読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

アボカドオイルダイエットの効果・効能を徹底解説!

飲み物ダイエット

f:id:rerereflow:20160224121123j:plain

「森のバター」と呼ばれることもあるアボカドは、美味しい上に栄養価も高くて女性に人気の食品です。

でもバターって言われると、なんだか太ってしまうようなイメージがありますよね。
しかも今回、ご紹介するのはアボカドオイルを使ったダイエットです。

オイル+森のバターの組み合わせなんて、本当に痩せられるのでしょうか?
今回は、意外なダイエットパワーを持つ、アボカドオイルダイエットをご紹介していきます。

アボカドオイルダイエットとは

アボカドオイルダイエットは、アボカドから精油されたオイルを使って痩せられるというダイエットです。
まずは、アボカドオイルの原材料になっているアボカドについて、知っていきましょう。

アボカドってどんな食べ物?

アボカドはメキシコと中央アメリカを原産とする果実です。

日本ではサラダや巻き寿司といった調理法で、醤油をつけて食べられることが多いため、フルーツという印象は薄れていますが、30メートルほどの高さになる木に実が成る、れっきとした果物です。
ボコボコと隆起した皮が特徴的な独特の見た目から、ワニ梨という和名を持っているアボカドですが、実は収穫直後のアボカドの皮はツルツルで色も黒ではなくエメラルド色です。

収穫して、しばらく経ってからが食べごろで、日本のお店で売られているアボカドは、食べごろになると変色するシールが貼られていることがあります。
森のバターと呼ばれるのは、豊富な脂肪分を含んでいることが理由ですが、実はこの脂肪分は不飽和脂肪酸といって、コレステロールを増加させない脂肪分なのです。
しかも、ビタミンEを始めとして、11種類ものビタミンを含んでいます。

ビタミン以外の栄養素も、14種類もの数を含んでおり、非常に栄養素が豊富な果物となっています。
ダイエットをしながらも、栄養不足に陥らず、健康的に痩せられるということですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

アボカドオイルの作り方

アボカドオイルは、アボカドから作られたオイルです。
脂肪分が多いアボカドなら、たしかにオイルを抽出できそうですが、実際にどんな製法でアボカドオイルは作られているのでしょうか?
まず、アボカドオイルを精製する際には、アボカドを皮ごとしっかりと洗浄します。

その後、皮を剥いて、実だけをオイルに使用します。

オイルを抽出する前にも1工程あって、取り出した実は一度、乾燥させてから粉末状にします。

粉末になったアボカドの実を冷凍してからオイルを抽出する方法もあります。

冷凍する方法はコールドプレス製法と呼ばれていて、オイルの酸化を防ぐ効果・効能があるのです。
こうして作られたアボカドオイルは、食べるだけでなく、肌に塗っても美容効果を発揮する食品となっています。

アボカドオイルの栄養素

f:id:rerereflow:20160224121155j:plain

アボカドオイルに含まれる栄養素はとても豊富です。

ここでは、そんなアボカドオイルに含まれる栄養素の中でも、代表的な栄養素を解説していきます。

ビタミンE

ビタミンEは、高い抗酸化作用を持つ栄養素です。

体の中の脂質が酸化するを防ぐ働きも持っていて、悪玉コレステロールが血管の中で酸化するのを予防する働き(動脈硬化の予防)や、細胞膜の酸化を防ぐ働きを持っています。
また、酸化は老化の原因ともいわれています。皮膚が酸化して、シミやシワができるだけでなく、内臓も酸化してしまいます。

内臓が酸化すると生活習慣病が発症する危険が高まりますから、ビタミンEを摂取して、アンチエイジングに努めることが健康にも繋がるということですね。

ビタミンB

ビタミンBは代謝に関わる栄養素です。特に

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6

は、脂質やタンパク質、糖質といった脂肪の元になる栄養素を分解して、エネルギーに変える働きを持っています。

ビタミンA

ビタミンAは、粘膜を保護する働きを持っています。目の健康に良いと言われている栄養素です。
加えて、免疫機能を強くする効果もあります。

花粉症やアレルギーを改善する効果も期待できる栄養素です。

カリウム

カリウムは血圧を下げる働きを持つ栄養素です。

高血圧や脳卒中を予防する効果があります。利尿作用も持っているので、むくみ対策にも有効です。

たんぱく質

たんぱく質は、人間の体に必要な三大栄養素のうちのひとつです。

他の2つが脂質と糖質なので、たんぱく質も太る原因のように考えられていますが、実はダイエット中にたんぱく質が足りないと、筋肉量を増やすことができず、痩せにくい体になってしまいます。
ダイエット中には、肉や脂を制限しながらも、たんぱく質は摂取できる食生活が望ましいですね。

ダイエットとタンパク質の関係はこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

アボカドオイルダイエットの効果・効能

f:id:rerereflow:20151216143114j:plain

アボガドオイルには、ダイエット以外にも、さまざまな効果・効能があります。
特に注目したいのが美容効果です。

ここでは、アボガドオイルのダイエット効果と美容効果を説明していきます。

コレステロールや中性脂肪を減らす効果

アボカドは、森のバターと呼ばれることからもわかるように、脂肪分が多い食べ物です。
しかし、アボカドに含まれている脂肪分は、不飽和脂肪酸という太らない脂肪分なのです。
食品に含まれる脂肪分は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれています。
肉や乳製品に含まれる脂肪分は飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は体内で固まりやすく、血液の流れを悪くするため、悪玉コレステロールや中性脂肪を作りやすいという悪い特徴を持っています。
それに対して、不飽和脂肪酸は固まりにくく、体内でも液体のままで存在します。
加えて、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きも持っているので、太らないどころか痩せやすくなる脂肪分なのです。

アボカドを原材料にしているアボカドオイルも不飽和脂肪酸で構成されている食品です。

不飽和脂肪酸のおかげで、オイルなのに痩せるという不思議な現象が起こります。

代謝を高めて痩せやすい体へ体質改善

アボカドオイルに含まれる不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、血液をサラサラにする働きを持っています。

血液がサラサラになると、血行がよくなるので、代謝が高まります。

この代謝こそが、ダイエットのキーポイントとなるのです。
代謝とは、簡単にいうと食事をエネルギーに替える能力のことです。

人間なら誰しもが持っている能力ですが、血液の流れが悪くなると、栄養の循環も悪くなるため、体の隅々まで、じゅうぶんな量のエネルギーを行き渡らせることができなくなってしまいます。

結果、エネルギーが消費されにくい体質になってしまい、燃焼されなかった脂質や糖質が、脂肪として体に溜め込まれることになります。

ダイエットを成功させるためには、まず代謝をアップさせて、痩せやすい体を作っていく必要があるのです。
アボカドオイルには、不飽和脂肪酸以外にも、代謝の働きをよくするビタミンBを豊富に含んでいます。

アボカドオイルを飲むことで、脂肪の燃焼率をアップさせて、効率のよいダイエットが行なえるというわけです。

デトックス効果

アボカドオイルには、カリウムが含まれています。

カリウムは、体内に増えすぎたナトリウム(塩分)を排出する効果を持っていて、同時に体の中に溜まっていた余分な水分や老廃物も排出してくれます。
足のむくみや顔のむくみは、塩分の取りすぎが原因になっていることもありますから、カリウムを摂取して、余計な塩分をデトックスすれば、解消される可能性が高いです。

ちなみに、むくみの原因は水分が排出されないことであって、水分の取りすぎではありません。

水分摂取量を抑えると、より一層、体内に老廃物が溜まりやすくなり、むくみが悪化してしまいます。
水分はじゅうぶんに取って、利尿作用があるカリウムを摂取するよう、心がけましょう。

塩分の取りすぎにも注意してください。

水分とダイエットの関係、水ダイエットの効果についてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

便秘解消

アボカドオイルには、オレイン酸という栄養素が含まれています。

これは不飽和脂肪酸の一種なのですが、コレステロールを減らす働きだけでなく、腸の働きを活性化させたり、腸の粘膜を覆って潤滑油のような効果を発揮し、便を動かしやすくします。
便秘はスタイル維持の大敵です。

便秘になって、腸内環境が悪化すると内臓全体の調子が悪くなります。それに、腸内に便が溜まっていると、それだけでポッコリ下腹の原因にもなります。

便秘が解消されるだけで、ウエストラインが4~5センチほど細くなる人もいるほどです。

冷え性改善

アボカドオイルには、血行をよくして代謝をアップさせる効果があります。

血行不良は冷え性の大きな原因です。

血液の流れが滞ると、エネルギーを生み出すために必要となる栄養素が、体の隅々に行き渡らなくなります。

エネルギーが生み出されないということは、カロリーも消費されないということです。

冷え性を改善して、熱を生み出しやすい体質にすることが、ダイエットでは重要になります。

肌の潤いを保つ効果

アボカドオイルは高い保湿力を持っている食品です。

浸透力があり、肌の保水力をアップさせて、皮膚を柔らかくする効果もあるので、肌に直接、アボカドオイルを塗れば、美しい肌を手に入れられます。

顔だけでなく体にアボカドオイルを塗るのも有効です。

乾燥しやすい肘やかかとに塗れば、固くなった皮膚を柔らかくすることもできます。

100パーセント天然のアボカドオイルなら、敏感肌の人も安心して使えるでしょう。

アンチエイジングケア

アボカドオイルはビタミンEを豊富に含む食品です。

ビタミンEは強い抗酸化作用を持っていて、体の老化を食い止めてくれます。

肌だけでなく、内臓や筋肉のアンチエイジングにも、ビタミンEは効果的です。

人間の体を構成する細胞は、金属が錆びるのと同じように、毎日、酸素に触れて、酸化し続けています。

肌や内臓や筋肉だけでなく、摂取した栄養素や脂肪も酸化してしまうのです。
生活習慣病やがん、心筋梗塞といった病気も、酸化が原因といわれています。

酸化を食い止めることができれば、老化を止められるという説もあるほどです。

髪や頭皮を守る効果

アボカドオイルの高い保湿力は、髪や頭皮にも有効です。

クレンジングオイルと同じように、アボカドオイルで、頭皮の毛穴に詰まった汚れを落としやすくする効果もあります。
また、アボカドオイルは熱に強い性質を持っているので、ドライヤーの熱ダメージから髪を守ってくれます。

髪のパサつきに悩んでいる人は、アボカドオイルを直接、髪につけて頭皮マッサージを行なってみましょう。

アボカドオイルダイエットの方法

アボカドオイルで、ダイエットを行なう具体的な方法をご紹介していきます。

アボカドオイルの一日の摂取量

アボカドオイルの一日の摂取目安量は、大さじ1杯~2杯程度です。
スプーンで直接、アボカドオイルを食べるのが手軽ですが、美味しく食べたいのであれば、料理に使うと良いでしょう。

サラダ油の代わりにアボカドオイルを使えば、悪玉コレステロールや中性脂肪を抑えることができます。

アボカドオイルのレシピ

アボカドオイルは、クセが少なく、食べやすいオイルです。

炒め物などの料理油として使用することもできますし、お菓子に使っても、おいしくいただくことができます。
ドレッシングの代用品として、サラダにかけたり、ヨーグルトの隠し味として使うのも良いでしょう。

ダイエットを目的とするのであれば、ヨーグルトは砂糖不使用のものを選んでください。

 ヨーグルトのダイエットの効果と方法についてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

アボカドオイルの選び方

アボカドオイルは、精製済みのアボカドオイルと、未精製のアボカドオイルに分けられています。

一般的に、精製されているオイルのほうがクセがなく、高品質といわれていますが、未精製のほうが栄養が豊富に含まれているため、ダイエット効果が高いという説もあります。
精製されているものかどうかは、色で判別すると良いでしょう。

精製済みのアボカドオイルは、オイルの色が薄黄色です。

アボカド特有の匂いもありません。
未精製のアボカドオイルは、緑色をしています。匂いもきつめで、味にも少々クセがあります。

アボカドオイルで美肌や頭皮ケアもできる

アボカドオイルは直接、肌や頭皮につけることで、保湿ケアに活用することもできます。
食用のアボカドオイルを、顔や頭皮に使うこともできますが、敏感肌の人やアレルギー体質の人は、パッチテストを行なってから使用したほうが良いでしょう。

アボカドオイルダイエットの注意点

アボカドオイルを食べ過ぎても、命に関わるような危険性はありませんが、ダイエットや美容のために活用するのであれば、注意が必要です。
ここではアボカドオイルダイエットの注意点を説明していきます。

アボカドアレルギーに注意

稀に、アボカドオイルでアレルギー反応を起こす人がいます。
特に美容目的で肌にアボカドオイルを塗るときは、事前にパッチテストを行なっておいたほうがよいでしょう。

パッチテストのやり方は、二の腕の裏側に少量のアボカドオイルを塗って、24時間様子を見るだけです。

赤くなったり、かゆみを感じた時は、アレルギーの可能性が高いです。

皮膚にはアボカドオイルを使わないほうがよいでしょう。
なお、未精製のアボカドオイルは、乾燥させたアボカドの実が完全に取り除かれていないため、肌を傷つけてしまうこともあります。

敏感肌の人は、精製済みのアボカドオイルを使ったほうが無難です。

賞味期限の目安は?

アボカドオイルの賞味期限の目安は、開封後から3ヶ月間です。
もしも、記載されている賞味期限が3ヶ月以上だとしても、一度、開封した食品は酸素に触れて、酸化していきます。

日にちが経てば経つほど、風味や味も落ちていくので、開封後は3ヶ月以内に使い切っておいたほうが得策です。

必ず常温保存すること

アボカドオイルは常温保存が基本です。冷蔵庫で保存するとオイルが固まってしまいます。
10℃以下の温度になると、固まってしまうので、地域によっては常温保存でもアボカドオイルが固まってしまうことがあるかもしれません。

そんな時は、温かい部屋の中に置いておけば、自然と溶けていきます。

味や品質にも変化はありません。

アボカドオイルダイエットの口コミ

アボカドオイルダイエットに成功した人と、失敗した人の口コミをまとめてみました。

アボカドオイルダイエットに成功した人の口コミ

アボカドオイルダイエットに成功した人の口コミを見ていくと、3ヶ月で5kg前後のダイエットに成功した人が多いようです。1週間や1ヶ月といった短期間でダイエット成功したという人は、多くの場合、運動系ダイエットや食事制限ダイエットと併用していました。
他にも

  • 毎日、スプーン1杯だから手軽!
  • 手間がかからないから続けられた

という口コミが、たくさんあったのが印象的でした。

口コミを参考にすると、アボカドオイルダイエットは、3ヶ月間、続けられた人が成功しやすいダイエットのようです。

アボカドオイルダイエットに失敗した人の口コミ

アボカドオイルダイエットに失敗した人の口コミを見ると、「飲みすぎで太ってしまった」という人や「アボカドオイルの匂いが苦手」という意見が見られました。
また、便秘解消効果が高すぎて、お腹を下してしまったという口コミも、かなりあります。
一日の摂取目安量は守っておいたほうが良いでしょう。

まとめ

アボカドオイルダイエットは、一日に1杯のアボカドオイルの飲むだけで痩せられる、お手軽ダイエットです。

運動が苦手な人や、食事制限ダイエットを続けられない人も、アボカドダイエットなら続けられるのではないでしょうか?
なお、アボカドオイルは、美肌ケアにも使えるのが利点です。

「ダイエットに失敗しても、肌ケア用品として使えばいいや~」という気楽な気持ちで、アボカドオイルダイエットに、チャレンジしてみてくださいね。