理由があるようです。
そこで今回は、朝断食ダイエットの効果と方法を徹底解説したいと思います。
このダイエット方法が気になっている方はもちろん、効果的なダイエット方法を知りたという方も、チェックしてくださいね。

朝断食ダイエットとは

「朝断食ダイエット」は一体、どんなダイエット方法なのでしょうか?
ここでは朝断食ダイエットの基礎知識を知りましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

朝断食ダイエットとファスティングは違う?

朝断食ダイエットは、その名前の通り、朝食のみ断食をするダイエット方法のことです。
同じ断食として、3日ほどかけて行う「ファスティング」などがありますが、朝断食ダイエットは朝食のみ食事をとりません。
これは、人が食べ物を消化吸収、排泄するのに必要な時間が18時間ほどであることに基づいており、18時間胃腸を休めることによるダイエット効果を狙ったのが朝断食ダイエットと言えます。
また、「断食」というと、全く何も口にしないことをイメージする人も多いかと思いますが、朝断食ダイエットはそうではありません。
いわゆるご飯やおかずなどの固形物は食べませんが、そのかわりにお茶や野菜ジュースなどの飲み物を飲みます。

 ファスティングについてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

朝断食ダイエットはなぜ人気?

朝断食ダイエットの人気の理由には主に以下のようなことが挙げられます。

現代人のライフスタイルにあっている

これまでは「朝食抜きはダイエットの敵」というのが常識でしたが、忙しい現代人にとって、朝食をとるのは思いの外負担です。
また、食欲のない時でも無理に朝食を食べるのは、内臓に負担をかけ、眠気やだるさの原因にもなります。
そんな状態でも無理やり朝食を食べるということに疑問を投げかける専門家が増え、朝食を食べないことのメリットが発表されることも増えました。
このような背景も踏まえ、朝断食ダイエットは忙しい現代人のライフスタイルに合っているという点から高い支持を得ています。

辛くない

朝断食ダイエットの人気の秘密として「辛くない」という点があります。
例えば、丸一日、食事を抜くファスティングダイエットはかなりの辛さを伴うため、途中で断念する人も多いものです。
しかし、朝だけ何も食べないというであれば、単純に朝食を食べ損ねた時と同じ感覚のため、辛さはほとんどありません。
また、仕事が始まれば、空腹も紛れるという人も多いものです。
このようなハードルの低さが「辛いダイエットは苦手」という人からも支持される理由となっています。

朝断食ダイエットの効果

f:id:rerereflow:20160906101146j:plain

朝断食ダイエットはただ痩せるだけでなく、様々な効果があると言われています。
ここでは、朝断食ダイエットのダイエット効果だけでなく、美容や健康に関する効果も解説していきます。

18時間の断食によって内臓を休ませ、痩せやすい体へ

人間が食事から摂取した食べ物を体が消化・吸収し、不要なものを体外へ排泄する準備が整うまでには18時間を要すると言われています。
このうち、胃の中に食べ物が停滞する時間は2~4時間、肉類など消化に時間のかかる一部のタンパク質は4時間以上胃にとどまります。
その後、小腸で7~9時間かけて消化吸収され、大腸で残りの栄養素と水分が吸収された後に、25~72時間かけて便として排出されます。

例えば、

  • 7時に朝食(前日19時の夕食から12時間経過)
  • 12時に昼食(朝食から5時間経過)
  • 19時:夕食(昼食から7時間経過)

というように食事をとっていたとします。すると、小腸での消化吸収が完了しないうちに、次の食事を摂るのがほとんどだということになってしまいます。

このように毎日朝食を摂るということは、内臓を一生休む暇なく働きつづけさせ、大きな負担となります。
そこで、朝に断食をすれば、夜に食べたものが消化吸収、排泄されるまでの18時間、内臓を休ませる時間ができ、効率よく老廃物を排泄できる体になることで、痩せやすくなっていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

一日の摂取カロリーを大幅ダウン

朝断食ダイエットは、朝食をお茶や野菜ジュースなどにします。
そのため、ほぼ一食分のカロリーをカットできるため、一日の摂取カロリーを大幅に減らすことができます。
「カロリーを大幅に減らす」というと、一見、極端な食事制限と同じように聞こえますが、そうではありません。
現代のライフスタイルでは、通勤は

  • 電車
  • バス
  • タクシー

で、会社での仕事もほぼデスクワークで午前中の消費カロリーは少なくなっています。

そこに朝からたっぷりのカロリーをとると、カロリーオーバーとなり、余分な脂肪を蓄積しやすくなってしまうのです。
朝断食ダイエットは、このように現代のライフスタイルに合わせて、カロリーを適切にとるという考えが軸となっています。

 1日の摂取カロリーについてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

体が軽くなり、アクティビティが上がる

食事をした後は、眠気を感じたり、場合によっては体が少しだるくなりますが、これは食べたものを消化するために、胃に血液が集中することが原因です。
普段、朝食を食べてから仕事などに向かうと、電車やバスの中では眠く、座ることがほとんどで、階段も上る気力が湧かないという人も多いのではないでしょうか?
その結果、一日のアクティビティを下げることになってしまいます。
朝断食ダイエットでは、朝は

  • お茶
  • 野菜ジュース

など液体だけのため、体は普段の何倍も軽く感じます。

また、頭もスッキリするため、電車やバスでは立つことができ、階段なども積極的に上ることができようになります。
こうして、朝の間に体を動かすことができると、その日一日の代謝アップにつながるため、一日の消費カロリーアップにもつながります。

便秘解消・宿便排出

朝断食ダイエットで空腹時間を18時間設けることにより、体内では「モチリン」という消化管ホルモンが分泌されます。
この「モチリン」の分泌は、腸のぜん動運動が活発にする働きがあるため、そして

  • 便秘解消
  • 宿便排出

といった効果が発揮されます。

※宿便とは・・宿便とは、腸壁にこびりついている老廃物のことで、ヘドロ状又は腸管内に固くへばりつき、何ヶ月あるいは何年もの間に渡り、動かなくなった便のことです。
通常、排便のときに大便は排泄されますが、宿便は放っておいても排出されません。
そして、溜まった宿便は、腸の消化吸収を妨げて毒素を発生し、さらには血液を汚していろいろな病気を引き起こすと言われています。

美肌効果

朝断食ダイエットでは、内臓が休まることにより、細胞が活性され、美肌効果も期待できると言われています。
また、血流促進効果もあるため、代謝アップやむくみの改善にも良いと言われています。
断食中に水分をしっかりととることで、こららの効果をさらにアップできると言えそうです。

朝断食ダイエットの具体的な方法

f:id:rerereflow:20161117052644j:plain

先に解説した通り、朝断食ダイエットはただ朝食を抜けばいいというものではありません。
正しい方法を知って行わなければ、逆効果にもなりかねないので注意が必要です。
ここでは、朝断食ダイエットの具体的な方法や注意点を解説します。
ポイントを押さえて、ダイエットの成果を出しましょう。

朝食

朝断食ダイエットでは、朝食はご飯やおかずでなどの固形物を食べず、飲み物にします。
この時、お茶もしくは野菜ジュースを基本にします。
このほか、ファスティングで使用される酵素ドリンクなどでも構いません。
注意点としては、飲みものは、冷たく冷えたものは内臓を冷やし、代謝の低下を招く原因となるので、避けるようにしましょう。
カロリーのない水分(水)に関しては、摂取の制限はないため、十分に摂るようにしてください。

昼食

昼食は、バランスのよいメニューを意識してとるようにします。

  • メイン
  • 副菜
  • 主食
  • 汁物

というようなメニューが理想的で、

  • 野菜
  • 良質のたんぱく質
  • 適度な量の炭水化物

をとるようにしましょう。

上記に最適な和食ダイエットについて、こちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

特に、朝食でとれていないビタミン・ミネラルはしっかりと補給してください。
注意点としては「朝食でカロリーをとってないから」と、なんでも好き放題食べないようにすることです。
また、食事の間の時間が空いているため、昼食を食べ始める時には、胃がびっくりしないよう、まずは汁物を口にするようにしてください。
汁物がなければ、温かいお茶などでも構いません。
まず水分を取り、胃を温めることで、固形物を食べる準備を整えることができます。

夕食

夕食は、野菜と良質なタンパク質を中心に食べるようにします。

  • 野菜
  • 魚介類の鍋
  • 豚と野菜のせいろ蒸し
  • 温野菜のサラダ
  • 刺身

といったメニューが良いでしょう。

注意点は、昼食と同じく、カロリーを摂りすぎないことです。
特に、夕食をとった後は寝るだけなので、カロリーは極力抑えるようにします。
このほか、晩酌をする習慣のある人は控えるようにしてください。
お酒に含まれるアルコールは体にとって毒素であるため、その代謝をする肝臓に大きな負担となり、朝に断食して内臓を休ませた効果が薄れてしまいます。

朝断食ダイエットの注意点

f:id:rerereflow:20160427032750j:plain

朝断食ダイエットを安全に行い、成果を出すために、以下のことを守るようにしましょう。

午前中の活動量が多いときには行わない

朝断食ダイエットをする際は、その日の午前中の予定を確認してから行うようにしましょう。
スポーツをしたり、体を動かす予定がない場合は断食をしても問題ありません。
この逆で、スポーツや運動で体を激しく動かす予定や、外回りの営業に行く予定など、仕事でたくさん動く場合は、体への負担が大きくなるので行わないようにしてください。
特に、筋力トレーニングなどをする予定のある人が朝断食をすると、逆効果になる場合があるので注意が必要です。

体調不良を感じたらすぐにやめる

朝断食をして、

  • めまい
  • 倦怠感

など、何か体調不良を感じた場合はすぐに中断するようにしましょう。

そのような場合は

  • 卵粥
  • 雑炊

など消化吸収の良いものを少しずつ食べて体を回復させるようにしてください。

また、もともと風気味や疲れがたまっている時など、体調が万全でない時も注意が必要です。

夕食が遅くなった場合は昼食の時間を調整する

朝断食ダイエットは空腹の時間を18時間設けることがポイントになります。
そのため、もし前日の夕食が遅くなった場合はそこから時間を計算して昼食をとるようにしてください。
ただ朝食で断食をするだけでは本来の効果は得られませんので、注意が必要です。

まとめ

朝断食ダイエットは、人が食べ物を消化吸収、排泄するのに必要な時間が18時間ほどであることに基づいており、18時間胃腸を休めることによるダイエット効果を狙ったものです。
具体的な方法は、朝食で固形物をとらず、

  • お茶
  • 野菜ジュース

などの水分のみをとり、夕食から18時間空けて食事をとります。

朝断食ダイエットはダイエット効果だけでなく、

  • 便秘解消
  • 美肌

などの美容・健康効果も期待でき、さらには辛さも少ないため、人気となっています。

朝は忙しいという人やもともと朝は食欲がないという人はもちろん、辛いダイエットは苦手という方にも手軽に取り組める方法と言えるでしょう。