読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痩せるダイエット方法

痩せるダイエットの効果と方法、やり方を徹底解説!

レモン水ダイエットの効果とやり方を徹底解説!

f:id:rerereflow:20160912202919j:plain

日本でも大人気の世界的トップモデル「ミランダ・カー」さんが、ダイエットに取り入れたという話が広まると、一気にその人気に火がついた「レモン水ダイエット」

彼女のようなプロポーションが手に入るなら、きっと取り入れたいと考える方も多いはずです。
そこで今回は、このレモン水ダイエットについてその驚くべきダイエット効果や、正しいやり方等について詳しく紹介していきたいと思います。

レモン水とダイエットとの関係は?

これから説明していくこのレモン水ダイエットとは、水にレモンを絞って入れて飲むだけといういたって単純なダイエット方法のことです。
あまりに簡単過ぎていまいちピンとこない方も多いはずなので、ここではまずレモン水に使うレモンとダイエットの関係と、レモン水ダイエットに成功したミランダ・カーさんのやった方法などについて、ここでは詳しく触れていきます

レモンとはどういう物なの?

原産地はインド北部の山深い地域だと言われているレモンは、イタリアやスペインなど地中海沿岸部が世界的産地になっていて日本では似た気象条件の瀬戸内海周辺で多く栽培されています。
唐揚げや豚カツなどの揚げ物にかけたり、ポン酢やドレッシングに加工されて使用されることが多いですが、最近ではその美容効果が認められて化粧水の材料になったり、石鹸にその果汁が練り込まれたりと、色々な面でその成分が役立てられています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

レモンの持っている栄養とは?

前の項のように色々な使われ方をされているレモンには、ダイエットに効果のある栄養もたくさん含まれています。
主なものを挙げると、

  • ポリフェノール
  • クエン酸
  • 食物繊維(ペクチン)
  • ビタミンC
  • リモネンとシトラール

等があって、どれも他の柑橘類と比較しても、トップクラスの量が含まれています。

レモン水にする意味とは?

レモンは確かに栄養価が高い食べ物ですが、なにしろその酸っぱさから、そのまま大量に食べるのは非常に難しいのが欠点です。
そこで適量の水に絞って飲むことで、その栄養素が持っているダイエット効果を、フルに取り入れることができるようになります。
また、水ダイエットというものがあるように、食前に水分を摂ることは、食事の満足感をあげるばかりか血糖値の上昇を抑える効果があるので、レモン水はまさにダイエットにうってつけだと言えます。

レモン水のカロリーはどれくらい?

コップ1杯200mlに半分のレモンを絞るのがスタンダードとされていますが、その場合ですと1杯辺りのカロリーは約3.5kcal
ほとんどというか、全くカロリーについては気にする必要はないようです。

ミランダ・カーさんはどうやってダイエットに成功したの?

このレモン水ダイエットに成功したミランダ・カーさんは、子供を産んだ後、つまり産後に増えた体重を妊娠前に戻すのにこのレモン水ダイエットを取り入れたそうです。
その方法は、温かいお湯にレモンを絞り入れて、食前に飲むという至ってシンプルなもの。
産後は赤ちゃんの世話でなにかと忙しく、ダイエットに運動などを取り入れる暇もあまりないので、普通体重を落とすのは大変なのですが、簡単なこの方法で見事元のスタイルを取り戻せたなんて、このレモン水ダイエットかなりのダイエット効果が期待できます。
事実ミランダ・カーのような海外セレブを中心に、このレモン水は「マスタークレンズ(洗浄効果のある最高の飲み物)」と呼ばれ、ダイエット用のドリンクとして人気が高いようです。

以上、レモン水をダイエットにとりいれるに辺り、出てきそうな疑問について色々と答えて参りました。

レモン水のダイエット効果とは

f:id:rerereflow:20160906101146j:plain

以上でダイエットとレモン水には大きな関わりがあることがわかりましたが、実際にはどのようなダイエット効果が得られるのでしょうか、ここからは具体的にそれについて説明していきます。

脂質の吸収を抑えてくれる

ぶどうを使った赤ワインやお茶のカテキン等が有名なポリフェノール。

抗酸化作用で老化を防ぐ「若返り」に役立つ栄養素として有名ですが、実は脂質の吸収を抑えてくれる効果もあって、肥満防止に役立つことが分かっています。
レモンにはこのポリフェノールの一種「エリオシトリン」が含まれていて、それは同じかんきつ類の中でもライムとレモンにしか含まれていない貴重な栄養素です。

更に脂質の代謝もサポート

前の項で述べたようにレモンのポリフェノールが脂質の吸収を抑えてくれるとはいえ、脂質を全く受け付けないわけではなく、適度にそれは体に吸収、エネルギー源として使われます。
吸収された脂質をうまく消費できないとそれは脂肪になって溜まっていき、結果肥満の原因になるのですが、それを防ぐためには代謝を上げて、脂肪をうまく燃やしてその消費量を増やしてあげる必要が。
そこで役立つのが、レモンの酸っぱさの元でもあるクエン酸です。
このクエン酸は主に肝臓に作用して脂質や脂肪を燃えやすくしてくれます。
更には、体の老廃物を外に出そうと、血液をサラサラにする効果もあるのですが、それによって血の巡りが良くなると、の隅々まで栄養をしっかり届けることができて、よりいっそう代謝がアップし太りにくい体に近づけてくれます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

血糖値をコントロールしてインスリンの出すぎを防ぐ

太ってしまう理由のひとつとしてよく取り上げられて、いかにそれをうまく調整するか?がダイエット成功の鍵を握るといわれているのは、血液中の糖の濃度つまり「血糖値」です。
人は食事をすると少なからずこの血糖値が上がりますが、この血糖値が上がると体はインスリンを出してこの糖をエネルギーに変えるために細胞へと糖を運ぶ役割をしています。
ですが、血糖値が急激に高くなると、必要とする分以上の糖をインスリンは「予備燃料」として脂肪に代えて蓄えるようになります。
インスリンに悪意はありません、体を健康に保つためもしもに供えて行う行動ですが、脂肪が溜まるイコール肥満になってしまう原因の1つとなってしまうわけです。
ですのでダイエットでは、この血糖値の急上昇を防ぐ必要が出てくるのですが、レモン水に含まれている食物繊維「ペクチン」はその水溶性の性質から、水に溶けてゲル状になり食事で摂った糖をコーティングします。
その結果、糖の腸での吸収が緩やかになって、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

「善玉菌」を元気にして便秘を改善してくれる

太っている方の腸の中には実は「悪玉菌」が増えていることが多いのですが、この最大の理由になっているのが便秘です。
便秘になると腸の中に悪玉菌の餌となるもの、つまり便が増えて悪玉菌は活発になります。
すると、それを倒すはずの善玉菌に打ち勝ってその数を増やし、より便秘を悪化させるという「負のスパイラル」に陥ってしまいます。
この状態が続くと腸の中に有害な物質ができるのですが、それを解毒するために本来は脂質や糖を代謝するはずの酵素が使われるのです。
結果、エネルギーの、代謝がうまくいかず、どんなにカロリー制限や運動をがんばってもダイエットがうまくいかないケースが出てきます。
この状態を防ぐには、腸のぜん動運動を促進する上、悪玉菌を退治してくれる善玉菌の力を借りたいところ、ここでもレモン水に含まれる前の項で紹介した、ペクチンがその威力を発揮します。
実は便秘で溜まった便が悪玉菌の餌なら、このペクチンは善玉菌の餌となり、その動きを強力にサポートしてくれるのです。
しかも当然このペクチンは「水溶性食物繊維」としてすでに溜まってしまっている便のスムーズな排出にも役立つので、まさしく一石二鳥です。

ブドウ糖が中性脂肪になる前にエネルギー消費する

レモンといえばビタミンCですよね。
美容と健康のために不可欠な栄養素といわれていますがこのビタミンC、しっかりダイエットにも効果を示してくれていて、これがまた強力なんです。
ダイエットの天敵として多くの方がダイエットでは敬遠する栄養素の代表選手、「炭水化物」
なぜこの炭水化物がここまで嫌われているのか、それはずばり、この炭水化物の摂り過ぎが肥満に直結しているからです。
炭水化物は食事として体に入ると胃や腸で分解され、「ブドウ糖」に変化しますが、このブドウ糖は肝臓や筋肉の中に「グリコーゲン」というエネルギー源として蓄えられます。
そこまでは人が生きていくために必要なのですが、炭水化物の摂り過ぎや運動不足でそれが余ってくると「あっという間」に中性脂肪へと変化してしまい、結果、減りにいくい厄介な脂肪「内臓脂肪」が付いて太ってしまうからです。
このブドウ糖が中性脂肪に変わるのに、「待った」をかけてくれるのがビタミンCなんです。
人のエネルギー源は何もブドウ糖だけでなく、脂質やタンパク質もそうですが、このビタミンCはその中でも脂肪に早いスピードで変わりやすい、このブドウ糖を積極的にエネルギー源として消費する作用があります。

さわやかな香りがストレスを減らしてくれる

ダイエットで食事を少なくしたり、なれない運動等をしているとだんだんとストレスを感じて、それがダイエットの中断や、かえって食事が増えてしまう「ストレス食い」を引き起こしてダイエットが失敗する原因となってしまうことも。
そこで、そういったストレスを和らげる効果を発揮してくれるのが、レモン特有のフレッシュな香り。
この香りの成分であるリモネンとシトラールには気持ちの高まりを静めてリラックスさせる効果があり、ダイエットで受けるストレスを軽くしてくれます。
更には、レモンを始め多くの柑橘系の香り成分には、運動によるカロリー消費効率をアップする効果まであることが分かっているので、ダイエットに運動を取り入れるときはそのダイエット効果を高めてくれることまで期待できます。

このように、レモン、そしてそれをうまく取り入れやすくしたレモン水に多くのダイエットに効果があることをお分かり頂けたと思います。

レモン水ダイエットのやり方・方法

f:id:rerereflow:20160912210452j:plain

前項までで、その効果のほどの素晴らしさは良くわかっていただけたはずです。
では、このレモン水ダイエットの正しいやり方とはどのようなものでしょうか。

食事前に1杯のレモン水を飲む

レモン水を飲むタイミングは毎日の食事の前が一番いいとされています。
食事前のほうがビタミンCの吸収率がよいとされている上、食後ではあとで述べる「注意点」で説明するリスクも出てくるので止めておきましょう。
また、レモン水が持っている食物繊維の効果で、思ったよりお腹に満足感が出るので、食事の量を少なくしてもそれほど苦にならないからです。
飲む量は1度に付きコップ1杯200mlで、それだと1日に600ml程度となりますが、食間に追加して飲んでも全く問題ないですし、同じく水溶性食物繊維の効果で空腹を紛らわす効果すら見込めます。

効果的なレモン水の作り方

水、もしくは白湯等にレモンを絞って飲むのがこのレモン水ダイエットですが、よりその効果を高めるために正しいレモン水の作り方を知っておきましょう。
まず、使う水ですが、水道水でも効果が無いわけではありませんが、水道水に消毒を目的に含まれる塩素酸カルシウムつまり「カルキ」と、レモンの大切な栄養素ビタミンCが引っ付いて変化しやすい性質を持っているので、できることならミネラルウォーターを使ったほうがより効果的です。
また、コップ1杯200mlあたりレモン半分を絞りいれるのが目安ですが、多い分には全く問題ありません。
また、毎回作るのは大変ですし、冷やしたほうが飲みやすいので作り置きもOKです。
レモンには抗菌効果もあるので結構持ちますが、それでも1週間分ぐらいにしたほうがいいでしょう。

運動前の栄養補給にも最適

食感に飲んでも効果的だと説明しましたが、運動をダイエットに取り入れているようなときは、レモン水にハチミツ等を加えて「ハチミツレモンウォーター」にして栄養補給ドリンクとして飲んでも効果的です。
脂肪を燃焼しやすくする効果のある栄養素を豊富に持つレモン水に、これまた吸収スピードの早い糖質を持っていて運動での疲労防止に役立ち、更に成長ホルモンを分泌させ筋肉の成長や代謝アップに繋がるハチミツをプラス。
これはまさに、ダイエットのためにあるような、脂肪燃焼効果満点の栄養ドリンクになってくれます。
そういえば、スポーツ系の部活等の経験がある方なら分かるかもしれませんが、試合前や休憩時間などに食べていた「ハチミツ漬けレモンスライス」には、そんな効果があったんですね。

時には味変えも

レモン水ダイエットは、基本的には上記で述べたとおり水や白湯で行いますが、大きなカロリー減を狙う「置き換え」ダイエットのようなものでなく、食事の前にレモン水を飲むだけの言えば「付け足し」によるダイエット法です。
そのため、ハードな運動を取り入れている以外では短期間で一気に痩せるのは難しく、長い間続けて徐々に痩せやすい体、太りにくい体にすることでダイエットを目指します。
そこで、単調な味のレモン水に飽きないようにするため、飲み方にアレンジを加えればよい気分転換になりますし、楽しくレモン水ダイエットを続けることができるので、時にはいいかもしれません。
当然ダイエットですから、たくさんの砂糖などを入れてしまうのはいけませんが、基本的には水以外の飲み物や食べ物と組み合わせても、そのダイエット効果がひどく少なくなることはなく、反対に相乗効果が見込めるときもありますので、いろいろ試してみてもいいでしょう。

置き換えダイエットについてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com


このようにレモン水は作るのも簡単で、言ってしまえばただ飲むだけのシンプルさから、レモン水をダイエットに取り入れるのは比較的楽だという事ができます。

レモン水を使った簡単おすすめドリンク

f:id:rerereflow:20160912210633j:plain

前の項目で、味変えも時には気分転換にいいとお伝えしましたので、ここでは誰でも簡単に作れて、しかもレモン水のダイエット効果を更に引き上げてくれる、おすすめドリンクを紹介したいと思います。

炭酸レモン水

文字通りレモン水を炭酸水で作ったものです。
炭酸水は炭酸ガスが満腹感を呼ぶことから、それ自体もダイエットドリンクとして評判が高い飲み物。
その炭酸水と合わさることで、清涼感がアップする上、更なるダイエット効果が見込めます。

 炭酸水のダイエット効果についてはこちらで詳しく解説しています。

yaserulincoln.hatenablog.com

チアシードミントレモン水

通常通り作ったレモン水に、水でふやかしたチアシード大さじ1、風味付けにミントの葉を数枚浮かべたこちら。
ダイエット効果満点の「スーパーフード」チアシードとレモン水の夢のコラボで、これでダイエット効果が出ないわけがありません。
ミントの香りもさわやかで、少しオリゴ糖を加えると一気にデザート感が出て、チアシードの食物繊維からくる腹持ちのよさがプラスされて、朝食や間食にもおすすめできます。

ラディッシュレモン水

これはちょっと斬新ですが、普通に作ったレモン水にラディッシュスライスを加えて数時間置くとほんのりとピンクに染まったレモン水が出来上がります。
ラディッシュは「はつか大根」という異名よろしく、大根同様優秀な消化酵素を持っているので、胃腸の調子を整えてお通じを良くする効果が見込めます。


以上、非常に簡単ながら、レモン水のダイエット効果アップすら狙えるドリンクを3つご紹介しました。
他にもたくさんの組み合わせがあると思うので、是非いろいろと試してみてください。

レモン水ダイエットの注意点

f:id:rerereflow:20160427032750j:plain

そのシンプルさから、誰でも簡単に始められるこのレモン水ダイエットですが、単純だからこそ注意していただきたいことが数点あります。

空腹時には飲みすぎに注意

レモン水はその栄養素の効果が強い分、胃に負担をかけて胃の粘膜を荒らしてしまうことがあります。
しかしこれは、あくまで空腹時にお腹が膨れるほどレモン水を飲んだ場合に限ったことで、いくら空腹時とはいえ1杯程度飲んでこういう状況になることは、まずないのでご安心ください。

レモン水を飲んだ直後の歯磨き

レモン水には歯のエナメル質を柔らかくする作用が出る場合があります。
ですので、レモン水を飲んだ直後に歯磨きをするのは、念のため避けたほうが良いでしょう。
「レモン水ダイエットのやり方」の始めに食後にレモン水を飲まないように述べた理由はこれで、ここでは食前に飲むのを一番に奨めていますので、それを守っていただければさほど問題にはならないはずです。

このようにいくつかの注意点はあるものの、その手軽さに代わりはないので、レモン水ダイエットは続けやすいダイエット方という評価に変わりはないようです。

レモン水ダイエットの口コミ

f:id:rerereflow:20151210164950j:plain

最後にレモン水ダイエットについての口コミをまとめてみました。

【成功例】

・20代女性 まだ始めたばかりだけどもっと痩せそうです

白湯にレモンをいれて飲むとやせると聞いて、始めました。
お肌の調子は・・・いいみたい。
お腹の調子も・・・いいみたい!
まだ、0.5kgぐらいしか痩せていませんが、この酸っぱさたまらなく好き!続けていけそうです。
白湯とレモン、これだけで痩せれるなら簡単でいいなと思いました。

・20代女性 いつもレモンを持ち歩いています(笑)

もともとは、便秘解消のためにレモン水を飲み始めました。
酵素、水素水、牛乳など、便秘に効くとされるものをいろいろ試してきましたが、いちばん効いたのがコレ!みるみるお通じが良くなって3ヶ月で4kgのダイエットに。
毎食前に1杯、そのほかにも寝起きにお風呂上がりに、気が向いたときにお水にレモンを入れて飲んでいます。
レモンをカットしたものをタッパーに入れてバッグにしのばせて、外食のときも飲み物に入れたりしているので周りからレモン女子って言われてますけど、痩せるんだから平気です!

・30代男性 トレーニング効果倍増で一気に2ヶ月で6kgの減量成功!

レモン水にダイエット効果があると聞き、脂肪燃焼効果も期待して毎食前とジムトレーニングの時に飲むようにしていました。
レモンの量ははかなり適当、運動前にはオリゴ糖を入れて。
運動で減量できたのを維持できれば・・・と始めたのですが、取り入れる前は少しづつしか減ってこなかった体重も、どんどん減り始めレモン水導入から2ヶ月で6kg弱落ちました。
元々増えたり減ったりが激しい体質なのですが、運動をやめた今でもそれを維持できています。

【失敗例】

・10代女性 酸っぱいから無理!

レモン水めっちゃすっぱい!飲むだけで痩せるって聞いたのに痩せないし。
なんでだろう?やりかたっていってもレモン絞るだけでしょ?間違えてないはずなんだけど・・・
全然痩せないし、酸っぱいし、もう飲まない。


口コミを総合すると、失敗した方は少しレモン少なめで、ハチミツ等を少量加えて慣らしてみれば結果は違っていたかもしれません。
また、やはり運動と組み合わせると効果は倍増して、リバウンドもしにくい体質にしてくれる効果も期待できそうです。

まとめ

レモンは無農薬で育てられている国産のものを使えば、今流行のメイソンジャー等に皮のままカットしたレモンを漬け込むことでも、同じような効果が得られて絞る手間もかかりません。
また、フレッシュさでは劣りますが、市販のレモン果汁100%のレモン汁商品でも代用することも可能です。
抗酸化作用があることが有名で美肌効果もある上、がん予防の作用まであるとされている、ビタミンCたっぷりのこのレモン水を使ったダイエットで、美と健康を同時に手に入れてみてはいかがでしょうか。